Create issue ticket

考えれる32県の原因 腫瘍細胞がある骨髄

  • 横紋筋肉腫

    腫瘍が広がっているおそれがないかを探索するための検査: 転移(がん細胞の広がり)が多い部位は肺、骨髄、骨などです。このような診断に用いられる一般的な検査は以下の通りです。[childrenscancers.org]

  • 骨転移
  • ホジキン病
  • 急性白血病

    そのため、古典的には急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病を急性白血病としてまとめるという方法がとられている。 もうひとつ、 骨髄腫 という概念もある。これは 形質細胞腫瘍化したものであるが、不思議なことに骨髄腫瘍化する。長命の 形質細胞骨髄循環に適応しているので,骨髄で増殖してもおかしくないとも言える。[ja.wikipedia.org] 悪性リンパ腫は白血球の1種リンパ球が悪性腫瘍化してリンパ組織での腫瘍的異常増加をきたす疾患だが、リンパ系白血球が腫瘍化した細胞骨髄で増加するリンパ系白血病の細胞と悪性リンパ腫の細胞に免疫学的形質や遺伝子異常に本質的な差はないとされている。[ja.wikipedia.org] 一応、WHO分類ではB細胞腫瘍に分類はされている。 近年、 がん幹細胞 仮説というものが注目されているが、これは 急性骨髄性白血病 にて考案された仮説である。 FAB分類 [ 編集 ] 急性白血病は FAB分類 や WHO分類 によって診断と分類が行われる。[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄増殖性疾患

    骨髄増殖性腫瘍(こつずいぞうしょくせいしゅよう、英名:Myeloproliferative neoplasms、略称MPN)とは骨髄腫瘍の一つであり、造血幹細胞レベルの異常から幼弱細胞から成熟血球細胞までが骨髄で異常増殖を起こす疾患である。すなわち分化障害のない腫瘍性の疾患である。[ja.wikipedia.org] また悪性リンパ腫との差としてはWHO分類で示されているように悪性リンパ腫は由来細胞で分類される。多くの場合、骨髄増殖性疾患とは慢性型の事を言う。[ja.wikipedia.org] 尚、骨髄増殖性腫瘍はWHO分類では、骨髄増殖性疾患(こつずいぞうしょくせいしっかん、英名Myeloproliferative disease、略称MPD)から2008年改訂のWHO分類第4版にて改名されたものである。骨髄増殖性疾患(MPD)の名称も2010年現在、一般的に使われているが、両者は同じ疾患群のことを示している。[ja.wikipedia.org]

  • 鉄欠乏性貧血

    骨髄異形成症候群(MDS)・・造血細胞自体の異常で正常な赤血球が作れなくなる(2) 造血細胞の減少 再生不良性貧血 赤芽球癆 骨髄癆・・骨髄で異常細胞が増殖したり、骨髄が何かに置き換わってしまって造血細胞骨髄から追い出されてしまう。[ja.wikipedia.org] 白血病、肉芽腫性疾患、骨髄線維症、転移性腫瘍など 薬剤、放射線、ウイルスなどが造血細胞を傷害する(3) その他 造血因子エリスロポエチンの減少 腎障害-腎性貧血 低栄養(注、この小節の出典は) (1)出血 出血では血液成分の赤血球と血漿(水分)を同時に失うが、血漿(水分)量は短時間で回復するが赤血球の回復には時間がかかるので血液が薄くなる。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    骨髄異形成症候群(MDS)・・造血細胞自体の異常で正常な赤血球が作れなくなる(2) 造血細胞の減少 再生不良性貧血 赤芽球癆 骨髄癆・・骨髄で異常細胞が増殖したり、骨髄が何かに置き換わってしまって造血細胞骨髄から追い出されてしまう。[ja.wikipedia.org] 白血病、肉芽腫性疾患、骨髄線維症、転移性腫瘍など 薬剤、放射線、ウイルスなどが造血細胞を傷害する(3) その他 造血因子エリスロポエチンの減少 腎障害-腎性貧血 低栄養(注、この小節の出典は) (1)出血 出血では血液成分の赤血球と血漿(水分)を同時に失うが、血漿(水分)量は短時間で回復するが赤血球の回復には時間がかかるので血液が薄くなる。[ja.wikipedia.org]

  • 急性リンパ芽球性白血病

    しかしながら、「骨髄腫瘍細胞が浸潤し、末梢血中にも腫瘍細胞が認められる」病態は、臨床症状も含め 急性白血病 としてふるまうため、この病名は使用されている。[ja.wikipedia.org] 悪性リンパ腫は白血球の1種リンパ球が悪性腫瘍化してリンパ組織での腫瘍的異常増加をきたす疾患だが、リンパ系白血球が腫瘍化した細胞骨髄で増加するリンパ系白血病の細胞と悪性リンパ腫の細胞に免疫学的形質や遺伝子異常に本質的な差はないとされている。[ja.wikipedia.org] 概要 [ 編集 ] リンパ球 系の細胞腫瘍化 し、 分化 ・ 成熟 能を失う 疾患 でのうち、骨髄腫瘍細胞が浸潤し、末梢血中にも腫瘍細胞が認められるものが急性リンパ性白血病と呼ばれる。ただし急性リンパ性白血病でも腫瘤を形成することがある一方、 悪性リンパ腫 でも白血化という末梢血へのリンパ腫細胞の出現が認められることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 神経芽細胞腫

    神経堤細胞に由来する悪性腫瘍で、主に副腎髄質や交感神経幹から発生する。副腎から発生する腫瘤として発見される。転移先として肝臓、骨、骨髄が多い。 乳幼児に多く発見される。[ja.wikipedia.org]

  • 造血幹細胞移植

    多くの抗がん剤において、規定因子は骨髄抑制である。造血幹細胞移植とは抗腫瘍効果を高めるため骨髄のMTDを超えた大量の抗がん剤、全身放射線照射を用いた強力な治療を(移植前処置)を行って、患者骨髄とともに悪性腫瘍の壊滅を行い、その後 造血幹細胞 を輸注することで、造血能を補うという治療法である。[ja.wikipedia.org] 悪性リンパ腫は白血球の1種リンパ球が悪性腫瘍化してリンパ組織での腫瘍的異常増加をきたす疾患だが、リンパ系白血球が腫瘍化した細胞骨髄で増加するリンパ系白血病の細胞と悪性リンパ腫の細胞に免疫学的形質や遺伝子異常に本質的な差はないとされている。[ja.wikipedia.org] 細胞の増殖・生存能が亢進する変異はクラスI変異と呼ばれ、細胞の増殖や生存に関わるシグナル伝達の活性化-増殖亢進、細胞寿命の亢進などが起き、これが前面に立つと骨髄増殖性腫瘍様の自律的増殖能を亢進する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状