Create issue ticket

考えれる137県の原因 腸骨動脈閉塞

  • 動脈塞栓症

    I743 EEF5 16 末梢動脈塞栓症 I744 QNJP 17 外動脈閉塞症 I745 DB0A 18 総動脈閉塞症 I745 VP8A 19 動脈血栓症 I745 VFAU 20 動脈塞栓症 I745 UHSV 21 動脈閉塞症 I745 SCKR 22 内動脈閉塞症 I745 DAA0 23 肝動脈血栓症[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 当院では、通常は難しいとされる血管が完全に閉塞している部位や病変が長めの部位、細い血管の部位にも適応により治療を行っています。 総動脈の治療:右総動脈閉塞・左総動脈狭窄 ステント留置術 浅大腿動脈・膝窩動脈の治療:左浅大腿動脈・左膝窩動脈狭窄 風船治療[kchnet.or.jp] 閉塞部位より中枢側の拍動は、増強し、閉塞部位よりも末梢側に皮膚蒼白、温度低下の境界ラインを認める (例:外動脈閉塞では大腿部、大腿動脈閉塞では膝関節、膝窩動脈では下腿中央より末梢に境界ライン)。 超音波ドプラー血流計による血流音の聴取を行い、拍動音の顕著な減弱ないし、消失を確認する。[clinicalsup.jp]

  • 大腿動脈閉塞症

    【成績】手術死亡及び下肢切断例はない.総動脈閉塞の 1 例では,一旦体外に取り出し内膜摘除後,抗血栓性付与を行い移植したが早期に閉塞したため,以後は中止した.総動脈TEA後の遠隔期閉塞は 2 例(術後 5 年目)あるが,いずれも解剖学的バイパスで再建した.浅大腿動脈の 1 例に術後TEAとは別の部位の病変進行による閉塞が 1 例あった[jsvs.org] I743 EEF5 16 末梢動脈塞栓症 I744 QNJP 17 外動脈閉塞症 I745 DB0A 18 総動脈閉塞症 I745 VP8A 19 動脈血栓症 I745 VFAU 20 動脈塞栓症 I745 UHSV 21 動脈閉塞症 I745 SCKR 22 内動脈閉塞症 I745 DAA0 23 肝動脈血栓症[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 当院では約8割が血管内治療で、成績も良好です 動脈狭窄・閉塞の開存率 大腿動脈狭窄・閉塞の開存率 動脈&大腿動脈閉塞症例 ※画像をクリックすると拡大 左動脈完全閉塞の患者さんですが、従来は外科的バイパス術を施行していましたが、当院ではほとんど血管内治療を施行し、成功率は95%を超えます。[kumamoto-med.jrc.or.jp]

  • 腹部大動脈血栓症

    I743 EEF5 16 末梢動脈塞栓症 I744 QNJP 17 外動脈閉塞症 I745 DB0A 18 総動脈閉塞症 I745 VP8A 19 動脈血栓症 I745 VFAU 20 動脈塞栓症 I745 UHSV 21 動脈閉塞症 I745 SCKR 22 内動脈閉塞症 I745 DAA0 23 肝動脈血栓症[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 対象疾患 腹部大動脈瘤 胸部大動脈瘤(ステントグラフト治療) 下肢閉塞動脈硬化症 大動脈動脈閉塞症 急性動脈閉塞症 バージャー病 内臓動脈瘤 下肢静脈瘤 透析シャント不全 深部静脈血栓症 対象となる症状 大動脈瘤の症状: 症状がないことが多い。[kawagoe.saitama-med.ac.jp] より末梢の腹部大動脈の狭小化と右総動脈閉塞を認めた.心電図は洞調律で,心エコー上左房,左室内血栓はなかった.胸・腹部造影CT,胸・腹部MRIで胸部下行大動脈の末梢から大動脈分岐部までに壁在血栓と浮遊血栓を認めた.以上より胸腹部大動脈内血栓,右総腸骨動脈血栓塞栓症と診断した.胸部下行大動脈単純遮断下に大動脈を切開し,Forgatyカテーテル[jsvs.org]

  • 下肢の動脈硬化症

    (ちょうこつ)動脈狭窄及び左動脈閉塞を認めた 術後のCT画像(右動脈血管内治療及び大腿-大腿動脈バイパス術) ハイブリッド治療例2 手術前のCT画像。右外動脈の狭窄および大腿部以下で動脈閉塞していた。重症下肢虚血の症例 手術後のCT画像(動脈および大腿動脈に対する血管内治療 膝下動脈へのバイパス術)。[otaru-general-hospital.jp] 留置 血管内手術 大動脈狭窄 【写真】 高位大動脈閉塞(Leriche synd) 【写真】 動脈完全閉塞(右) 【写真】 動脈狭窄 【写真】 浅大腿動脈狭窄 【写真】 浅大腿動脈閉塞 【写真】 3枝閉塞 【写真】 脛骨腓骨動脈幹(peroneal trunk) 【写真】 後脛骨動脈(posterior tibial artery)[hospital.iuhw.ac.jp] 右総動脈閉塞 左浅大腿動脈閉塞[tokushukai.or.jp]

