Create issue ticket

考えれる51県の原因 腸雑音の亢進

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 食品アレルギー

    第3222号 2017年5月8日 【FAQ】 患者や医療者のFAQ(Frequently Asked Questions;頻繁に尋ねられる質問)に,その領域のエキスパートが答えます。 今回のテーマ 小児食物アレルギーの発症予防――最近の知見から 【今回の回答者】 夏目 統 (浜松医科大学小児科 助教)[…][igaku-shoin.co.jp]

  • 乳糖不耐症

    乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう、Lactose intolerance)とは、乳糖(ラクトース)の消化酵素のラクターゼが消化できないことで、消化器に生じる諸症状。多くの場合、消化不良や下痢などの症状を呈する。ヒトを含むほとんどの哺乳動物は、離乳するとラクターゼの活性が低下する。 成体になっても活性が続いている場合には、ラクターゼ活性持続症などと呼ばれる。また牛乳アレルギーやガラクトース血症は、乳糖不耐症とは異なる。 乳糖不耐症は、小腸でラクターゼが十分に働かず、乳糖が分解されないことで症状を起こしている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腸閉塞

    診断 症状から比較的診断は容易ですが、診察所見として腹部の膨満や雑音の異常が認められます。機械的イレウスでは蠕動音が亢進し、金属音も認めます。一方、麻痺性イレウスでは腸蠕動音の低下が特徴です。絞扼性イレウスの場合は、腹部触診にて強い圧痛を認め、腹膜刺激症状を伴います。[nishimuranaika-cl.com]

  • 再発性小腸閉塞

    診断 症状から比較的診断は容易ですが、診察所見として腹部の膨満や雑音の異常が認められます。機械的イレウスでは蠕動音が亢進し、金属音も認めます。一方、麻痺性イレウスでは腸蠕動音の低下が特徴です。絞扼性イレウスの場合は、腹部触診にて強い圧痛を認め、腹膜刺激症状を伴います。[nishimuranaika-cl.com]

  • 大腸炎

    消化器学(しょうかきがく、英: gastroenterology)は、内科学の一分野。 元々の語源となっているように「胃腸学(Gastroenterology)」を元として、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等から、肝臓、胆嚢、膵臓などの「肝臓学(Hepatology)」を含む消化器(digestive)全般を取り扱う分野となっている。 外科学分野では消化器外科学が携わる。診療科としては消化器内科と消化器外科が共に消化器センターを設置している施設もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 便秘

    […] n 聴診:雑音亢進を認める場合は腸管癒着や大腸癌などの狭窄性病変による器質性便秘を疑う。 n 触診:左下腹部に棍棒状の結腸索を触知し、圧痛を認める場合は痙攣性便秘を考える。老人や経産婦で腹筋がたるんでいる場合には弛緩性便秘を疑う。[kanazawa-med.ac.jp]

  • 幼児の下痢

    2019年3月4日 19:00 子どもはさまざまな原因で下痢をします。なかには病気が原因で、早期に治療が必要な下痢もあります。いざというときに適切な対応ができるように、子どもの下痢の原因や受診の目安、ホームケアのポイントを小児科の先生に聞きました。 幼児の下痢の原因は? 胃腸炎などの病気や食物アレルギーなどさまざまな原因が考えられます うんちの状態(やわらかさや色など)、量や回数は個人差が大きいものです。下痢とは、その子の「ふだんのうんち」とくらべて、あきらかにやわらかく、量も回数も多い状態です。[…][woman.excite.co.jp]

  • 幼児胃腸炎

    更新日:2018年10月5日 学校・幼稚園・保育園は、毎日長時間にわたり集団生活をする場であり、濃厚な接触の機会も多く、飛沫感染(ひまつかんせん)等によりお子さんが感染症にかかりやすい環境となります。[…][city.meguro.tokyo.jp]

  • 過敏性腸症候群

    薬の解説 薬の効果と作用機序 体内神経伝達物質セロトニンの作用を抑えることで過敏性腸症候群による下痢や腹痛などの症状を改善する薬 過敏性腸症候群は便秘、下痢、腹痛などが続き、ストレスなどによっても悪化する現代病の一つである 神経伝達物質であるセロトニンは5-HT3受容体というものに作用し、下痢や腹痛などを引き起こすことがある 本剤は体内で5-HT3受容体を阻害し、過剰なセロトニンの作用を抑える 詳しい薬理作用[…][medical.nikkeibp.co.jp]

さらなる症状