Create issue ticket

考えれる310県の原因 腫瘍随伴症候群

  • 低血糖症

    代表的な原因 糖尿病治療薬、ペンタミジン、キニーネなどによる薬剤性 副腎不全(副腎皮質ホルモン剤の急な中止など) インスリン産生腫瘍(インスリノーマなど) 肝細胞癌はそれそのものがインスリン様物質(IGF-II)を産生し、低血糖症の原因となることがある(腫瘍随伴症候) 肝不全 重篤な慢性疾患(癌など何でも) 自己免疫性低血糖(インスリン・インスリン[ja.wikipedia.org]

  • 腎細胞癌

    しかしなかには腫瘍随伴症候として発熱、 貧血、高血圧、高カルシウム血症、肝機能障害、エリスロポエチンによる 赤血球増多症を示すものもあります。[med.nihon-u.ac.jp] 血尿 側腹部腫瘤 疼痛 体重減少 腹痛 食欲不振 低色素性貧血 肝機能障害 腫瘍随伴症候 高カルシウム血症 多血症 高血圧本症は転移が多いことで有名な悪性腫瘍であり、特に肺転移、骨転移、肝転移を起こしやすい。なかでも肺転移が最も多い。[ja.wikipedia.org]

  • 肝細胞癌

    また頻度は低いが 腫瘍随伴症候 がおこることもある。下痢(血管作動性腸管ペプチド)や高脂血症、低血糖、 多発性筋炎 、 RS3PE 、後発性ポルフィリン症や異常 フィブリノーゲン 症、 高カルシウム血症 、赤血球増加症などがおこることもある。 検査 [ 編集 ] 腫瘍マーカー [ 編集 ] 腫瘍マーカー は以下がある。[ja.wikipedia.org]

  • 上皮性卵巣癌

    書誌情報 第56巻 第1号 症例報告 不妊治療中に診断された上皮性卵巣癌の3例 大塚 伊佐夫 1), 小池 由実 1), 金本 嘉久 1), 白勢 悠記 1), 江夏 悠介 1), 越智 良文 1), 末光 徳匡 1), 笹澤 智聡 1), 松浦 拓人 1), 寺岡 香里 2), 大内 久美 2), 川井 清考 2) 1)亀田総合病院産婦人科 2)亀田総合病院生殖医療科 関東連合産科婦人科学会誌, 56(1):67-72, 2019[…][journal.kyorin.co.jp]

  • 気管支原性癌
  • 甲状腺髄様癌

    トップ No.4704 差分解説 多発性内分泌腺腫症2型:遺伝性甲状腺髄様癌に対する予防的手術 多発性内分泌腺腫症2型(multiple endocrine neoplasia type 2:MEN2)は癌原遺伝子RETの変異によって甲状腺髄様癌,副腎褐色細胞腫,そして副甲状腺機能亢進症を発症する常染色体優性遺伝疾患である。中でも,甲状腺髄様癌は浸透率が高く生命予後にも関わるため,その早期発見・治療が重要である。[…][jmedj.co.jp]

  • 腫瘍崩壊症候群

    腫瘍随伴症候ならずとも、大量の細胞破壊を伴う病態(例えばクラッシュ症候群や横紋筋融解症など)では必発の疾患であり、最も緊急の対応を要する事態である。具体的な対応は高カリウム血症の項に譲る。場合によっては血液透析を要する。 核酸からヒポキサンチンが生成され、キサンチン酸化酵素により尿酸へ代謝されることで起こる。[ja.wikipedia.org] 高カリウム血症 [ 編集 ] 腫瘍随伴症候 ならずとも、大量の細胞破壊を伴う病態(例えば クラッシュ症候群 や 横紋筋融解症 など)では必発の疾患であり、最も緊急の対応を要する事態である。具体的な対応は 高カリウム血症 の項に譲る。場合によっては血液透析を要する。[ja.wikipedia.org]

  • 腫瘍随伴症候群

    これらの現象は腫瘍細胞が分泌する体液性因子(英語版)(ホルモンやサイトカインによる)や腫瘍に対する免疫応答に基づく。腫瘍随伴症候は主に中年期または高齢の患者に見られ、肺癌、乳癌、卵巣癌、リンパ腫で多い。腫瘍随伴症候は病因となる悪性腫瘍の確定診断に先立って見られることが多い。[ja.wikipedia.org] 抄録 腫瘍随伴症候は,腫瘍による浸潤,圧迫,閉塞などの直接的な症状ではなく,腫瘍が産生する生理活性物質や腫瘍が誘導した自己免疫反応による間接的な症状と定義される.肺癌の10 20%に腫瘍随伴症候が合併するといわれており,小細胞肺癌に高頻度に認められる.腫瘍随伴症候の出現が肺癌の臨床診断に先行することがあり,肺癌発見の契機となる.また,[jstage.jst.go.jp] Subject : 腫瘍随伴症候 カテゴリー: 健康・医療情報  腫瘍随伴症候 腫瘍随伴症候は、癌がつくり出した ホルモン や サイトカイン 、その他のタンパク質などの物質が、血流に入って体内を循環することで起こります。こうした物質が全身の組織や器官の働きに影響して生じるさまざまな症状が、腫瘍随伴症候と呼ばれるものです。[mh.rgr.jp]

  • 膀胱移行上皮癌

    UMIN試験ID C000000093 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2005年8月30日 登録・組み入れ開始日:2003年6月1日 基本情報 試験簡略名 浸潤性膀胱移行上皮癌(T2-4aN0M0)に対する術前MVAC化学療法 根治的膀胱摘除と根治的膀胱摘除のみの予後改善に関する第III相比較試験(JCOG0209, BC MVAC Phase III) 試験進捗状況 試験終了 試験実施地域 日本 実施都道府県[…][rctportal.niph.go.jp]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(びまんせいだいさいぼうがたBさいぼうせいリンパしゅ、英: diffuse large B-cell lymphoma, DLBCL)は、小型リンパ球の2倍を超えた、あるいは正常の組織球の核と同等かそれ以上の大きさの核を有する大型のB細胞性の腫瘍細胞が、びまん(瀰漫)性の増殖を示す疾患である。生物学的・臨床病理学的に異種なものを包括した疾患概念のため、後述するようにさらに細かな分類がなされている。 一部のDLBCLは、低悪性度リンパ腫(主に濾胞性リンパ腫)からの組織学進展から形質転換したものである。 日本では全悪性リンパ腫の33.3%を占める。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状