Create issue ticket

考えれる31県の原因 腸雑音の亢進

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 乳糖不耐症

    牛乳を飲むとお腹がごろごろ カルシウムやビタミンDに富み、 アミノ酸バランス もよく、子供の成長にはもちろん、 大人にとっても骨粗しょう症やイライラ(カルシウム不足で悪化!)を防ぎ、自律神経のバランスを 整えるスーパー食品・牛乳。ですが、「牛乳を飲むとお腹がごろごろする」という方がいます。 別にお腹が冷えるからではなくて、温めたものや、アイスクリームもだめというお気の毒な方まで...。 他に、お腹が張る、ひきつるように痛む、気分が悪くなる、下痢ぎみになるなどの症状が出る方もいます。 乳児以外で出るこういう症状は、 乳糖不耐症 といって、別に牛乳にアレルギーがあるわけでありません。 小腸内で[…][web.archive.org]

  • 大腸炎

    消化器学(しょうかきがく、英: gastroenterology)は、内科学の一分野。 元々の語源となっているように「胃腸学(Gastroenterology)」を元として、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等から、肝臓、胆嚢、膵臓などの「肝臓学(Hepatology)」を含む消化器(digestive)全般を取り扱う分野となっている。 外科学分野では消化器外科学が携わる。診療科としては消化器内科と消化器外科が共に消化器センターを設置している施設もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腸閉塞
  • 幼児の下痢
  • 幼児胃腸炎
  • 過敏性腸症候群

    薬の解説 薬の効果と作用機序 体内神経伝達物質セロトニンの作用を抑えることで過敏性腸症候群による下痢や腹痛などの症状を改善する薬 過敏性腸症候群は便秘、下痢、腹痛などが続き、ストレスなどによっても悪化する現代病の一つである 神経伝達物質であるセロトニンは5-HT3受容体というものに作用し、下痢や腹痛などを引き起こすことがある 本剤は体内で5-HT3受容体を阻害し、過剰なセロトニンの作用を抑える 詳しい薬理作用[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 再発性小腸閉塞
  • 小腸閉塞

さらなる症状