Create issue ticket

考えれる1,545県の原因 腹部動脈瘤大動脈

つまり: 腹部動脈瘤大,

  • 脳卒中

    3.くも膜下出血 脳動脈にできたこぶ(動脈)が破れて、脳の表面(くも膜下腔)に出血するものです。大部分は先天性の動脈ですが、高血圧によって大きくなるといわれています。 くも膜下出血が起こると、猛烈な頭痛と吐き気、おう吐を伴い、多くはそのまま意識を失ってしまいます。[ncvc.go.jp] くも膜下出血 (詳細は別項目参照) 脳動脈の破れにより症状が出現しますが、破れる血管は脳の表面を走る主幹脳動脈で、血管の一部が瘤状に膨れた脳動脈が破裂します。動脈が破裂すると、脳の表面を覆うくも膜という薄い膜の内側に出血します。くも膜下出血は脳卒中の中では死亡率が高く、重症な病態です。[ncvc.go.jp] 動脈が破れるクモ膜下出血も脳卒中に含まれる。 「卒中」の語源は「卒然として中(あた)る」から。「中風」と呼ばれたのは風が原因だと考えられたため。 脳卒中はしばしば重篤な後遺症を残す。[ja.wikipedia.org]

  • 動脈瘤

    胸部大動脈 胸部大動脈とは心臓から横隔膜までの大動脈の一部が拡張した状態をいいます。 腹部大動脈 腹部大動脈とは、動脈の壁が一部弱くなり、異常に拡張をきたした状態をいいます。動脈が大きくなれば破裂する危険性を伴い、破裂性の腹部大動脈瘤は突然死の原因の1つと考えられています。[keio-minicv.com] 腹部大動脈発症の危険因子 腹部大動脈発症の危険因子としては、高齢、男性、喫煙者、白人、腹部大動脈の家族歴、他部位の大きな動脈の存在、動脈硬化などが指摘されています。腹部大動脈は60歳以下の人ではほとんどみられませんが、加齢とともに罹患率が上昇するとされています。また喫煙は単独で腹部大動脈瘤発症の危険因子です。[med-takaoka.jp] この部位の動脈は、他の部位の動脈より手術侵襲が大きいため、患者さんの年齢、全身状態などで手術方法を決めています。 腹部大動脈とは、一般的に腎動脈より足側にできる動脈です。もちろん、たびたび腎動脈が巻き込まれた動脈もみとめ、傍腎動脈型の腹部大動脈と言われることも有ります。[pref.saitama.lg.jp]

  • 大動脈瘤および解離

    動脈硬化性大動脈瘤 心臓から体の各臓器に血液を運ぶ大動脈が高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病により動脈硬化をおこして血管が弱くなり、風船状にふくらむ病気です。 1)腹部大動脈 腹部大動脈にできる動脈腹部大動脈と言います。 通常成人で腹部動脈の直径は女性であれば16 程度 男性でも20 までの大きさですが。[yao-aorticcenter.com] 腹部大動脈の三次元CT。腎動脈より末梢の大動脈が紡錘状に膨れている。 動脈の手術に使用する人工血管。人工血管により瘤の部分を置換する。[ntt-east.co.jp] 外科手術の適応 一般的に胸部大動脈で最大短径60mm,腹部大動脈で50mm、腸骨動脈で30mm、或いは径拡大速度5mm/年以上が手術適応とされる。[teikyo-cvs.com]

  • 腹部大動脈血栓症

    動脈病変/拡張性疾患 動脈の拡張性疾患は動脈と言われるものでその病変部位を頭に付けた病名で呼ばれています。具体的には脳動脈、冠動脈大動脈(胸部・腹部)などがあります。血管外科では腹部大動脈以下の動脈を対象としています。脳動脈は脳神経外科の、冠動脈や胸部大動脈は 心臓外科 の対象疾患となります。[daiyukai.or.jp] 具体的には、胸部下行大動脈、胸腹部大動脈腹部大動脈、その他の動脈(内臓動脈、四肢動脈など)、閉塞性動脈硬化症(ASO)、バージャー病(TAO)、大動脈炎症候群、頚動脈狭窄、レイノー病、外傷性動脈閉塞、急性動脈閉塞、透析患者における内シャント不全、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、血管腫、動静脈奇形、リンパ浮腫などです。[all-1su.umin.jp] ④ 内臓・末梢動脈疾患 腹部内臓動脈、四肢の動脈等に対して外科的加療を行っています。腹部大動脈や下肢閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤などと比較し頻度は少ないですが、末梢動脈や、仮性動脈、腹腔内の動脈の外科的加療も各診療科と連携を取りながら治療成績の改善を目指して治療を行っております。[thoracs.med.saga-u.ac.jp]

