Create issue ticket

考えれる95県の原因 腹部痛

  • 気管支炎

    また、激しい咳が出る場合は腹部の筋肉を訴えることもある。 白血球増加 CRP試験陽性ただし、胸部X線に異常所見は見られない。 去痰剤による痰の除去 鎮咳剤による咳の沈静化抗生物質の使用は一般的には勧められず、これが効果がないことのエビデンスは、各種試験にて40年間積み重ねられてきた。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性気管支炎

    また、激しい咳が出る場合は腹部の筋肉を訴えることもある。 白血球増加 CRP試験陽性ただし、胸部X線に異常所見は見られない。 去痰剤による痰の除去 鎮咳剤による咳の沈静化抗生物質の使用は一般的には勧められず、これが効果がないことのエビデンスは、各種試験にて40年間積み重ねられてきた。[ja.wikipedia.org]

  • 筋挫傷
  • 伝染性単核球症

    肝脾腫が強い例では、腹部への衝撃により脾破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染性単核球症それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org]

  • 骨盤内炎症性疾患

    骨盤腹膜炎(こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性感染症 (STD)の一種でもある。 膣から上記微生物が侵入し、子宮、卵管を経由して腹腔内に到達、骨盤内にて腹膜に炎症を起こすためこの名がある。従って女性にしか発生しない。 性交との関連性が強く、通常初経前、閉経後、妊娠中には発症しない。 初体験年齢の低下に伴って若年層にも増加している。 下腹痛、発熱、帯下、不正性器出血、性交時痛等が見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 虫垂炎

    腹部,嘔吐(おうと)などで始まることが多く,痛みは次第に右下腹部に限局し,軽度の発熱を伴う。右下腹部の圧痛,筋性防衛(反射性の腹壁緊張),白血球数増加などにより診断する。炎症が進行し虫垂が破れて膿瘍(のうよう)を作り,さらに腹腔内に広がり 腹膜炎 を起こすと重症。[kotobank.jp] 抄録 症例は46歳,女性.食事中に義歯がはずれ誤飲した.翌日腹痛が出現したため,当院外来を受診した.その際右下腹部および,同部の圧と腹膜刺激症状を認めた.腹部単純X線写真で右下腹部に金属性の異物を認めた.腹部CT検査上,虫垂内腔に金属性の異物を認め,虫垂周囲の炎症所見を認めた.義歯が原因の急性虫垂炎との診断で緊急手術を施行した.術中所見上虫垂[doi.org] ランツ点(Lanz) キュンメル点(Kummel) モンロー点(Munro) 腹膜刺激徴候腹部を圧迫してから急に手を離すと痛みが強くなる症状を反跳 (Blumberg's sign)、腹部の筋が緊張して固くなっている状態を筋性防御と呼ぶ。これらは腹膜刺激徴候と呼ばれ、腹膜炎を示唆する。[ja.wikipedia.org]

  • イレウス

    症状と徴候 イレウスの症候としては,腹部膨隆,悪心,嘔吐,漠然とした不快感などがある。機械的閉塞でみられる古典的な仙パターンはめったに起こらない。重度で持続性の便秘または少量の水様便を認めることがある。聴診では腸雑音消失または蠕動微弱を認める。基礎疾患が炎症性でない限り,腹部はない。[msdmanuals.com] 出現.腹部造影CTを施行し,上行結腸,横行結腸,S状結腸の壁肥厚と周囲脂肪織の濃度上昇および小腸の拡張,腸液貯留を認め麻痺性イレウスと診断した.Tacによる薬剤性イレウスを考え投薬中止とした.休薬後,イレウスは速やかに改善した.[doi.org] 機械的閉塞でみられる古典的な仙パターンはめったに起こらない、腹部膨満感、腹痛、悪心、嘔吐、排便・排ガスの途絶が生じ、単純性イレウスでは間欠的な、複雑性では持続的な痛みを伴う。腸管内容が吸収されないため、脱水症を生じる。聴診では腸雑音消失または蠕動微弱。 基本的にX線やCTといった画像検査を第一に行う。[ja.wikipedia.org]

  • 緑膿菌

    緑膿菌(りょくのうきん、学名、Pseudomonas aeruginosa)は、細菌に分類される、グラム陰性で好気性の桿菌の1種であり、地球上の環境中に広く分布している代表的な常在菌の1つでもある。ヒトに対しても病原性を持つものの、仮に健常者に感染しても発病させることはほとんど無い。対して、免疫力の低下した者に感染すると、日和見感染症の1つとして数えられる緑膿菌感染症の原因となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 子宮筋腫

    症状としては、月経、過多月経、過長月経、腹部腫瘤触知、貧血などがあります。また、子宮筋腫が大きくなると周囲臓器を圧迫し、頻尿、排尿困難、便秘、腰痛などの症状もおこってきます。症状の強さは筋腫のある部位、大きさや個数などによって異なります。[jsgo.or.jp]

さらなる症状

類似した症状