Create issue ticket

考えれる28県の原因 腱炎

  • 五十肩

    正式には肩関節周囲(英: shoulder periarthritis)という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。従来は板損傷や石灰沈着性なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。[ja.wikipedia.org]

  • 痛風

    食品・飲料中のプリン体 食品・飲料中のプリン体含有量 『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』には『生活指導』の中に食事療法、特に『1日400mgを目安にしたプリン体の摂取制限』が示されています。 食事から摂取されるプリン体は体内で最終的に尿酸に代謝されて尿酸プールを増大させます。そのため、肉や魚介類をたくさん食べると痛風になりやすいことが知られています。また、アルコール飲料では、含まれるプリン体量はあまり多くはありませんが、アルコールの作用が加わって尿酸値が上昇します。お酒を毎日飲む人は痛風の危険度が2倍で、特にビールを飲む人の危険度が高いと報告されています。[…][tufu.or.jp]

  • 腱炎
  • 家族性高コレステロール血症

    家族性高コレステロール血症(familial hypercholesterolemia、FH)は高LDLコレステロール(LDL-C)血症、早発性冠動脈疾患、腱・皮膚結節性黄色腫を3徴とし、LDL受容体やその関連遺伝子の異常によって発症する常染色体優性遺伝子疾患である。家族性高コレステロール血症は単独で極めて冠動脈疾患のリスクが高い病態である。ヘテロ体でも未治療では男性では30 50歳、女性では50 70歳程度で心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患を発症することが多い。早期発見・早期治療が生命予後の改善に極めて重要である。 家族性高コレステロール血症ホモ接合体は総コレステロール[…][ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    指の変形において、DIPのみが変形を来たす場合は、ヘバーデン結節や乾癬性関節を念頭において、鑑別診断を下す。また、筋肉と骨とをつなぐの周囲に炎症がおよぶなどして腱断裂が生じることがある。これは突然発症し、無痛性である。腱がなくなれば、まさにそれに連続する筋肉を動かすことができなくなる。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    左右非対称性の関節炎の場合は脊椎関節炎(乾癬性関節、強直性脊椎、反応性脊椎、炎症性腸疾患に関連する関節など血清反応陰性関節)を想起する。付着部や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節が想起される。背部痛、腰臀部痛、胸鎖部痛などがや靭帯の痛みの好発部位である。[ja.wikipedia.org] またソーセージ様の両手指のむくみも同様に付着部の所見である。 Step7 問診での鑑別問診で特徴ある疾患を想起することができる。 症状 生活歴 Step8 身体所見での鑑別身体所見で特徴ある疾患を想起できることがある。 Step9 診断のための検査単関節炎の場合は化膿性関節炎や結晶誘発性関節炎の評価目的の関節穿刺を行う。[ja.wikipedia.org]

  • ド・ケルバン病
  • 全身性エリテマトーデス

    関節可動域の低下 41 関節 1つ以上の活動性関節(圧痛、熱感、腫脹)で、可動域の低下を伴わない 42 運動負荷によるものでない 43 軽度の慢性筋炎 上記39の基準の2又は3項目に該当または亜急性の炎症 44 関節痛 炎症所見を伴わない 45 筋痛 筋力低下やCPKの上昇を伴わない 46 腱拘縮および固定性変形 損傷(damage[med.osaka-u.ac.jp] 精神運動活動の亢進又は低下、c)失見当識及び記名力低下 38 たまにみられる偏頭痛 Lupusに起因する再発性の頭痛(通常4-72時間持続) 筋骨格系 項目 定義 39 筋炎 以下の少なくとも3項目に該当: ・近位筋の筋力低下 ・筋由来酵素の上昇(CPK) ・筋生検陽性所見 ・筋電図異常所見 40 機能障害を伴う重度の多関節炎 2つ以上の活動性関節[med.osaka-u.ac.jp]

  • デュピュイトラン拘縮

    ヘバーデン結節 ブシャール結節 変形性母指手根中手関節症 上腕二頭筋長頭 肘内障 大腿骨頭辷り症(大腿骨頭骨端線離開) 骨折 脱臼 捻挫 骨腫瘍 骨巨細胞腫 骨肉腫 軟骨肉腫 ユーイング肉腫 脊髄腫瘍 骨折 外科学 リウマチ学 Washington University Orthopedics Oxford Clinic for Specialist[ja.wikipedia.org]

  • 腱滑膜炎

    腱鞘炎(けんしょうえん)は、腱の周囲を覆う鞘(けんしょう)の炎症。症状として、患部の痛みと腫れがあり、患部の動かしづらさが見られる。自体の炎症である(tendinitis)を合併することが多い。 ひどい場合は痺れて動かなくなったり局部が出っ張ったりしてしまう。 部分を冷やしてもあまり変化なく、痛みは長続きする。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状