  • 腹部動脈瘤大動脈

    動脈硬化性大動脈瘤 心臓から体の各臓器に血液を運ぶ大動脈が高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病により動脈硬化をおこして血管が弱くなり、風船状にふくらむ病気です。 1)腹部大動脈 腹部大動脈にできる動脈腹部大動脈と言います。 通常成人で腹部動脈の直径は女性であれば16 程度 男性でも20 までの大きさですが。[yao-aorticcenter.com] 胸部大動脈 胸部大動脈とは心臓から横隔膜までの大動脈の一部が拡張した状態をいいます。 腹部大動脈 腹部大動脈とは、動脈の壁が一部弱くなり、異常に拡張をきたした状態をいいます。動脈が大きくなれば破裂する危険性を伴い、破裂性の腹部大動脈瘤は突然死の原因の1つと考えられています。[keio-minicv.com] 腹部大動脈発症の危険因子 腹部大動脈発症の危険因子としては、高齢、男性、喫煙者、白人、腹部大動脈の家族歴、他部位の大きな動脈の存在、動脈硬化などが指摘されています。腹部大動脈は60歳以下の人ではほとんどみられませんが、加齢とともに罹患率が上昇するとされています。また喫煙は単独で腹部大動脈瘤発症の危険因子です。[med-takaoka.jp]

  • クモ膜下出血

    動脈の好発部位としては前交通動脈 (Acom) 、中大脳動脈の最初の分枝部、内頸動脈-後交通動脈 (IC-PC) とされている。前交通動脈では前頭葉下内側および透明中隔に、IC-PCでは側頭葉に、中大脳動脈では外包および側頭葉、前大脳動脈遠位部動脈では脳梁から帯状回に脳内血腫を形成する。[ja.wikipedia.org] なんといっても動脈は、大きいものほど破れやすいことは間違いありませんが、同時にその発生場所が大きな要素となります。動脈が発生した場所のおおもとの血管を母血管といいますが、これが太いものにできた動脈と細い母血管にできた動脈とでは、たとえそのサイズが同じでも、膨張率から考えて、その動脈の壁の厚さには違いがあるはずです。[nms.ac.jp] 開頭クリッピング術 動脈頸部クリッピング術は、開頭して直接動脈をクリップで挟んで止血する術式で、確実性(根治性)が高い方法です。頭蓋底部などのアプローチが困難な場合、また重症患者や高齢者には不向きな事もあります。[niigata-nogeka.or.jp]

  • 家族性腹部大動脈瘤

    腹部大動脈発症の危険因子 腹部大動脈発症の危険因子としては、高齢、男性、喫煙者、白人、腹部大動脈の家族歴、他部位の大きな動脈の存在、動脈硬化などが指摘されています。腹部大動脈は60歳以下の人ではほとんどみられませんが、加齢とともに罹患率が上昇するとされています。また喫煙は単独で腹部大動脈瘤発症の危険因子です。[med-takaoka.jp] この部位の動脈は、他の部位の動脈より手術侵襲が大きいため、患者さんの年齢、全身状態などで手術方法を決めています。 腹部大動脈とは、一般的に腎動脈より足側にできる動脈です。もちろん、たびたび腎動脈が巻き込まれた動脈もみとめ、傍腎動脈型の腹部大動脈と言われることも有ります。[pref.saitama.lg.jp] 一般的に腹部大動脈というのは、腎臓の動脈(腎動脈)より下でできた動脈のことをさし、胸部下行大動脈から腹部の消化器系組織へ行く動脈が分岐するところまでの腹部大動脈にできたは、一まとめに胸腹部大動脈と呼びます(これは、手術手技の違い、合併症の種類などから、腎動脈下の腹部大動脈とその上にできた大動脈瘤とは大きな違いがあるため、医学的に分[machida-city-hospital-tokyo.jp]

