Create issue ticket

考えれる167県の原因 腹部の筋性防御

  • 骨盤内炎症性疾患

    身体所見 :体温38.7 ,心拍数80/分,呼吸数22/分,血圧116/74 mmHg,臥位・立位で起立性低血圧なし.全身状態:不安そうな顔つきである.頭目耳鼻喉:異常なし.心臓:I・II音正常,雑音なし.胸部:肺胞呼吸音.腹部:平坦・軟,左右下腹部に圧痛・防御あり,反跳痛はなし,腫瘤なし,腸蠕動音正常,腰背部圧痛なし,肝脾腫なし.四肢[igaku-shoin.co.jp] 腹部所見 下腹部が膨満し、圧痛、防御(デフェンス)が出現する。 ヒト絨毛性ゴナドトロピン値測定 正常妊娠では2日間ごとに測定値は倍以上増加し、妊娠5週には約5000 IU/Lに達するが、子宮外妊娠ではこの増加率が低い。[www2.nms.ac.jp]

  • 虫垂炎

    しかしながら,翌朝になって腹痛が再燃し,診察すると腹部のびまん圧痛・反跳痛・防御があり緊急手術を行った結果,虫垂炎の穿孔により汎発性腹膜炎を合併していました。虫垂部分の腸管壁が伸展されることによる内臓痛は,穿孔により消失してしまうことがあります。[igaku-shoin.co.jp] 年少児では、腹膜刺激症状のうち、ブルンベルグ徴候は、患児の主観がはいりあてにならないので、防御を優先する。手の平を腹部にあててじっくり観察すること。 直腸指診での圧痛 重要。従来、直腸指診は、腹膜炎、虫垂周囲膿瘍の指標とされてきたが、虫垂炎の限局性圧痛の指標としてきわめて重要である。直腸指診で右の片側性の圧痛があれば虫垂炎を考える。[nakano-kodomo.or.jp] ランツ点(Lanz) キュンメル点(Kummel) モンロー点(Munro) 腹膜刺激徴候腹部を圧迫してから急に手を離すと痛みが強くなる症状を反跳痛 (Blumberg's sign)、腹部が緊張して固くなっている状態を筋防御と呼ぶ。これらは腹膜刺激徴候と呼ばれ、腹膜炎を示唆する。[ja.wikipedia.org]

  • 急性胆嚢炎

    臨床症状 発熱、嘔気、嘔吐に加え、右上腹部(季肋部)痛、心窩部痛、右肩、背部放散痛、がみられる。典型的な症例では、右季肋部に防御を認め、腫大した胆嚢を触知する。また、軽度の黄疸を呈することがある。進行すると胆嚢穿孔、胆汁性腹膜炎をきたすことがある。多くは胆嚢周囲に留まるが、時に汎発性腹膜炎を来たし致命的になることがある。[web.archive.org]

  • 大葉性肺炎

    抄録 生来健康の36歳男性, 発熱・咳漱・喀痰と右下葉大葉性肺炎にて来院.気管支鏡検査にて肺クリプトコッカス症と診断, FLCZ投与にて一旦改善するも, 肝障害にて減量後再燃したため右下葉切除術施行し軽快した.大葉性肺炎を呈する原発性肺クリプトコッカス症の報告は稀であり, 当科で経験した原発性肺クリプトコッカス症14例の検討も含め報告した.[jstage.jst.go.jp]

  • 腸梗塞

    腹部は依然として軟らかく,圧痛はほとんどないか,全くない。軽度の頻脈を認めることがある。その後,壊死の発生に従って,著明な腹部圧痛,防御,筋硬直,および腸音消失とともに腹膜炎徴候( 急性腹痛 : 腹膜炎 )が出現する。便は潜血陽性を呈することがある(虚血の進行とともに可能性が高まる)。[msdmanuals.com]

