Create issue ticket

考えれる1,295県の原因 腹膜炎

  • 卵巣嚢胞

    それとは別に、のう腫が大きくなって破裂し、腹膜を起こすことがあります。こちらも緊急手術となります。 茎捻転の場合は「キリキリ痛むことがある」といった予兆があることもありますが、どちらにしても月経痛とは違う強い痛みなので「おかしい」と思ったら、早めに婦人科を受診しましょう。[hitachi-hoken.co.jp] 3か月以上持続している5 8cm以上の嚢胞、および腹膜を伴う出血性黄体嚢胞については、必要な場合には手術を行います。嚢胞性奇形腫は、可能な場合には、嚢胞切除術により切除する必要があります。10cmを超える線維腫、嚢胞腺腫、嚢胞性奇形腫、および卵巣と分離して外科的に切除することができない嚢胞には、卵巣摘出が必要になることがあります。[okayamasaiseikai.or.jp] また、チョコレートのう腫の場合は、ある程度大きくなると突然破裂して腹膜やショック状態になることもあります。この場合も緊急手術が必要です。のう腫を知らずに放置しておくというのは、こうした危険性を知らずに抱え込むということでもあるのです。 チョコレートのう腫は、閉経して女性ホルモンの分泌が止まれば自然に小さくなってきます。[shinsaibashilc.com]

  • 骨盤内炎症性疾患

    骨盤腹膜(こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性感染症 (STD)の一種でもある。[ja.wikipedia.org] 手術療法については、「 子宮付属器炎(卵管炎/卵巣) 」を参照してください。 出典 小学館 家庭医学館について 情報 世界大百科事典 第2版 の解説 こつばんふくまくえん【骨盤腹膜 pelveoperitonitis】 婦人に特有な限局性腹膜で,子宮外膜,卵管内膜,卵巣周囲,S状結腸周囲を含んだ骨盤腹膜の炎症を総称する。[kotobank.jp] 女性が下腹部に痛みを感じたら、「骨盤腹膜」にかかっている可能性がある。この病気について、東京都内の大規模病院に勤める産婦人科専門医は「下腹部痛や発熱などが主な症状で、症状が強い場合は入院の必要も出てきます」と説明する。[kenko100.jp]

  • 膣炎

    淋菌性膣 淋菌性膣は、治療をしないまま放置していると、卵管や骨盤腹膜を起こす可能性があり、血液で淋菌が体全体に運ばれた場合には、髄膜や関節などを起こす場合もあります。主に抗生物質などの飲み薬で治療しますが、骨盤腹膜になった場合は入院して点滴治療を行わなければなりません。[rakuten-life.co.jp] 治療せずに放置しておくと、クラミジアが体内深部に進行し、女性の場合は子宮頸管・子宮内膜・卵管となり、さらに進行すると骨盤腹膜、肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)や卵巣炎を引き起こし、子宮外妊娠(卵管妊娠)や不妊の原因となる事もあります。[ami-clinic.jp] しかし、 女性の外陰皮膚炎や外性器感染症 の場合は、気がついたときには感染症が内性器にまで及び、 膣、子宮内膜、子宮溜膿腫 から、感染性腹膜まで広がってしまっている症例も少なくありません。[santamaria-med.jp]

  • 性感染症

    女性同志では感染することはまれである 性行為をしていない人にはうつりにくい病気である 女性に多い膀胱炎とは全く違う病気である 淋病 淋菌感染症(淋病)は、淋菌の感染で起こる病気で、主に男性の尿道炎、女性の子宮頸管を起こします。 放置すると体の奥に向かって感染が広がり、男性では精巣上体、女性では卵管腹膜、肝周囲炎を起こします。[kamata-uro.jp] さらに、 進行すると子宮内膜や卵管腹膜 を引き起こすこともあります。現在においては、早期に発見して治療を行えば治る病気です。また、治療が遅れると、 不妊症の原因 になったり、手術が必要になる場合があります。この病気の潜伏期間は、ほぼ一週間です。[komatu.org] 主な感染症 クラミジア感染症 感染後水溶性のおりものや軽い生理痛のような痛みがある物もありますが、無症状の物も多く、骨盤内腹膜や不妊症の原因にもなります。早めの検査、治療が大切です。 淋病 クラミジア感染症と似ていますが、女性の症状が軽いため、気づかずにいると淋菌性膣炎・子宮内膜炎・卵管炎を発症し、激しい下腹部痛や発熱を引き起こします。[chofu-lc.jp]

  • 外陰炎

    しかし、 女性の外陰皮膚炎や外性器感染症 の場合は、気がついたときには感染症が内性器にまで及び、 膣、子宮内膜、子宮溜膿腫 から、感染性腹膜まで広がってしまっている症例も少なくありません。[santamaria-med.jp] やはり怖いのは子宮外妊娠や卵巣腫瘍、虫垂といった手術しなければいけない病気。それ以外にも流産、卵巣出血、骨盤腹膜といった病気があり、早く治療しないと重症になるものもあります。[kinohosp.com] 治療: レーザー・電気焼却 切除 薬物治療 淋病 症状: 黄緑の異臭のある帯下の増量 腹膜を起こすと、発熱・激しい下腹痛 潜伏期: 3 9日 原因: 淋菌 特徴: 最近増加傾向 咽頭炎の増加 耐性菌の増加 難治性。[kiuchi-cl.com]

