Create issue ticket

考えれる59県の原因 腰帯筋低下

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1D型

    初期には腰帯、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。なお、 筋力低下は対称的に起きる という特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって 処女歩行遅滞 、 易転倒 、 登攀性起立 (とうはんせいきりつ、 ガワーズ(Gowers)兆候 )、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行) [1] などをきたす。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1G型

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 「筋ジストロフィー」とはどのような病気ですか 筋ジストロフィーとは骨格筋の 壊死 ・再生を主病変とする遺伝性筋疾患の総称です。筋ジストロフィーの中には多数の疾患が含まれますが、いずれも筋肉の機能に不可欠なタンパク質の設計図となる遺伝子に 変異 が生じたためにおきる病気です。遺伝子に変異が生じると、タンパク質の機能が障害されるため、細胞の正常な機能を維持できなくなり、筋肉の 変性 壊死が生じます。その結果筋萎縮や脂肪・ 線維化 が生じ、筋力が低下し運動機能など各機能障害をもたらします。 遺伝子変異から機能障害に至るプロセス[…][nanbyou.or.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    急性ミオパチーには筋症状がなく,血清クレアチンキナーゼ(CK)上昇のみを認める無症候性から壊死性ミオパチーや横紋筋融解症まで存在する.横紋融解症は飲酒後に急激に筋肉痛,腫脹,腓返り,褐色尿などで発症し,筋力低下をきたす.慢性ミオパチーでは,徐々に発症する腰帯中心の全身の筋力低下,筋萎縮を認める.多くは血清CK値は正常だが,筋電図,筋生検[kotobank.jp]

  • 筋ジストロフィー

    表1.筋ジストロフィーの古典的分類 病型 遺伝形式 初発症状 ジストロフィノパチー(デュシェンヌ型・ベッカー型) X染色体連鎖 筋力低下(腰帯部・下肢近位部優位)、下腿肥大 肢帯型 ※発症1歳以後 常染色体優性(顕性)・劣性(潜性) 筋力低下(腰帯部・下肢近位部優位) 先天性 ※発症1歳未満 常染色体優性(顕性)・劣性(潜性) 筋力低下(腰帯[neurology-jp.org] 初期には腰帯、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。[ja.wikipedia.org] ・下肢近位部優位) 強直性 常染色体優性(顕性) 筋力低下(咀嚼嚥下筋、頸部・体幹、手指・足部優位)、筋強直現象 顔面肩甲上腕型 常染色体優性(顕性) 筋力低下(肩甲帯・上腕、顔面優位) エメリー・ドライフス型 X染色体連鎖、常染色体優性(顕性)・劣性(潜性) 筋力低下(肩甲帯・下腿優位)、関節拘縮(脊椎・肘)、心伝導障害 眼咽頭筋型 ※[neurology-jp.org]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    初期には腰帯、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。[shiga-med.ac.jp] 初期には腰帯、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。なお、 筋力低下は対称的に起きる という特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって 処女歩行遅滞 、 易転倒 、 登攀性起立 (とうはんせいきりつ、 ガワーズ(Gowers)兆候 )、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行) [1] などをきたす。[ja.wikipedia.org]

  • ミオパチー

    歩行動揺性歩行は疾患でみられる代表的な歩行異常である。腰帯筋力低下によって起こる歩行異常である。つま先歩きの障害は脛骨神経麻痺などの他に遠位型ミオパチーのひとつの三好型ミオパチーによる腓腹筋障害の可能性がある。また、踵歩きができない場合は遠位型ミオパチーの縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーによる前脛骨筋槽外の可能性がある。[ja.wikipedia.org] 歩行 動揺性歩行は疾患でみられる代表的な歩行異常である。腰帯筋力低下によって起こる歩行異常である。つま先歩きの障害は脛骨神経麻痺などの他に遠位型ミオパチーのひとつの三好型ミオパチーによる腓腹筋障害の可能性がある。また、踵歩きができない場合は遠位型ミオパチーの縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーによる前脛骨筋槽外の可能性がある。[ja.wikipedia.org] 肢体型筋ジストロフィーは典型的には腰帯および上肢帯筋の進行性の筋力低下を示す。横隔膜の筋力低下により呼吸不全を起こすことがあり、心筋症がみられることもある。肢体型筋ジストロフィーは系統的に分類されており常染色体優性遺伝のLGMD1と常染色体劣性遺伝のLGMD2に大きく2つに分けられる。[ja.wikipedia.org]

  • 眼筋障害

    初期には腰帯、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。[shiga-med.ac.jp]

  • エメリ・ドレフュス型筋ジストロフィー 1型

    腰帯の筋力低下がありますと,横になった位置(臥位)から立った位置(立位)に移るときに,特徴的な体の動きがみられます.すなわち,上を向いた臥位(仰臥位)のときは,まず下向きの臥位(腹臥位)となり,頭,上体を上げ,左右の膝を立てます.つぎの立ち上がるときに,両手を立てた膝に当てて,それを支えにして体全体をおこします.こうして臥位から立位になりますが[www2s.biglobe.ne.jp] 初期には腰帯、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。[shiga-med.ac.jp] 初期には腰帯、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。なお、 筋力低下は対称的に起きる という特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって 処女歩行遅滞 、 易転倒 、 登攀性起立 (とうはんせいきりつ、 ガワーズ(Gowers)兆候 )、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行) [1] などをきたす。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2A型

    筋ジストロフィーは骨格筋の筋線維の壊死と再生を主な病理的所見とし、進行性の萎縮と筋力低下がみられる遺伝性疾患である。このうちLGMDは四肢近位と腰帯部の筋力低下萎縮を特徴とする。LGMDは様々な責任遺伝子による不均一な疾病群であるが、現在までに遺伝子座の違いにより14種類に分類されている。[gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp] 初期には腰帯、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。[shiga-med.ac.jp] […] v) LGMD2A 発症年齢の幅は広いが、多くは10 から15 歳で、腰帯とくに内転筋群と大殿筋の筋力低下で発症する。大腿外転筋群(小殿筋、中殿筋、梨状筋など)が比較的保たれることが多い。走ることと階段の昇降が不自由となり、動揺性歩行が見られるようになる。翼状肩甲がおこりうる。[pathologycenter.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2E型

    歩行 動揺性歩行は疾患でみられる代表的な歩行異常である。腰帯筋力低下によって起こる歩行異常である。つま先歩きの障害は脛骨神経麻痺などの他に遠位型ミオパチーのひとつの三好型ミオパチーによる腓腹筋障害の可能性がある。また、踵歩きができない場合は遠位型ミオパチーの縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーによる前脛骨筋槽外の可能性がある。[ja.wikipedia.org] 初期には腰帯、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。[shiga-med.ac.jp] […] v) LGMD2A 発症年齢の幅は広いが、多くは10 から15 歳で、腰帯とくに内転筋群と大殿筋の筋力低下で発症する。大腿外転筋群(小殿筋、中殿筋、梨状筋など)が比較的保たれることが多い。走ることと階段の昇降が不自由となり、動揺性歩行が見られるようになる。翼状肩甲がおこりうる。[pathologycenter.jp]

さらなる症状