Create issue ticket

考えれる13県の原因 腕跛行

  • 鎖骨下動脈盗血症候群

    ひとつは跛行を使うと腕がだるくなるという症状です。具体的には頭を洗っていると左手だけだるくなってしまったり、買い物袋を持っていると左手がだるくなるといった症状が現れます。 ふたつめは盗血症候群と呼ばれる症状です。腕から首の後ろにつながる血管の血流が悪くなると左手を使うときにふらついたり、目の前が暗くなったりといった症状が起こります。[e-oishasan.net]

  • 頸部脊椎症

    ヒトの神経には、脳からの命令を手足に伝える役目を担っている運動神経と、手足や体の各部からの知覚情報(熱い・痛いなどの感覚)を脳に伝える知覚神経があります。 これらの神経は人体の中心部では背骨の中の空間(脊柱管とよばれます)に保護されるような形で存在しています(図1)。 この部分の神経は脊髄と名付けられています。 頸部の脊髄からは手や肩に向かう神経が枝分かれしており、神経根と呼ばれています。 各神経根は比較的狭い骨の間隙(椎間孔と呼ばれます)を通って手や肩に向かっています(図2)。 一側の上肢の特定の部分に「しびれ」や鈍痛が出現します。[…][heiseihp.com]

  • 動脈硬化症

    歩いている最中に、脚の筋肉への酸素供給が不足するために脚に筋けいれん(間欠性跛行— 末梢動脈疾患: 脚やの動脈 を参照)が生じることもあります。片側または両側の腎臓に血液を供給する動脈が狭窄すると、腎不全または危険な高血圧が起こります。 心臓に血液を供給する動脈(冠動脈)が閉塞すると、心臓発作が起こります。[web.archive.org]

  • 冠動脈造影

    脚やへの血流が途絶えると、急速に感覚の消失や麻痺が起こります。 間欠性跛行(かんけつせいはこう)は末梢動脈疾患の最も一般的な症状で、脚の動脈が徐々に狭くなるために起こります。うずくような痛み、筋けいれん、脚の筋肉の疲労感がみられます。間欠性跛行は運動中に定期的に起こることが予測でき、休息すればすぐに軽減します。[gifu.heart-center.or.jp] 治療 治療は以下のような目的で行われます: 疾患の進行を防止する 心臓発作や脳卒中のリスク、または広範囲のアテローム動脈硬化による死亡のリスクを低下させる や脚の切断を回避する 間欠性跛行などの症状を軽減して生活の質を改善する 治療法には、跛行を軽減する薬や血栓を溶かす薬などの薬物治療、閉塞している血管を風船やステント(網で出来た筒)で拡[gifu.heart-center.or.jp]

  • 高安動脈炎

    発症年齢が40歳以前 四肢の跛行 動脈の拍動減弱 上腕血圧の左右差( 10mmHg) 鎖骨下動脈や大動脈弓部分の血管雑音 大動脈やその分枝、四肢の大型動脈に血管造影上の狭窄や閉塞の所見 わが国では、厚生労働省難治性血管炎に関する調査研究班・大型血管炎臨床分科会において、高安動脈炎診断基準(2017年版)を作成している( 図表 )。[clinicalsup.jp] を栄養する血管が細くなると、の血流が不足し、特にを使った際の痛みが強くなる間欠性跛行と呼ばれる症状が見られます。足にも同様の症状を来すことがあります。首の血管が侵されると、脳に行く血流が減るため、最悪の場合はそう梗塞を起こすということもあり得ます。俗に脈なし病ともよばれ、腕の脈が触れにくくなることがあります。[hospital.luke.ac.jp] 患者には,四肢の間(両側の肢の間または同じ側のと下肢の間)に非対称性の脈もしくは血圧測定値の不一致,四肢の跛行,脳灌流量の減少による症状(例,一過性視覚障害,一過性脳虚血発作,脳卒中),および高血圧もしくはその合併症がみられることがある。診断は,大動脈造影または磁気共鳴血管造影による。[msdmanuals.com]

  • 肋骨腫瘍

    【症状】 初期症状は, 「しこりが触知される」 のみが多いです.しかし進行すると,跛行や呼吸促迫などが認められる場合もあります.跛行は腫瘍が神経叢への浸潤,呼吸促迫は腫瘍の肺浸潤や胸水貯留などが原因となっていることがあり,非常に進行した状態ともいえます.[chibaseaside.com]

  • 大動脈弓症候群

    発症年齢が40歳以前 四肢の跛行 動脈の拍動減弱 上腕血圧の左右差( 10mmHg) 鎖骨下動脈や大動脈弓部分の血管雑音 大動脈やその分枝、四肢の大型動脈に血管造影上の狭窄や閉塞の所見 わが国では、厚生労働省難治性血管炎に関する調査研究班・大型血管炎臨床分科会において、高安動脈炎診断基準(2017年版)を作成している( 図表 )。[clinicalsup.jp] 患者には,四肢の間(両側の肢の間または同じ側のと下肢の間)に非対称性の脈もしくは血圧測定値の不一致,四肢の跛行,脳灌流量の減少による症状(例,一過性視覚障害,一過性脳虚血発作,脳卒中),および高血圧もしくはその合併症がみられることがある。診断は,大動脈造影または磁気共鳴血管造影による。[msdmanuals.com]

  • 巨細胞性動脈炎

    を栄養する血管が細くなると、の血流が不足し、特にを使った際の痛みが強くなる間欠性跛行と呼ばれる症状が見られます。 どのように診断をするの? 血液検査や画像検査などを組み合せて行います。エコーの検査によって、特徴的な所見が側頭動脈や顔面動脈、腋下動脈にみられることがあります。確定診断は側頭動脈の生検によって行います。[hospital.luke.ac.jp]

  • 上腕橈骨癒合症

    脊椎外科で取り扱う症状 腰痛、脚のしびれ痛み、歩行障害(間欠跛行)、、手のしびれ、頸椎の痛み、手の使いづらさ 脊椎外科で取り扱う疾患 頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、脊椎変形、脊椎圧迫骨折、骨粗しょう症性椎体骨折、脊椎外傷、脊椎損傷、腫瘍、関節リウマチ[kkr.hiratsuka.kanagawa.jp]

  • 先天性頸椎脊椎管狭窄症

    ・ 背骨の変形 ・ や脚、体幹の腫瘤 ・ 四肢の神経痛(坐骨神経痛など) ・ 間歇性跛行:歩いていると脚(あし)がしびれてきたり、 痛くなったり、力が入らなくなって歩けなくなる。 しゃがみ込んでしばらく休んでいると歩けるようになる。[kochi-ms.ac.jp]

さらなる症状