Create issue ticket

考えれる5県の原因 腓腹神経浮腫

  • ニューロパチー

    の幅が6 mm以上で あると診断がより確実) ④神経生検所見で,顕著な神経周膜下浮腫を認めるが,炎症細胞浸潤や血管炎,onion bulb形成を欠き,ときほぐし線維でparanodal demyelinationを呈する ⑤免疫グロブリン大量静注療法に抵抗性で副腎皮質ステロイド薬に反応する 診断区分 1) 臨床的に確実(Clinically[neuro.med.kyushu-u.ac.jp] […] index*が0.25以下 ・抗NF155抗体が陽性の症例 ・暫定診断基準の主項目①②および髄液蛋白 100 mg/dl以上を満たす症例 診断を支持する参考所見 ①IgG4抗NF155抗体が陽性または他のIgGサブクラスより優位 ②手指振戦,失調,深部感覚障害を伴う ③MRI neurographyで神経根・近位部末梢神経の対称性肥厚(参考値:神経[neuro.med.kyushu-u.ac.jp]

  • 異常感覚性大腿痛

    《続きを見る》 52 ethanol 49 一過性反回神経麻痺、一過性局所疼痛、下痢症状、下腿領域こわばり、下腿領域浮腫、下腿領域発赤、下顎部疼痛、光アレルギー反応、刺激反応、反回神経麻痺、右胸水貯留、呼吸促拍、嗄声、嘔気、嚢胞内壁在結節出現、嚢胞内壁在結節増大、壊死部感染、多臓器不全、完全対麻痺、局所疼痛、排尿感覚鈍麻、接触皮膚炎[selimic.imic.or.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    神経生検ではマクロファージによる髄鞘の貪食像、オニオンバルブの形成、脱髄・再髄鞘化の所見、神経内鞘の浮腫、神経内鞘への単核球浸潤、神経鞘間の所見の差異などを神経生検におけるCIDPの診断を支持する所見として上げられている。神経生検はCIDP以外の疾患の鑑別に有用な場合があり非典型例には施工する価値があるとされている。[ja.wikipedia.org]

  • 重鎖病

    神経生検 [ 編集 ] 神経生検ではマクロファージによる髄鞘の貪食像、オニオンバルブの形成、脱髄・再髄鞘化の所見、神経内鞘の浮腫、神経内鞘への単核球浸潤、神経鞘間の所見の差異などを神経生検におけるCIDPの診断を支持する所見として上げられている。[ja.wikipedia.org]

  • 腸生検

    浮腫が高頻度に観察され,間接的に炎症の存在を示唆する. b.神経生検が適応となる疾患 末梢神経生検が診断的に大きな価値を有し,常にその適応を念頭におくべき疾患は以下のとおりである. ⅰ)血管炎に伴う虚血性ニューロパチー 各種膠原病に伴う血管炎では小動脈が病変の主座となる.この大きさの動脈は末梢神経幹にとっては終動脈であるため,炎症によって[kotobank.jp] であれば髄鞘の菲薄な線維やオニオンバルブ(onion bulb)形成がそれぞれ主体となる病的変化となる.慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy:CIDP)などの炎症性ニューロパチーでは,神経内鞘への細胞浸潤がみられることがある.また,神経内鞘[kotobank.jp]

さらなる症状