  • 破裂脳動脈瘤

    動脈とは 脳の動脈の分岐部にできた風船状の嚢状動脈と、脳の血管自体が膨らんでできた本幹動脈群があります。前者の動脈は破裂するとくも膜下出血を生じますが、破裂しない限りは基本的に無症状です。[showa-u.ac.jp] トップページ 脳疾患について  未破裂脳動脈 未破裂脳動脈 あなたの頭の中には動脈がありますと聞いたらだれでも不安になります。でもすべての動脈が破裂するわけではなく、むしろ一生破裂しないことの方が多いのです。[ishinou.jp] 国立循環器病研究センター 脳神経外科医長 佐藤 徹 もくじ 未破裂脳動脈とは 未破裂脳動脈が破れる確率はどれくらい? 未破裂脳動脈の治療は? 大型の動脈の場合はどうする? 未破裂脳動脈と診断されたら 終わりに 未破裂脳動脈とは 脳の動脈のある部分がコブ状に膨らんだものを脳動脈(りゅう)といいます。「瘤」はコブのことです。[ncvc.go.jp]

  • 脳動脈瘤

    腹部大動脈(AAA)は大動脈瘤の3/4を占め,人口の0.5 3.2%が罹患する。 頭蓋内の脳動脈の好発部位は、前交通動脈30%、ついで内頚動脈後交通動脈分岐部25%、中大脳動脈分岐部15%との報告がある。腹部大動脈の多くは腎動脈下の腹部大動脈に発生する(90%以上)。また胸部大動脈、膝窩動脈なども好発部位である。[jsth.org] また遺伝的要因も否定できず、脳動脈の家族歴がある場合は発症の確率が高まるという研究結果もある。 特殊な原因の脳動脈として、細菌性脳動脈や外傷性脳動脈がある。 細菌性脳動脈 感染 が原因の脳動脈である。通常は 連鎖球菌 やブドウ球菌が原因であることがほとんどである。稀に 真菌 が原因となることもあり、真菌性脳動脈と呼ばれる。[ja.wikipedia.org] 破裂の危険性が高い脳動脈、何らかの症状の原因となっている脳動脈、くも膜下出血に至っている脳動脈は治療の適応となります。 a) 脳動脈の治療 脳動脈に対する確立した投薬治療はないため、外科的な治療が必要となります。 その方法は開頭脳動脈クリッピング術と血管内脳動脈塞栓術が存在します。[mei-doutou.jp]

  • 心房中隔動脈瘤

    2 大血管 急性大動脈解離 1 胸腹部大動脈 1 腹部大動脈 9 末梢血管 左前脛骨動脈 1 閉塞性動脈硬化症 2 仮性瘤 2 急性動脈閉塞 1 下肢静脈瘤 7 その他 肝動脈再建 1 その他 1[takasaki.hosp.go.jp] 手術日:月、火、木の週3日 取扱疾患 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、左室瘤、心室中隔穿孔、左室破裂、虚血性僧帽弁閉鎖不全)、心臓弁膜症(リウマチ性心臓弁膜症、変性性心臓弁膜症、感染性心内膜炎)、先天性心疾患(心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、他)、大動脈(解離性大動脈、胸部大動脈(上行、弓部、下行)、胸腹部大動脈腹部大動脈) 、[nobeoka-kenbyo.jp] すなわち、手術治療対象疾患としては腹部以下の動脈、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈に対する手術を数多くおこなっております。特に低侵襲治療に力を入れており、腹部大動脈に対するステントグラフト治療、閉塞性動脈硬化症に対する経皮的血管形成術(PTA)や、下肢静脈に対する硬化療法などを積極的に行っております。[chp.toyonaka.osaka.jp]

さらなる症状

類似した症状