Create issue ticket

考えれる354県の原因 腰部脊椎症

  • 腰椎の圧迫骨折

    一方で器質性腰痛の原因としてもっとも頻度が高いのは変性性腰痛で、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄、変形性脊椎症と診断されます。近年、人口の高齢化に伴い、代謝性疾患のうち、特に骨粗鬆症による椎体骨折に起因する腰痛も急増しています。 症状 脊椎の退行性変化に基づく疾患による腰痛は、慢性的な腰痛を特徴とします。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 主な疾患 腰椎・腰(こし) 腰部椎間板 腰椎椎間板ヘルニア 脊椎分離・すべり症 腰部脊柱管狭窄症 腰椎変性すべり症 腰椎変性側弯症 頚椎・首(くび) 頸椎椎間板ヘルニア 頚椎症・頚髄症 頚椎後縦靱帯骨化症 その他 骨粗鬆症・脊椎圧迫骨折 脊椎腫瘍(せきついしゅよう) 脊髄腫瘍(せきずいしゅよう) 脊椎脊髄損傷 脊髄空洞 胸髄(ヘルニア[jssr.gr.jp] その他、腰痛の原因になる病気として、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄脊椎分離症・脊椎すべり症、骨粗鬆症などがあります。また、時には、癌の背骨への転移、化膿した脊椎炎、圧迫骨折なども原因となります。腰痛の経過は比較的良好で、1 2週間で痛みは和らぐのが一般的です。また、腰骨以外に内臓の病気で起こることがあります。[ntt-east.co.jp]

  • 変形性腰椎症

    骨と椎間板の老化によっておこるもので、変形性関節(「 変形性関節とは 」)と同類の病気です。脊椎のうち、腰の部分におきた変形性脊椎を、腰部変形性脊椎または変形性腰椎症といい、変形性脊椎症の多くは、ここにおこります。[kotobank.jp] 変形性腰椎の症状 変形性脊椎腰部脊椎の症状には、次のようなものがあります。 1.慢性腰痛 腰部脊椎で現れる最も代表的な症状が  腰痛  です。[tajimaclinic.yokohama] 若い人では外傷、脊椎分離、椎間板ヘルニア、中年になると椎間板、椎間板ヘルニア、腰椎すべり、高齢になると変形性脊椎腰部脊椎管狭窄、骨粗しょう症による脊椎圧迫骨折などがあります。 診断をするために腰痛のタイプがどのようなものかが役に立ちます。[shiobara-hp.jp]

  • 腰椎と仙骨の関節炎

    脊椎外科でよく見られる疾患もしくは症状 腰椎椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 腰椎分離症 頸椎 交通事故などによる頸椎捻挫(むち打ち症) 首から腰の疾患や上肢・下肢の痛みやしびれを伴う疾患 など よくみられる主な脊椎疾患 腰部脊柱管狭窄 変形性脊椎など様々な原因により、腰椎の中を通る馬尾神経や神経根を圧迫して炎症や神経の血流障害を起こす疾患[sato-seikei.jp] 脊椎・脊髄の仕組み 頸椎椎間板ヘルニア 頸椎性脊髄 頸椎後縦靱帯骨化 腰痛と腰椎椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄 腰椎すべり症 変形性脊椎症 脊髄腫瘍 脊椎骨折 脊柱側弯症 変形性脊椎症 椎間板の変性(老化現象)により、脊椎が変形する病気です。椎間板がつぶれて狭くなり、椎間関節も変形します。[rakuwa.or.jp] 脊椎・脊髄の仕組み 頸椎椎間板ヘルニア 頸椎性脊髄 頸椎後縦靱帯骨化 腰痛と腰椎椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄 腰椎すべり症 変形性脊椎症 脊髄腫瘍 脊椎骨折 脊柱側弯症 脊椎・脊髄の仕組みと働き 脊椎・脊髄の仕組み 脊椎は、7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎、1個の仙椎が、椎間板、椎間関節、靭帯により連結されています。[rakuwa.or.jp]

  • 潰瘍性大腸炎

    潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、英: Ulcerative colitis、略: UC)は、主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患。クローン病(CD: Crohn's disease)とともに炎症性腸疾患(IBD: Inflammatory bowel disease)に分類され、厚生労働省より指定される難病(旧 特定疾患)である。 1875年に英国のGuy's HospitalのSamuel WilksとWalter Moxonによって報告された。日本では1928年に東京大学の稲田龍吉らによって初めて報告されている。1973年には旧厚生省より特定疾患に指定された。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腰部脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄に関する詳細資料 せぼね(脊椎)に関する障害や痛みに関する標準値調査[u-tokyo-ortho.jp] 脊椎・脊髄の仕組み 頸椎椎間板ヘルニア 頸椎性脊髄 頸椎後縦靱帯骨化 腰痛と腰椎椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄 腰椎すべり 変形性脊椎 脊髄腫瘍 脊椎骨折 脊柱側弯 腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症 骨棘(こつきょく)や靭帯の肥厚などが原因で脊柱管が狭くなったため、神経が圧迫される病気です。[rakuwa.or.jp] 家庭医学館 の解説 ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう【腰部脊柱管狭窄 Lumbar Spinal Canal Stenosis】 [どんな病気か] X線検査で、腰部変形性脊椎(せきついしょう)(「 変形性腰椎腰部変形性脊椎) 」)と診断されたもののうち、馬尾神経性間欠性跛行(ばびしんけいせいかんけつせいはこう)という、特徴的な[kotobank.jp]

