Create issue ticket

考えれる391県の原因 腸狭窄

  • 小児クローン病

    クローン病の主な腸管合併症 狭窄 腸管の内腔が狭くなった状態です。再発・再燃を繰り返すと、その部分がひきつれて狭くなり、狭窄ができます。 粘膜の浮腫による狭窄と、線維化して硬くなった狭窄があります。 瘻孔 腸管同士や、腸管と膀胱などが孔や管でつながり、トンネル状になった状態です。[remicare.jp] 深い潰瘍ができるためが狭くなる(狭窄)、穴ができて同士がくっつく(癒着)、穴でつながる(ろうこう)、膿がたまる(膿瘍)など症状に特徴があります。治療は潰瘍性大腸炎と同様に内科による薬物療法ですが、狭窄、ろうこう、膿瘍などを起こした場合は外科手術を受けなければならないこともあります。[ishidaibd.com] これらの内科的治療法でも治療が困難な、狭窄や膿瘍(のうよう)の形成、瘻孔(ろうこう)という腸管同士やと他の臓器との交通ができる状態では手術療法が必要になることがあります。[medicalnote.jp]

  • 腹膜線維症

    胃管からの上部消化管造影検査でトライツ靭帯近傍の空狭窄を認めた。保存的治療を試みたが改善せず、第14病日の造影検査で同部位は完全狭窄となり再手術を施行した。再手術所見では、横行結腸間膜閉鎖部に空が強固に癒着しており、そのための狭窄と判断し癒着剥離術を施行した。[nagaoka-med.or.jp] しかし再手術後も経鼻胃管からの排液が減少せず、上部消化管造影検査を行うと、狭窄部より肛門側の空の蠕動は問題なく、十二指腸水平脚の閉塞と口側の拡張を認めた。更に、腹部CT検査で上間膜動脈による十二指腸水平脚の圧排を認め、上間膜動脈症候群と診断した。[nagaoka-med.or.jp] 高カロリー輸液と狭窄部を超えて肛門側に挿入した ED チューブからの経管栄養を行ったところ、通過障害は徐々に改善した。再手術後第24病日より経口摂取を開始し、第39病日に栄養チューブを抜去、第53病日に退院となった。[nagaoka-med.or.jp]

  • 腹膜癒着

    癒着が強く狭窄が強ければ、 腸閉塞 の症状を示します。手術前の患者さんの手術に対する期待や、病気に対する理解度が術後の症状の発生に関係するともいわれています。 検査と診断 腹膜癒着に特有な検査はありません。ただし、狭窄による腸閉塞症状を示した場合には、腹部単純X線検査が有用です。[qlife.jp] 内視鏡を用いて形状記憶合金でできた網状の筒を狭窄部に挿入して留置します。合併症としては、出血、穿孔、腫瘍の増大による再狭窄、逸脱などがあります。バイパス手術(胃空吻合術)と(食べられる期間や食べられる物の種類、処置・手術での危険性などに関して)どちらがよいのかは一定の結論はでていません。 腹膜転移によって大腸が狭窄することもあります。[kindai-geka.jp] 狭窄によるの閉塞症状が強い場合には手術を要することがあります。 病気に気づいたらどうする 腹膜癒着は、手術に伴うことがほとんどなので、手術を受けた病院での経過観察が必要です。時には心身医学的な治療が必要なことがあります。[qlife.jp]

  • クローン病

    著しい狭窄が狭くなること)や瘻孔(腸と腸やほかの臓器と交通ができてしまうこと)などが経過中に生じて、内科的治療で病気をコントロールできない場合には手術が必要となります。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp] 深い潰瘍ができるためが狭くなる(狭窄)、穴ができて同士がくっつく(癒着)、穴でつながる(ろうこう)、膿がたまる(膿瘍)など症状に特徴があります。治療は潰瘍性大腸炎と同様に内科による薬物療法ですが、狭窄、ろうこう、膿瘍などを起こした場合は外科手術を受けなければならないこともあります。[ishidaibd.com] 治療に抵抗する(難治性)、瘻孔や膿瘍がある方(図1) 複雑痔ろうやこれによる肛門狭窄のある方 経過中に悪性腫瘍や、悪性腫瘍に近い病変が指摘された方 (2) 手術の基本的方法 狭窄や瘻孔部分のみを切除する小範囲切除、ないしはを切除しない狭窄の解除術を行います。[m.chiba-u.ac.jp]

  • 消化管異物

    小児外科で扱っている病気は、そけいヘルニア(脱腸)、陰のう水腫、停留精巣、包茎、臍ヘルニア(でべそ)、肛門周囲膿瘍・乳児痔瘻(じろう)、裂肛(切れ痔)・痔核(いぼじ)、肥厚性幽門狭窄症、重積症、急性虫垂炎(盲腸)、血管腫・リンパ管腫、甲状舌管のう胞(正中頸のう胞) 、便秘、腸閉塞、腹部外傷、熱傷、消化管異物(変なものを飲み込んだ)などの一般的疾患[numazu-hospital.shizuoka.jp] 胸壁 皮下腫瘤、乳腺嚢瘤・腫瘤 縦隔 縦隔腫瘍、縦隔気腫 呼吸器 肺嚢胞性疾患、肺分画症、肺芽腫、気道異物 横隔膜 横隔膜ヘルニア、横隔膜挙上症、食道裂孔ヘルニア 食道 食道異物、胃食道逆流症、食道閉鎖症、食道狭窄症 消化管 消化管異物、胃・十二指腸潰瘍、胃穿孔、肥厚性幽門狭窄症、胃軸捻転症、腸閉塞症、回転異常症、 腸重積症、メッケル憩室症[shikoku-ctr-hsp.jp] (参考文献:難治性出血性放射線性炎に対する内視鏡的ホルマリン散布療法の検討。松浦隆志 他。[hamanomachi.jp]

