Create issue ticket

考えれる10県の原因 腰椎椎間板ヘルニア

  • 足根管症候群

    頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部骨形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org] ・頸椎症・頸椎椎間板ヘルニア・後縦靭帯骨化症・脊髄腫瘍・脊髄外傷・脊髄血管奇形・脊髄梗塞など。[ja.wikipedia.org]

  • 坐骨神経痛

    原因はさまざまであり、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア腰椎すべり症などが原因とされている。最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアであり、約90%の坐骨神経痛はこれが原因とされている。 坐骨神経の走行に沿い、一側の大腿後面から足まで放散する痛みが特徴的である。[ja.wikipedia.org] 患部の足、足のさまざまな部分などで脱力感やしびれが生じることもある坐骨神経痛の約90%は椎間板ヘルニアが原因であり、腰椎または仙骨神経根の圧迫による。ほかにも脊椎すべり症、脊椎狭窄、梨状筋症候群、骨盤腫瘍、妊娠が原因に考えられる。ラセーグテストは診断の助けになりえる。[ja.wikipedia.org] 根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛 坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこるタイプの神経痛。椎間板ヘルニアが原因となっているケースが多い。梨状筋性坐骨神経痛 梨状筋による神経圧迫によって起こるもの。症候性坐骨神経痛 神経の圧迫が原因ではないため、まだ原因が詳しく解明されておらず、治療が困難。[ja.wikipedia.org]

  • 動脈瘤

    頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部骨形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org] ・頸椎症・頸椎椎間板ヘルニア・後縦靭帯骨化症・脊髄腫瘍・脊髄外傷・脊髄血管奇形・脊髄梗塞など。[ja.wikipedia.org]

  • 神経痛

    舌咽神経痛 肋間神経痛 肋骨下神経痛 上腕神経痛 腕神経叢神経痛 坐骨神経痛 大腿神経痛 外側大腿皮神経痛 頭部神経痛 後頭神経痛 三叉神経痛(顔面神経痛) 眼窩神経痛 ヘルペス後神経痛(帯状疱疹後神経痛) 器質的疾患がないなど不明の場合も多いが、原因の分かっているものでは、腫瘍、動脈硬化、帯状疱疹、椎間板ヘルニア腰椎症、多発性硬化症、ウイルス[ja.wikipedia.org]

  • 低背部痛

    その他、スポーツによって発症・悪化する疾患として、 腰椎椎間板症 、 腰椎椎間板ヘルニア 、 頸椎症 、 頚椎椎間板ヘルニア などや、 頸髄損傷 などの外傷があります。痛みを和らげるだけの安易な対応はスポーツ選手生命を短縮するばかりか、後に重篤な機能障害を招く可能性もあります。早期の診断と適切な治療のためには専門医の受診をお勧めします。[jssr.gr.jp] 心因性腰痛の可能性を チェック 解消法 腰痛トップ タイプ別チェック 腰椎椎間板ヘルニア 脊椎の炎症、脊椎の腫瘍、 内臓が原因の腰痛 急性腰痛(ぎっくり腰など) 腰部脊柱間狭窄症 骨粗しょう症による骨折 一時的な腰痛 骨の変形や変性に伴う腰椎症 脊椎分離症 心因性腰痛 2012年10月9日 放送 長引く治らない症状 本当の原因をもう1度探ります[asahi.co.jp] この場合、変形性脊椎症は一般的な加齢による退行性変性としてみられるものが多く、骨粗鬆症は骨の代謝障害によるものであるので腰痛の業務上外の認定に当たってはその腰椎の変化と年齢との関連を特に考慮する必要がある。腰椎分離症、すべり症及び椎間板ヘルニアについては労働の積み重ねによって発症する可能性は極めて少ない。[joshrc.org]

  • 硬膜外血腫

    頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部骨形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org] ・頸椎症・頸椎椎間板ヘルニア・後縦靭帯骨化症・脊髄腫瘍・脊髄外傷・脊髄血管奇形・脊髄梗塞など。[ja.wikipedia.org]

  • 脳動脈瘤

    頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部骨形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org] ・頸椎症・頸椎椎間板ヘルニア・後縦靭帯骨化症・脊髄腫瘍・脊髄外傷・脊髄血管奇形・脊髄梗塞など。[ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病

    【審議品目】(カッコ内は一般名と申請企業名) ヘルニコア 椎間板注用1.25単位(コンドリアーゼ、生化学工業):「保存療法で十分な改善が得られない後縦靭帯下脱出型の腰椎椎間板ヘルニア」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品。再審査期間は8年。[mixonline.jp] 椎間板ヘルニア患者では、髄核などが突出して脊髄周辺神経を圧迫しているが、同薬を椎間板内に直接、単回投与することで髄核を縮小し、神経への圧迫を減少させる効果が見込まれている。 腰椎椎間板ヘルニアは時間経過に伴い症状が軽減することも多いため、治療の原則は保存療法となる。[mixonline.jp] 腰椎椎間板ヘルニアは膨隆・突出型、後縦靭帯下脱出型、経後縦靭帯脱出型、遊離脱出型――に分類されるが、このうち後縦靭帯下脱出型のみに使える。 椎間板の中心部分にある髄核の構成成分グリコサミノグリカンを特異的に分解する酵素コンドリアーゼの注射薬。[mixonline.jp]

  • 線維筋痛症

    […] by 沖 at 08:47 私も腰椎椎間板ヘルニア手.. by 沖 at 20:03 加茂先生 全国規模でご.. by しろやなぎわたこ at 22:22 加茂先生、こんばんは。お.. by m at 21:01 ぎっくり腰は腸腰筋の攣り.. by junk_2004jp at 10:56 加茂先生、こんばんは。[junk2004.exblog.jp]

  • 交通事故

    選択条件: 道路の交通に関する統計 交通事故死者数について 年次 2017年 - 統計一覧に戻る(すべて解除) 政府統計名 道路の交通に関する統計 提供統計名 交通事故死者数について 提供周期 年次 調査年月 2017年 政府統計名 ホームページURL 担当機関名(課室) メールアドレス 電話番号 各統計調査の詳細については、上記の担当機関のホームページを参照してください。 各機関のホームページには該当する政府統計の「調査概要」「調査結果」「利用上の注意」「公表予定」「お問い合わせ先」等の情報が掲載されております。統計表をご利用になる際にはご活用ください。 検索条件の保存[…][e-stat.go.jp]

さらなる症状