Create issue ticket

考えれる3県の原因 腰帯筋低下

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1G型
  • 筋ジストロフィー

    初期には腰帯、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。[ja.wikipedia.org]

  • ミオパチー

    歩行動揺性歩行は疾患でみられる代表的な歩行異常である。腰帯筋力低下によって起こる歩行異常である。つま先歩きの障害は脛骨神経麻痺などの他に遠位型ミオパチーのひとつの三好型ミオパチーによる腓腹筋障害の可能性がある。また、踵歩きができない場合は遠位型ミオパチーの縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーによる前脛骨筋槽外の可能性がある。[ja.wikipedia.org] 肢体型筋ジストロフィーは典型的には腰帯および上肢帯筋の進行性の筋力低下を示す。横隔膜の筋力低下により呼吸不全を起こすことがあり、心筋症がみられることもある。肢体型筋ジストロフィーは系統的に分類されており常染色体優性遺伝のLGMD1と常染色体劣性遺伝のLGMD2に大きく2つに分けられる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状