Create issue ticket

考えれる47県の原因 腸音減少

  • 骨盤内炎症性疾患

    クラミジア感染症スクリーニングの実施で、PID(骨盤内炎症性疾患)の発病率を減らすことができるのか。ロンドン大学セント・ジョージア校地域保健科学部門のPippa Oakeshott氏らが無作為化試験を行い、BMJ誌2010年4月24日号(オンライン版2010年4月8日号)で報告している。クラミジア感染症は欧米で最も多い性感染症で、毎年新規患者は300万人以上。しかし症状に乏しいため放置され、PID発病を招くケースが少なくない。その医療コストは米国で年間20億ドル以上と推計されているという。 迅速検査治療群と対照群とに無作為化し1年間のPID発病率を追跡[…][carenet.com]

  • 低ナトリウム血症

    抄録 サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa,[…][joi.jlc.jst.go.jp]

  • イレウス

    抄録 症例は56歳の男性.潰瘍性大腸炎(UC)に対して5-アミノサリチル酸製剤,プレドニゾロン,白血球除去療法,アザチオプリンにて治療するも寛解導入できず,当院を紹介され入院となった.Rachmilewits Clinical Activety Indexは9点であり,重症度は中等症であった.タクロリムス(Tac)を導入するも,数日後に心窩部痛が出現.腹部造影CTを施行し,上行結腸,横行結腸,S状結腸の壁肥厚と周囲脂肪織の濃度上昇および小腸の拡張,腸液貯留を認め麻痺性イレウスと診断した.Tacによる薬剤性イレウスを考え投薬中止とした.休薬後,イレウスは速やかに改善した.[…][doi.org]

  • 腎疝痛

    クラブ・ワールドカップ(CWC)2015の準決勝、バルセロナ(欧州代表)vs広州恒大(アジア代表)が横浜国際総合競技場で17日に行われ、3-0でバルセロナが快勝し、決勝進出を決めた。 この試合を腎疝痛(腎結石による腰・背中の痛み)により欠場したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、試合後に自身のフェイスブックページを更新。チームの決勝進出を喜ぶとともに、決勝での出場に意欲を見せている。 「チームは素晴らしい仕事をした。僕たちは決勝に進めるよ! 僕は試合を欠場するほどの痛みがあったけど、決勝ではチームを助けるために100%にしたいと思う」 コメント 関連ニュース[…][web.ultra-soccer.jp]

  • 虫垂炎

    蟯虫迷入を認めた小児急性虫垂炎の1例 ジャーナル フリー 1993 年 13 巻 6 号 p. 881-883[doi.org]

  • 肺炎球菌性肺炎

    概要 疾患のポイント: 肺炎球菌性肺炎とは、肺炎球菌が原因で起こる肺炎である。 市中肺炎の中で最多であり、死亡者が多いのも肺炎球菌肺炎である。 侵襲性肺炎球菌感染症(侵襲性感染症のうち肺炎球菌が髄液又は血液から検出された場合)は、感染症法の5類感染症に分類され、診断した医師は、7日以内に最寄りの保健所に届け出る必要がある。 市中肺炎と診断した場合には、第一に肺炎球菌性肺炎であるかどうか考える。 インフルエンザ罹患後に続発する肺炎としても、28 48%と最多である。 市中肺炎と診断後、良質な喀痰を塗抹鏡検し、グラム陽性双球菌を有意に認めたら確定診断できる。 喀痰グラム染色中の肺炎球菌: 図表[…][clinicalsup.jp]

  • 急性膵炎

    急性膵炎 (きゅうせいすいえん)とは、 膵臓 に急性に炎症が生じた 膵炎 のこと。 成因 [ 編集 ] 成人の急性膵炎の原因としては アルコール と 胆石 が2大成因とされている。この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。その他は、特発性、 内視鏡的逆行性胆道膵管造影 (ERCP)後、 高TG血症 、膵胆管合流異常症等が上げられる。また、 HIV 感染者では 抗ウイルス薬 による薬剤性のものが報告されている。小児の場合は 流行性耳下腺炎 、 マイコプラズマ といった感染症、 抗がん剤[…][ja.wikipedia.org]

  • 麻痺性イレウス

    収録刊行物 日本腹部救急医学会雑誌 Journal of abdominal emergency medicine 日本腹部救急医学会雑誌 Journal of abdominal emergency medicine 18(4), 599-602, 1998-06-30 3 Neuroleptic malignant syndrome LEVENSON JL Am J Psychiatry 142, 1137-1145, 1985 被引用文献20件 5 虫垂切除後にみられた悪性症候群の1例 淀縄武史 腹部救急診療の進歩 10, 191-193, 1990 被引用文献3件 6 胃癌術後経過中に悪性症候群を発症した1例 照屋剛[…][ci.nii.ac.jp]

  • 膵炎

    膵炎(すいえん、英: Pancreatitis)とは、何らかの要因により膵臓が炎症を起こした状態の総称。炎症の原因は、ウイルス感染症、胆石、アルコール摂取、薬の副作用、消化酵素などである。急な発症の急性膵炎と徐々に膵臓の機能不全に陥る慢性膵炎がある。 臨床の発症状態において以下に分類される。詳細は各項目の記述を参照。 急性膵炎(Acute pancreatitis) 慢性膵炎(Chronic pancreatitis) 要因として以下の疾患が原因となりうる。詳細は各項目の記述を参照。 アルコール性膵炎 自己免疫性膵炎(IgG4関連疾患) 遺伝性膵炎 膵胆管合流異常症 血液検査[…][ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    敗血症(はいけつしょう、英: sepsis)とは、感染症に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のことで、患者数は世界で年間約2700万人。そのうち、約800万人が死亡していると報告されている。 国際的な診断基準では、感染症が疑われSOFAスコアがベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている。細菌感染症の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、多臓器不全などから死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状