  • 腸間膜動脈血栓症

    腹部は依然として軟らかく,圧痛はほとんどないか,全くない。軽度の頻脈を認めることがある。その後,壊死の発生に従って,著明な腹部圧痛,防御,筋硬直,および腸音消失とともに腹膜炎徴候( 急性腹痛 : 腹膜炎 )が出現する。便は潜血陽性を呈することがある(虚血の進行とともに可能性が高まる)。[msdmanuals.com] (3) 太郎は、23日夕刻、腹痛を訴えたが、腹部所見では防御はなく、腹部膨満は中等度であった。A医師は、この腹痛につき、人工呼吸器抜去後の痛みの訴えの程度としては、通常よりも強いという印象を持った。太郎は、午後8時ころ、鎮痛座薬インダシン50mgの投与を受けた。[izi-hourei.jp] GLO9-1 経上腸間膜動脈血栓溶解療法を併用した上腸間膜静脈血栓症の1例 玉井 宏明,森崎 浩一,前川 卓史,高橋 範子,森前 博文,井原 努,堀 昭彦,成田 裕司,小林 昌義,山本 清人,古森 公浩 名古屋大学大学院血管外科 症例は28歳の男性.4日前からの上腹部痛を主訴に受診した.触診上,圧痛は軽度であり,反跳痛や防御を認めなかった[js-phlebology.org]

  • 腹膜炎

    胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの穿孔でおこった場合は、突然の腹痛とともにすぐに汎発腹膜炎の症状が現われてきます。 [検査と診断] 腹部を触診すると、防御(きんせいぼうぎょ)やブルンベルグ徴候(ちょうこう)などの腹膜刺激症状(コラム「 腹膜刺激症状 」)がみられるので、腹膜炎という診断は容易につきます。[kotobank.jp] もっとも重要な急性化膿 (かのう) 腹膜炎では、持続する腹痛と発熱、腹膜刺激症状が強い。早期には腹部は陥凹し、防御も著しいが、経過とともに麻痺 (まひ) 性イレウスを伴い、腹部は膨満する。脱水に加えて、エンドトキシンの影響も加わり、二次性ショックとなれば致命的である。 治療は全身状態が良好な早期に緊急手術を行う。[kotobank.jp] 2 12月4日午前0時当直外科医診察開始、腹部に間歇的自発痛、強くない防御、鼓音、不特定部位に圧痛、虫垂炎及びこれによる腹膜炎を疑わせる徴候があった。[pmet.or.jp]

  • 子宮外妊娠破裂

    腹部所見 下腹部が膨満し、圧痛、防御(デフェンス)が出現する。 ヒト絨毛性ゴナドトロピン値測定 正常妊娠では2日間ごとに測定値は倍以上増加し、妊娠5週には約5000 IU/Lに達するが、子宮外妊娠ではこの増加率が低い。[www2.nms.ac.jp]

  • 腸間膜梗塞

    腹部は依然として軟らかく,圧痛はほとんどないか,全くない。軽度の頻脈を認めることがある。その後,壊死の発生に従って,著明な腹部圧痛,防御,筋硬直,および腸音消失とともに腹膜炎徴候( 急性腹痛 : 腹膜炎 )が出現する。便は潜血陽性を呈することがある(虚血の進行とともに可能性が高まる)。[msdmanuals.com] (3) 太郎は、23日夕刻、腹痛を訴えたが、腹部所見では防御はなく、腹部膨満は中等度であった。A医師は、この腹痛につき、人工呼吸器抜去後の痛みの訴えの程度としては、通常よりも強いという印象を持った。太郎は、午後8時ころ、鎮痛座薬インダシン50mgの投与を受けた。[izi-hourei.jp] しかし、防御はなかった。このように腹部所見は乏しかったが、アシドーシスが改善されなかったため、A医師は、やはり上腸間膜動脈血栓症が最も疑われると判断し、同僚医師と相談の上、開腹手術を行うこととし、午後3時ないし4時ころ電話でB教授に連絡をとった。[izi-hourei.jp]

  • 急性膵炎

    急性膵炎 (きゅうせいすいえん)とは、 膵臓 に急性に炎症が生じた 膵炎 のこと。 成因 [ 編集 ] 成人の急性膵炎の原因としては アルコール と 胆石 が2大成因とされている。この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。その他は、特発性、 内視鏡的逆行性胆道膵管造影 (ERCP)後、 高TG血症 、膵胆管合流異常症等が上げられる。また、 HIV 感染者では 抗ウイルス薬 による薬剤性のものが報告されている。小児の場合は 流行性耳下腺炎 、 マイコプラズマ といった感染症、 抗がん剤[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状