  • 胆石症

    犬の胆石症とは、胆石(胆汁が結石化したもの)により胆汁の通り道である胆管が詰まってしまい、黄疸や胆嚢破裂、腹膜などを引き起こす病気です。[pshoken.co.jp] 閉塞が続くと胆嚢破裂による腹膜や肝炎、膵炎を起こし、最悪の場合死亡します。胆嚢と腸はつながっていますので、胆石症の犬は胆嚢の細菌感染を起こしやすいです。細菌感染や腹膜による発熱や総胆管の閉塞による黄疸など、重症化した場合の症状がある場合は、早めに専門家に相談しましょう。[axa-direct.co.jp] また胆のうが悪化すると胆のうが壊死(くさる)となり、腹膜となり、緊急手術が必要となる場合もあります。 黄疸 胆のう炎・胆管炎がおこったり、胆管に石がつまることによって、胆汁が十二指腸へ排泄されなくなると、肝臓にも影響がおよび、肝機能の障害をおこしたり黄疸(皮膚や眼球が黄色くなる)があらわれることがあります。[takano-hospital.jp]

  • 低ナトリウム血症

    腎外性体液喪失としては嘔吐、下痢、経管ドレナージなど消化管からの喪失や、熱傷、膵腹膜といったサードスペースへの喪失などがあげられる。発汗などで水分塩分を大量に失い、塩分を補給せず水分のみ大量に補給することでも陥りやすい。細胞外液不足のため腎臓への血流が極度に低下し、腎前性腎不全となる。[ja.wikipedia.org]

  • イレウス

    小腸における術後のガス蓄積は,しばしば合併症(例,閉塞, 腹膜 )の発生を示唆する。他の種類のイレウスにおけるX線所見は閉塞に類似しているため,臨床的特徴がどちらか一方を明らかに支持しない限り鑑別は困難なことがある。造影CTは両者の鑑別に有用であり,イレウスの原因疾患が示唆されることがある。[msdmanuals.com] 腹部手術後、腹膜、低カリウム血症や鉛中毒、薬剤の作用により、腸管の運動麻痺が生じ腸管の痙攣が原因となるもの。 機械的閉塞でみられる古典的な仙痛パターンはめったに起こらない、腹部膨満感、腹痛、悪心、嘔吐、排便・排ガスの途絶が生じ、単純性イレウスでは間欠的な、複雑性では持続的な痛みを伴う。腸管内容が吸収されないため、脱水症を生じる。[ja.wikipedia.org] 機能的腸閉塞 麻痺性腸閉塞 腸腹膜、薬剤、術後などの影響で、腸管の動きが悪くなるもの。 痙攣性腸閉塞 腸管が一部、痙攣性に収縮して、内容が流れなくなるもの。[tokushukai.or.jp]

  • 卵管炎

    また、感染が卵管を通って腹腔(ふくくう)に達し、 骨盤腹膜 (「 骨盤腹膜 」)をおこすと、骨盤腔の下方に浸出液や膿がたまって、ダグラス窩(か)(直腸子宮窩 子宮の後方、直腸前方のくぼみ)膿瘍(のうよう)(「 ダグラス窩膿瘍 」)をつくることもあります。[kotobank.jp] この感染が徐々に子宮の中まで広がり、卵管まで炎症が及んでしまうと「卵管」になります。卵管の先はおなかの中なので、さらに炎症が広がるとおなかの中全体に炎症が起きた「骨盤腹膜」という状態になります。大腸菌などの雑菌による炎症もないわけではありませんが、卵管炎の原因のほとんどは性感染症の原因菌によるものです。[allabout.co.jp] 卵管になると、卵巣にも炎症が及んで「卵巣」を起こすことが多く、さらにはお腹全体が炎症を起こす「骨盤腹膜」につながる恐れもあるので、注意が必要です(※2)。 卵管炎の症状は?病院へ行く目安は? 急性卵管炎を起こすと、痛みの程度は様々ですが、下腹部痛を感じることが多くあります。 症状が進行すると、発熱や吐き気、嘔吐を伴うこともあります。[192abc.com]

  • 子宮筋腫

    腟式子宮全摘術は、経産婦の方で、子宮の可動性が良く、開腹手術や腹膜の既往のない場合が適応になります。それ以外は腹式子宮全摘術を行いますが、症例によっては、腹腔鏡手術も可能です。 2) 子宮筋腫核出術:生殖年齢にある人が対象となります。これは筋腫の部分だけをくり抜く方法です。[jsgo.or.jp] この 子宮筋腫 が怖いのは、ねじれると壊死が起こり、そのままにしておくと腹膜になるなど合併症が起きて、症状が重篤になります。 子宮筋腫 の症状で一番怖いのは粘膜下筋腫です。 月経時にボコボコと溢れるようなとんでもない量の出血が起きると、出血性ショックになることもありますし、過多月経が続くと、高度な貧血を呈します。[mcube.jp] また、筋腫の炎症、感染、変性は放置すると腹膜を起こすことがあります。これらの場合には原因をとり除くために、手術を含む速やかな治療が必要となります。 予防の基礎知識 子宮筋腫の発生原因は不明であり、その予防法はまだ見つかっていないのが現状です。[saiseikai.or.jp]

さらなる症状

類似した症状