  • 腰部脊椎症

    抄録 腰部脊椎(腰椎)の病態,症状,手術法の基本についてまとめた.腰部脊椎は腰椎椎間板の変性に起因する変性疾患であるが,主病変は椎間関節と黄色靭帯の肥厚による中心管と神経根管の狭窄である.中心管狭窄により馬尾圧迫症状である間欠性跛行が,神経根管狭窄により神経根症状が引き起こされる.画像診断法としてX線,CT脊髄造影,MRIを使用するが[jstage.jst.go.jp] 骨と椎間板の老化によっておこるもので、変形性関節(「 変形性関節とは 」)と同類の病気です。脊椎のうち、腰の部分におきた変形性脊椎を、腰部変形性脊椎または変形性腰椎症といい、変形性脊椎症の多くは、ここにおこります。[kotobank.jp] 若い人では外傷、脊椎分離、椎間板ヘルニア、中年になると椎間板、椎間板ヘルニア、腰椎すべり、高齢になると変形性脊椎腰部脊椎管狭窄、骨粗しょう症による脊椎圧迫骨折などがあります。 診断をするために腰痛のタイプがどのようなものかが役に立ちます。[shiobara-hp.jp]

  • 脊柱管狭窄症

    脊椎・脊髄の仕組み 頸椎椎間板ヘルニア 頸椎性脊髄 頸椎後縦靱帯骨化 腰痛と腰椎椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄 腰椎すべり 変形性脊椎 脊髄腫瘍 脊椎骨折 脊柱側弯 腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症 骨棘(こつきょく)や靭帯の肥厚などが原因で脊柱管が狭くなったため、神経が圧迫される病気です。[rakuwa.or.jp] 医療法人清仁会 水無瀬病院 診療科のご案内 脊椎・脊髄科 腰部脊柱管狭窄 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅかんきょうさくしょう) 脊髄神経の通っている脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されている状態をいいます。[minasehp.jp] 腰部脊柱管狭窄 脊柱管狭窄とは 腰部脊柱管狭窄脊椎(せぼね)の加齢による変性にいる神経が圧迫されて起こる病気で、全国に約500万人の患者さんがいると推定されています。[amarume-hp.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    3.08 4.82 0.00% 54.58 整形外科 DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス 160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 149 20.77 29.62 90.6% 79.48 070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎[aomori-kenbyo.jp] 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 65 1.72 3.13 0.00% 71.37 070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)[aomori-kenbyo.jp]

  • 筋骨格腰痛

    特異的腰痛 とは、 原因が明確で診断がつく疾患 です。発生頻度が高いものとしては、 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄脊椎圧迫骨折 があります。 一方、 非特異的腰痛症 とは、 原因が特定困難 なものです。[b-step.org] 腰痛とは 腰痛は癌の脊椎転移や化膿性脊椎炎、腰椎の圧迫骨折、坐骨神経痛を伴う腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄、あるいは腎結石や解離性大動脈瘤などの内臓疾患といったさまざまな疾患でもおこります。しかし腰痛の85%-90%は自覚症状としての腰痛のみで、このようにレントゲン写真の所見で病名をつけられる場合が多いのです。[research.johas.go.jp] 検査 主な原因 腰 脚 他 MRI レントゲン 他 急性腰痛症 (ぎっくり腰) 筋肉痛 、腰椎捻挫 腰痛 確定できない 老化 作業姿勢 重量物を運搬 激しい運動など 腰部椎間板症 椎間板 の変形 長時間立つとつらい 必要 椎間板ヘルニア 椎間板が変形により突出 痛みの増大 痛み しびれ 排泄障害 (重度の場合) 確定 下肢伸展挙上検査 腰部脊柱管狭窄[ja.wikipedia.org]

  • 腰椎神経根障害

    若年から壮年に生じる腰椎椎間板ヘルニアや中年期以降に生じる腰部脊椎性神経根、あるいは腰部脊椎や腰椎すべり症などによって生じる腰部脊柱管狭窄(腰の骨が変形して神経の通り道が狭くなり神経が圧迫され、休み休みでないと歩けなくなる病気)など、こしの骨(腰椎ようつい)の中を通っている脊髄神経由来の痛み(おしり ふともも すね 足の痛み)を生じる[konishi-seikei.com] ( 2014年6月 ) 腰椎 (ようついしょう、腰部脊椎、lumber spondylosisまたは腰部椎間板症、lumber discopathy)とは腰椎の退行性変性に基づく疾患で、主に脊柱の可動制限、疼痛、こり感などの局所症状を呈し、慢性的な腰痛が特徴的である。[ja.wikipedia.org] レントゲン写真の結果、腰の骨にずれやぐらつきがない腰部脊椎性神経根症と診断された方での治療効果は高く、このような方に対して、神経根ブロックを行うと、症状が再発することも少ないことがわかっています。また、以前腰椎の手術を受けた方に対する治療手段の一つとしても有効です。[konishi-seikei.com]

さらなる症状