  • 動脈硬化症

    (ちょうこつ)動脈狭窄及び左動脈閉塞を認めた 術後のCT画像(右動脈血管内治療及び大腿-大腿動脈バイパス術) ハイブリッド治療例2 手術前のCT画像。右外動脈の狭窄および大腿部以下で動脈閉塞していた。重症下肢虚血の症例 手術後のCT画像(動脈および大腿動脈に対する血管内治療 膝下動脈へのバイパス術)。[otaru-general-hospital.jp] 留置 血管内手術 大動脈狭窄 【写真】 高位大動脈閉塞(Leriche synd) 【写真】 動脈完全閉塞(右) 【写真】 動脈狭窄 【写真】 浅大腿動脈狭窄 【写真】 浅大腿動脈閉塞 【写真】 3枝閉塞 【写真】 脛骨腓骨動脈幹(peroneal trunk) 【写真】 後脛骨動脈(posterior tibial artery)[hospital.iuhw.ac.jp] 右総動脈閉塞 左浅大腿動脈閉塞[tokushukai.or.jp]

  • 四肢動脈塞栓症

    当院では、通常は難しいとされる血管が完全に閉塞している部位や病変が長めの部位、細い血管の部位にも適応により治療を行っています。 総動脈の治療:右総動脈閉塞・左総動脈狭窄 ステント留置術 浅大腿動脈・膝窩動脈の治療:左浅大腿動脈・左膝窩動脈狭窄 風船治療[kchnet.or.jp] 右総動脈閉塞 術前(右総動脈閉塞) 術後(大腿動脈ー大腿動脈バイパス) 左浅大腿動脈閉塞 術前(左浅大腿動脈閉塞) 術後(大腿動脈ー膝窩動脈バイパス)[nagoya.tokushukai.or.jp] 閉塞部位より中枢側の拍動は、増強し、閉塞部位よりも末梢側に皮膚蒼白、温度低下の境界ラインを認める (例:外動脈閉塞では大腿部、大腿動脈閉塞では膝関節、膝窩動脈では下腿中央より末梢に境界ライン)。 超音波ドプラー血流計による血流音の聴取を行い、拍動音の顕著な減弱ないし、消失を確認する。[clinicalsup.jp]

  • 腎動脈血栓症

    当院では約8割が血管内治療で、成績も良好です 動脈狭窄・閉塞の開存率 大腿動脈狭窄・閉塞の開存率 動脈&大腿動脈閉塞症例 ※画像をクリックすると拡大 左動脈完全閉塞の患者さんですが、従来は外科的バイパス術を施行していましたが、当院ではほとんど血管内治療を施行し、成功率は95%を超えます。[kumamoto-med.jrc.or.jp] 右総動脈閉塞 術前(右総動脈閉塞) 術後(大腿動脈ー大腿動脈バイパス) 左浅大腿動脈閉塞 術前(左浅大腿動脈閉塞) 術後(大腿動脈ー膝窩動脈バイパス)[nagoya.tokushukai.or.jp] 留置 血管内手術 大動脈狭窄 【写真】 高位大動脈閉塞(Leriche synd) 【写真】 動脈完全閉塞(右) 【写真】 動脈狭窄 【写真】 浅大腿動脈狭窄 【写真】 浅大腿動脈閉塞 【写真】 3枝閉塞 【写真】 脛骨腓骨動脈幹(peroneal trunk) 【写真】 後脛骨動脈(posterior tibial artery)[hospital.iuhw.ac.jp]

  • 末梢血管疾患

    病変部位別の血管内治療 ・動脈領域における血管内治療 動脈領域では、たとえ閉塞病変であっても血行再建に成功しステント留置できれば良好な長期成績が見込まれます。[kyoto-u-cardio.jp] 2)下肢動脈 両側総動脈閉塞症例 足の動脈造影 右側には、矢印の部分に複数の高度狭窄を認めます。 左側は動脈が完全閉塞しています。 両側の足の付け根から、狭窄/閉塞部位に細いワイヤーを通過させます。 ステントという網構造の金属の筒を右側の狭窄部位と左の閉塞部位に留置しています。 治療後の動脈造影。[fmu.ac.jp] 図1:動脈閉塞に対する血管拡張術 治療前 治療後 図2:浅大腿動脈閉塞に対する血管拡張術 治療前 治療後 岡山大学病院におけるPAD診療 院内連携について 末梢動脈疾患は様々な病態の総称であり、治療も多岐に渡ることから、岡山大学病院では血管病診療チーム(Vascular Meeting Okayama: VasMO)を結成し、より質の高[okayama-u-cvm.jp]

  • レイノー病

    内頸動脈狭窄、頸動脈瘤、胸郭出口症候群、レイノー病(症候群)、高安病、四肢や体幹の動静脈奇形、小指球ハンマー症候群、クリッペルトレノウナイ症候群、胸腹部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、腎動脈瘤、腎血管性高血圧、種々の腸管虚血、高位大動脈閉塞、下大静脈腫瘍血栓症、動脈瘤、静脈圧迫症候群、動脈閉塞症、大腿動脈閉塞症、膝窩動脈瘤、膝窩動脈捕捉症候群[kekkangeka.com] 1859年 Jean Martin Charcot ( P 1825〜1893, サルペトリエールの病理解剖教授、パリ大学第初代神経学教授)が総動脈閉塞による動脈性間欠性跛行を発見した(Compt Rend Soc Biol)。[shiga-med.ac.jp]

  • ニューロパチー

    大腿神経麻痺は後腹膜の血腫、砕石位、股関節形成術や股関節脱臼、動脈閉塞、大腿動脈の処置、悪性腫瘍の血行性浸潤、鼠径部の穿通性の外傷、子宮摘出術や腎移植術といった骨盤の手術、糖尿病に続発して起こる。特発性の大腿神経麻痺もある。大腿神経麻痺では膝の進展や屈曲が困難となる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状