Create issue ticket

考えれる348県の原因 腹部痙攣

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 便秘

    間欠的あるいは下痢と交替性に起こる場合は痙攣性便秘、進行性であれば大腸癌による器質性便秘が考慮されるべきである。腹痛、腹部膨満感などの腹部症状を強く訴える場合は痙攣性便秘あるいは腸狭窄に基づく器質性便秘が疑われる。頭痛、めまい、不眠、動悸などの自律神経症状を伴う場合は痙攣性便秘の可能性が強い ( 表 1) 。[kanazawa-med.ac.jp] 腸と神経のバランスがくずれて腸の蠕動運動が不安定になるタイプの便秘もあります.過敏性腸症候群の便秘型がこのタイプに相当し,痙攣性便秘とか通過時間正常型便秘と呼ばれ,腹痛や腹部膨満感を伴うことが特徴です. 便秘の時には自分でどうすればいいの?[coloproctology.gr.jp] 一般に,腸管の緊張と運動性の低下による弛緩性のものが多く,普通の 下剤 が有効であるが,神経過敏症の人や腹部に 炎症 性疾患をもつ人にみられる 痙攣性便秘 は,下剤で悪化することが多い。いわゆる習慣性便秘は,数年ないし数十年も続くが,体質や,食習慣,排便習慣などが原因。[kotobank.jp]

  • 食中毒

    掲載日:平成18年 7月 4日 更新日:平成31年4月26日 動画 「楽しい食生活のために-食中毒を防ごう-」 ご家庭でできる食中毒予防のポイントをまとめました。 食中毒から身を守るには ちゃんと手を洗っていますか? 食中毒予防には、手を洗うことが何よりも重要です。 調理の前、生ものにさわった後、食事の前、何をおいてもまず手を洗いましょう。 食中毒を防ぐために、正しく手を洗うことからまず始めましょう! これで解決!食中毒予防のポイント 食中毒は、家で調理された食事が原因で発生することもあります。でも、予防できない病気ではありません。[…][maff.go.jp]

  • 胆石症

    胆石症とは 胆石とは、胆嚢内にできる結石です。ヒトで最も多い胆石は、コレステロール結石ですが、犬や猫ではほとんどがビリルビンカルシウムなどの色素系の胆石であり、ヒトとは病態が異なります。 胆石があると、胆嚢炎や胆嚢破裂の危険性があるため、胆嚢摘出術が一般的に行われていますが、無症状の場合は様子をみて経過観察をすることが多いです。 胆石は、レントゲンではっきりと分かる場合と分からない場合があります。胆石が総胆管に詰まると 総胆管閉塞 を引き起こすため、肝障害や黄疸が認められます。[…][agr.miyazaki-u.ac.jp]

  • 乳糖不耐症

    牛乳を飲むとお腹がごろごろ カルシウムやビタミンDに富み、 アミノ酸バランス もよく、子供の成長にはもちろん、 大人にとっても骨粗しょう症やイライラ(カルシウム不足で悪化!)を防ぎ、自律神経のバランスを 整えるスーパー食品・牛乳。ですが、「牛乳を飲むとお腹がごろごろする」という方がいます。 別にお腹が冷えるからではなくて、温めたものや、アイスクリームもだめというお気の毒な方まで...。 他に、お腹が張る、ひきつるように痛む、気分が悪くなる、下痢ぎみになるなどの症状が出る方もいます。 乳児以外で出るこういう症状は、 乳糖不耐症 といって、別に牛乳にアレルギーがあるわけでありません。 小腸内で[…][web.archive.org]

  • 胃炎

    胃潰瘍、胃癌の発症の多くにヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)感染が関与していることが明らかになる一方で、ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者はいまだ少なくない。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌以外のヘリコバクター属、Helicobacter heilmannii(以下、ハイルマニイ)だ。今年の日本ヘリコバクター学会で発表された全国調査では、ピロリ菌陰性の胃疾患患者27人のおよそ半数がこの菌に感染していたことが示された。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 腸閉塞

    症状と徴候 小腸閉塞 では,発生直後から臍周囲または心窩部を中心とする腹部痙攣,嘔吐,重度で持続性の便秘(完全閉塞の場合)などの症状が出現する。部分閉塞患者は下痢を発生することがある。持続性の重度の疼痛は,絞扼が発生していることを示唆する。絞扼がない場合,腹部に圧痛はない。[msdmanuals.com] 麻痺性腸閉塞:腹部の手術後や腹膜炎などで腸の動きが止まる状態。 痙攣性腸閉塞:薬物や精神的な問題で腸が痙攣する状態。 検査 腹部X検査、CT撮影で拡張して腸管が観察されます。 治療 保存的治療 絶飲食、点滴 イレウス管という管を鼻から腸まで挿入して拡張した腸の内容物を吸引します。[osakacity-hp.or.jp] 痙攣性イレウスは腹部打撲といった外傷性であったり、鉛中毒といった重金属による中毒で起こるとされています。どちらかでいうと機械的イレウスの方が発症が多く、術後の癒着によるイレウスのことを術後癒着性イレウスが多いとされています。 症状としては、閉塞部より口側で食物や水分が停滞するので、腹部膨満感や悪心・嘔吐が起きます。[kango-oshigoto.jp]

  • 旅行者下痢

    中等度から重度の下痢患者(8時間で3回以上の軟便)には抗菌薬を投与する(特に嘔吐,腹部痙攣,発熱,または血便がみられる場合)。 成人では,シプロフロキサシン500mg,経口,1日2回,3日間またはレボフロキサシン500mg,経口,1日1回,3日間の投与が推奨される。[msdmanuals.com] その他の一般的な症状は、吐き気、嘔吐、下痢、腹部痙攣腹部膨満、発熱、繰り返す急な便意、倦怠感などがあります。ほとんどのケースでは症状はそれほど重くなることはなく、治療をしなくても1-2日で治まります。しかし、まれに命に危険があるような旅行者下痢もあります。[jsge.or.jp] 症状と徴候 汚染された食物または水の摂取から12 72時間後に,悪心,嘔吐,腸音亢進(腹鳴),腹部痙攣,および下痢が始まる。重症度は様々である。発熱および筋肉痛がみられる場合もある。大半の症例は軽症で自然治癒するが,脱水が起こる場合があり,特に温暖な気候では可能性が高くなる。 診断 通常は特異的な診断検査は不要である。[msdmanuals.com]

  • 大腸炎

    消化器学(しょうかきがく、英: gastroenterology)は、内科学の一分野。 元々の語源となっているように「胃腸学(Gastroenterology)」を元として、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等から、肝臓、胆嚢、膵臓などの「肝臓学(Hepatology)」を含む消化器(digestive)全般を取り扱う分野となっている。 外科学分野では消化器外科学が携わる。診療科としては消化器内科と消化器外科が共に消化器センターを設置している施設もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性疲労症候群

    May 12 ME/CFS & Lyme Japan 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは? 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは? こちらをクリック 2019年 ”ひとりじゃないよ!”-目に見えない!社会に見えない障害:ME/CFS,FM, MCS, Lyme5月世界啓発フェスの動画配信は、 こちらをクリック! 世界のME患者の健康の平等を訴える #MillionsMissing2019登録イベントです。 一緒にネット啓発運動をしよう![…][markhouse-projects.com]

さらなる症状