Create issue ticket

考えれる38県の原因 腱障害

  • 腱炎
  • 手首の滑膜炎
  • 五十肩

    ジアゼパムによって症状が回復する傾向が見られるのは、関節だけの障害だけでなく周辺筋・の炎症が関連していると考えられる。ステロイドの関節への注射は最大2ヶ月が限度とされる(それ以上投与すると腱の劣化が起きる為)。ジアゼパムの抗不安作用に対する耐性は誘導されない為、こちらも向精神薬的側面から長期の服用は依存症をもたらす恐れがある。[ja.wikipedia.org]

  • ド・ケルバン病
  • 腱滑膜炎

    腱鞘炎(けんしょうえん)は、腱の周囲を覆う腱鞘(けんしょう)の炎症。症状として、患部の痛みと腫れがあり、患部の動かしづらさが見られる。腱自体の炎症である腱炎(tendinitis)を合併することが多い。 ひどい場合は痺れて動かなくなったり局部が出っ張ったりしてしまう。 部分を冷やしてもあまり変化なく、痛みは長続きする。[…][ja.wikipedia.org]

  • 悪性貧血

    神経症状 振動覚 や 位置覚 の低下、知覚障害、深部 反射 亢進、 意識障害 、 認知症 様症状などのさまざまな症状を呈する。 検査 [ 編集 ] 血算 MCV が高値、 MCHC が正常値を示す大球性正色素性貧血となる。 白血球 や 血小板 も減少し、汎血球減少となる。過分葉 好中球 が増加する。[ja.wikipedia.org]

  • 肘の内側上顆炎
  • 筋痙縮

    筋相動性伸張反射亢進であるも、固縮とは違い、筋の持続的伸張を加えると、はじめは伸張反射が起こって抵抗が強いものの、だんだん弱くなり、錐体路障害の徴候である折り畳みナイフ現象を引き起こす。反射亢進が認められ、クローヌスもみられる。[ja.wikipedia.org] クローヌスにより筋が強く持続的に伸張すると、筋収縮が起こり、弛緩して再び収縮、繰り返すことで、痙縮で伸張反射が相性に強く起こるのでゴルジ受容器による抑制が働き筋弛緩が起こって、繰り返されると考えられている。屈筋または伸筋のどちらか一方が障害される。 痙性麻痺 痙性斜頸 筋緊張亢進 固縮[ja.wikipedia.org]

  • 足底腱裂傷
  • マイボーム腺腫

    全眼球運動障害、深部反射の消失が認められる。 上斜筋麻痺 後天性のものは外傷性が多い。 Horner症候群 縮瞳状態になる。 adie症候群 急性期には散瞳状態となる。 外傷性散瞳 外傷を起因として不可逆性散瞳を来す。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状