Create issue ticket

考えれる6県の原因 腎臓移植のない早期死

  • 肺発育不全と形成異常

    腎臓透析や腎移植により治療されれば成人期まで生存するタイプもあり,連続した症候群となっている.しかし,重症度や症状の発症年齢によって生存を確実に予測することはできない.比較的重度の早期発症型でも,20歳以降も生存する患者が少数いる[Lou et al 2002, Lu cke et al 2004].[grj.umin.jp] 臨床経過および転帰 シムケ免疫性骨形成不全の重症度はさまざまであり,生後数年で死に至る胎児発症の発育遅滞から,成人期まで生存する緩徐進行型まで幅広い.典型的には,シムケ免疫性骨形成不全は乳児発症の重症早期発症型と若年発症の軽度後期発症型に分かれる.シムケ免疫性骨形成不全には重篤な症状から生後すぐにに至る早期発症型もあれば,症状が軽度で,末期腎不全[grj.umin.jp]

  • 大腿骨発育不全 - 大腿骨形成不全

    腎臓透析や腎移植により治療されれば成人期まで生存するタイプもあり,連続した症候群となっている.しかし,重症度や症状の発症年齢によって生存を確実に予測することはできない.比較的重度の早期発症型でも,20歳以降も生存する患者が少数いる[Lou et al 2002, Lu cke et al 2004].[grj.umin.jp] 臨床経過および転帰 シムケ免疫性骨形成不全の重症度はさまざまであり,生後数年で死に至る胎児発症の発育遅滞から,成人期まで生存する緩徐進行型まで幅広い.典型的には,シムケ免疫性骨形成不全は乳児発症の重症早期発症型と若年発症の軽度後期発症型に分かれる.シムケ免疫性骨形成不全には重篤な症状から生後すぐにに至る早期発症型もあれば,症状が軽度で,末期腎不全[grj.umin.jp]

  • 先天性皮膚形成不全

    腎臓透析や腎移植により治療されれば成人期まで生存するタイプもあり,連続した症候群となっている.しかし,重症度や症状の発症年齢によって生存を確実に予測することはできない.比較的重度の早期発症型でも,20歳以降も生存する患者が少数いる[Lou et al 2002, Lu cke et al 2004].[grj.umin.jp] 臨床経過および転帰 シムケ免疫性骨形成不全の重症度はさまざまであり,生後数年で死に至る胎児発症の発育遅滞から,成人期まで生存する緩徐進行型まで幅広い.典型的には,シムケ免疫性骨形成不全は乳児発症の重症早期発症型と若年発症の軽度後期発症型に分かれる.シムケ免疫性骨形成不全には重篤な症状から生後すぐにに至る早期発症型もあれば,症状が軽度で,末期腎不全[grj.umin.jp]

  • 骨幹端再発異形成

    腎臓透析や腎移植により治療されれば成人期まで生存するタイプもあり,連続した症候群となっている.しかし,重症度や症状の発症年齢によって生存を確実に予測することはできない.比較的重度の早期発症型でも,20歳以降も生存する患者が少数いる[Lou et al 2002, Lu cke et al 2004].[grj.umin.jp] 臨床経過および転帰 シムケ免疫性骨形成不全の重症度はさまざまであり,生後数年で死に至る胎児発症の発育遅滞から,成人期まで生存する緩徐進行型まで幅広い.典型的には,シムケ免疫性骨形成不全は乳児発症の重症早期発症型と若年発症の軽度後期発症型に分かれる.シムケ免疫性骨形成不全には重篤な症状から生後すぐにに至る早期発症型もあれば,症状が軽度で,末期腎不全[grj.umin.jp]

  • 四肢先端中部異形成

    腎臓透析や腎移植により治療されれば成人期まで生存するタイプもあり,連続した症候群となっている.しかし,重症度や症状の発症年齢によって生存を確実に予測することはできない.比較的重度の早期発症型でも,20歳以降も生存する患者が少数いる[Lou et al 2002, Lu cke et al 2004].[grj.umin.jp] 臨床経過および転帰 シムケ免疫性骨形成不全の重症度はさまざまであり,生後数年で死に至る胎児発症の発育遅滞から,成人期まで生存する緩徐進行型まで幅広い.典型的には,シムケ免疫性骨形成不全は乳児発症の重症早期発症型と若年発症の軽度後期発症型に分かれる.シムケ免疫性骨形成不全には重篤な症状から生後すぐにに至る早期発症型もあれば,症状が軽度で,末期腎不全[grj.umin.jp]

  • 免疫骨形成異常

    腎臓透析や腎移植により治療されれば成人期まで生存するタイプもあり,連続した症候群となっている.しかし,重症度や症状の発症年齢によって生存を確実に予測することはできない.比較的重度の早期発症型でも,20歳以降も生存する患者が少数いる[Lou et al 2002, Lu cke et al 2004].[grj.umin.jp] 臨床経過および転帰 シムケ免疫性骨形成不全の重症度はさまざまであり,生後数年で死に至る胎児発症の発育遅滞から,成人期まで生存する緩徐進行型まで幅広い.典型的には,シムケ免疫性骨形成不全は乳児発症の重症早期発症型と若年発症の軽度後期発症型に分かれる.シムケ免疫性骨形成不全には重篤な症状から生後すぐにに至る早期発症型もあれば,症状が軽度で,末期腎不全[grj.umin.jp]

さらなる症状