  • 虚血性腸疾患

    腸の血行障害 急性広範腸壊死 亜急性虚血性大腸炎 回腸壊死 急性小腸虚血 急性上腸間膜動脈閉塞症 急性腸間膜動脈閉塞症 急性腸梗塞 大網梗塞 腸壊死 腸間膜静脈血栓症 腸間膜動脈血栓症 腸間膜動脈塞栓症 電撃性虚血性大腸炎 空壊死 小腸壊死 急性虚血性大腸炎 非閉塞性間膜虚血 慢性間膜動脈不全症候群 虚血性狭窄間膜血行不全 腸間膜動脈硬化症[scuel.me] また、内科的治療で炎症がおさまっても、炎症の影響での一部が狭窄することがあります。便の通過がわるいときは、手術を受けなければなりません。 虚血性炎を予防するには、動脈硬化や便秘にならないように食生活に気をつけ、適度な運動をおこなうことが大切です。 医師を探す 診療科[medical.jiji.com] しかし大腸内視鏡検査の普及で、20代の若年者や糖尿病などの疾患のない方に発症することも珍しくないため、原因も動脈硬化による血管の狭窄によるのではなく、内の圧の急激な変化によって引き起こされる血流障害が主と考えられるようになってきました。[satojuichi-cl.com]

  • 先天性腹膜癒着

    幽門部切開手術 1週間前後 緊急対応 急性虫垂炎 腹腔鏡下虫垂炎切除術 1週間前後 重積症 高圧浣腸 翌日退院 手術 10日前後 消化管異物 内視鏡的摘出術 2〜5日 異物誤飲・誤嚥 肛門周囲膿瘍 (乳児痔瘻) 内服治療 外来通院 小児外科で治療する病気 新生児領域 ・食道閉鎖症・先天性横隔膜ヘルニア・十二指腸閉鎖・狭窄症・閉鎖・狭窄[kanazawa-med.ac.jp] 、食道裂孔ヘルニア、胃食道逆流症、肥厚性幽門狭窄症、胃軸捻転症、十二指腸潰瘍穿孔、先天性十二指腸閉鎖・狭窄症、回転異常症、メッケル憩室、臍腸管遺残症、腸管重複症、腸重積症、虫垂炎、潰瘍性大腸炎、直腸脱、乳児痔瘻、肛門周囲膿瘍、裂肛、ヒルシュスプルング病、鎖肛、内ヘルニア、癒着性腸閉塞 肝胆膵脾疾患 肝嚢胞、胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、胆石症[twmu.ac.jp] 閉塞性イレウスは、の内腔を閉塞するような腫瘍であったり先天性の腸管狭窄があることで発症します。絞扼性イレウスは、今回のようなヘルニアであったり重責のような大腸の中に小腸が迷入したり、腸ねん転のように腸がねじれてしまうことや、十二指腸閉塞症のように上腸管膜動脈によって腸を抑えつけられるような血行障害が出現する事で発症します。[kango-oshigoto.jp]

  • 腸リンパ腫

    猫の消化器型リンパ腫 末期患者の治療 2017年10月30日 こんにちは、院長の渡辺です。 今回は消化器型リンパ腫のネコの話です。 リンパ腫というのは、血液に流れているリンパ球が腫瘍化した病気です。 そして腫瘍ができた部位が、例えば胃や腸である場合を『消化器型リンパ腫』と言います。 いくつかのタイプがある中で消化器型は猫ちゃんで割合の高いリンパ腫と言えます。 以下がリンパ腫になってしまった猫ちゃんのエコー画像です。 腸の壁が腫れています。黒く抜けている所が異常部位です。 リンパ腫は抗がん剤が比較的に効果の出やすい腫瘍ですので、この猫ちゃんも抗がん剤の治療をしています。[…][hagoromo-ah.com]

  • 急性鉄中毒

    重要なミネラルの一種である鉄分。不足すると貧血の原因になることがよく知られ、特に幼児や妊婦、高齢者では要注意といわれる。だが、逆に過剰でも胃腸障害などの恐れがあり、バランスが大事だ。安易に自己判断してサプリメントなどで補給すると過剰摂取の可能性があると専門家は指摘する。[…][style.nikkei.com]

  • 腸狭窄

    最大の利点は、発見された病変に対し必要に応じて 生検 [せいけん:病理学的診断のため組織の一部を採取すること]、 内視鏡的ポリープ切除術 、出血源に対する 止血術 、また狭窄には バルーンを用いた拡張術 など内視鏡的処置ができることです。[naramed-u.ac.jp] 高度の腹部膨満感や嘔吐など、狭窄による症状が強い場合には、外科的に狭窄部を切除したり、狭窄部に切開を加えて拡張するような手術(狭窄形成術)による治療が必要となります。 Q. クローン病は加齢とともにどのように変化していきますか。 A. :クローン病の炎症の活動性は、発症からの経過期間が長くなるにしたがって低下する傾向があります。[takano-hospital.jp] 1) 消化管出血が疑われるが、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と大腸内視鏡検査を受けても異常がなく、小腸の出血性病変を疑う場合 2) 小腸の通過障害(腸閉塞、小腸狭窄)が疑われる場合 3) 小腸に病変をつくる病気(小腸腫瘍、結核、クローン病など)の精密検査 4) 十二指腸の観察が必要であるが、胃と小腸をつなぐ手術を受けたことがあり、通常の[naramed-u.ac.jp]

さらなる症状