Create issue ticket

考えれる1,329県の原因 腎臓異常

  • 尿路疾患

    腎・尿路疾患の多くは自覚症状や検査値に異常が現れにくいため,腎臓は“沈黙の臓器”と呼ばれ,疾患の発見が遅れる傾向にある。したがって,腎・尿路疾患の早期診断と的確な治療の選択が望まれている。[igaku-shoin.co.jp] 膀胱の役割は、腎臓で作られ、尿管から運ばれてきた尿を溜め、排出することです。尿道は尿を体外に導く通路です。 尿路の異常 腫瘍と結石は構成臓器に共通 尿路を構成する臓器のうち、腎臓の代表的な異常腎臓そのものの機能が悪くなることです。つまり、腎不全になるということです。このほか、腫瘍、尿路感染、結石といった病気に大別できます。[allabout.co.jp] 腎臓または泌尿器の異常が疑われる症状としては、わき腹(側腹部)の痛み、足や脚のむくみ、排尿の問題などが挙げられます。 失禁 は、排尿をコントロールできない状態のことで、様々な原因で発生します( 成人の尿失禁 )。 Last full review/revision March 2013 by Anuja P. Shah, MD[msdmanuals.com]

  • 尿路感染症

    また痛みを伴わない超音波検査(エコー)で腎臓や尿路を観察することは、明らかな腎臓・尿路異常の発見のためにとても便利な方法です。 (2008.4.4)[niigatashi-ishikai.or.jp] しかし、年少の乳児や小児が尿路感染症を発症する場合は、泌尿器系に構造的異常があるために発症しやすくなっていることがよくあります。その異常としては、膀胱尿管逆流(腎臓と膀胱を結ぶ管[尿管]の異常により尿が膀胱から腎臓に逆流する)や、尿の流れを妨げるいくつかの状態が挙げられます。[msdmanuals.com] ②特に上部尿路感染症を繰り返した場合は尿の流れ方が異常がないか検査を受けておきましょう。 排尿するときに膀胱から尿が腎臓の方向に逆流していることがあります(膀胱尿管逆流現象)。また、腎臓や尿管に奇形が見られることがあるのです。このような場合には尿路感染症を繰り返すことが多いのです。[senoopc.jp]

  • 慢性腎臓病

    慢性腎臓病(CKD)の原因は? 生活習慣病 高血圧 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 肥満 メタボリックシンドローム その他の原因 高齢・CKD家族歴・過去の検診における尿異常・腎機能異常・腎形態異常 薬剤(非ステロイド系消炎鎮痛剤)の常用 ・急性腎不全の既往・膠原病・感染症・尿路結石など 慢性腎臓病(CKD)を予防しよう![city.seki.lg.jp] 慢性腎臓病(CKD)の原因として最も多いのは 糖尿病と高血圧 です。 脂質異常症,過度の飲酒,運動不足,喫煙なども慢性腎臓病(CKD)を悪化させます。かかりつけ医の指導を受けながら生活習慣の改善が必要です。[city.fukuoka.lg.jp] 慢性腎臓病(CKD)とは、さまざまな種類がある腎臓病の総称です。腎臓の働きが健康な人の60%未満に低下するか、もしくはたんぱく尿が出るなどの腎臓異常が続く状態をさします。腎機能が正常の60%未満に落ちると下表のような症状が出始め、進行性の腎機能低下があると考えられます。[seieig.or.jp]

  • 急性胃腸炎

    【治療】 病院ではこのような話を聞いて特徴的な症状がみられたら,膵炎を疑って緊急治療と診断をすすめて行く.X線検査で十二指腸と膵臓の部分の異常を調べ,血液検査,血液化学検査で確認する.とくにアミラーゼとリパーゼという項目は膵臓の検査としては重要であるが,必ず腎臓の検査や肝臓の検査と一緒に評価する必要があるので,多項目の検査となる.この間食事[jbvp.org]

  • 膀胱炎

    超音波検査(エコー) : 必要に応じて腎臓、膀胱に異常がないか確認します。膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。[sakuraclinic-musako.jp] 超音波検査(エコー): 必要に応じて腎臓、膀胱に異常がないか確認します。 膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。 治療は? 抗生物質内服3 5日間。注射は必要ありません。 通常1 2日間で症状はよくなり、3 5日間の治療で治癒します。[knuc.jp] 単純性膀胱炎は構造的・機能的に異常がなく、 妊娠やその他の疾患(糖尿病や慢性腎臓病、易感染状態など)を認めない場合の膀胱炎で、 複雑性膀胱炎とはそのような他の疾患等のリスクを合併している場合をいいます。 単純性膀胱炎の場合は自然治癒も望めると言えるでしょう。[omori-ajc.com]

  • 腎機能障害

    -自覚症状から探る薬の副作用- 高橋隆一著(第一メディカル)より引用 腎障害 腎機能異常 腎臓は、体内に生じた各種代謝産物などの排泄、各種毒性物質やそれら解毒産物の排泄、水および電解質の調節による体内環境の恒常性維持などの重要な機能を営んでいる。これらの機能が障害された状態をいう。 軽度の場合には、無症状。[haart-support.jp] ( 2011年3月 ) 腎機能障害 (じんきのうしょうがい)とは、 腎臓 に疾病・外傷等で何らかの異常が生じ、腎臓としての機能に障害が出た状態を言う。[ja.wikipedia.org] そこで登場してきたのがCKD(慢性腎臓病)という新たな概念です.具体的には、CKD(慢性腎臓病)とは、腎臓の働き(GFR)が健常人の60%以下に低下(GFRが60m /分/1.73 未満)、あるいはタンパク尿が出るといった腎臓異常が続く状態を表すもので、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、メタボリックシンドローム、腎臓病、腎臓病の家族歴などが危険因子[doh-racenter.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    ビタミンDの作用不足 常染色体劣性遺伝により、 ビタミンD依存症I型(1α水酸化酵素欠損):腎臓での活性型ビタミンDの産生に異常のある型 ビタミンD依存症II型(ビタミンD受容体機構異常症):活性型ビタミンDに対する標的器官の反応が悪い型[ビタミンD受容体遺伝子(VDR)の不活性型変異] Ⅱ型は、世界で約50例の報告があるのみです 食品から[nagasaki-clinic.com] ビタミンDの毒性で異常に高い血清カルシウム濃度(高カルシウム血症)になることがあり、これは長期間治療しないでいると骨量減少、腎臓結石、および心臓や腎臓といった臓器の石灰化に至る可能性がある。高カルシウム血症は、日に50,000 IU超のビタミンDを摂取した後に見られる (232) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • 膣炎

    腎臓や体のどこかに異常があると、尿の成分や性質、量などに影響が出ます。 体の異常を知らせるサインを調べるのが尿検査です。[okazakinaika.jp] 腎臓になんらかの問題があると、尿が非常に濃くなったり薄くなったりします。この比重を測って腎臓異常の有無を調べることができます。 尿比重が高い値の場合、糖やタンパクが漏れ出していると考えられます。疑われる病気は、糖尿病、心不全、ネフローゼ症候群などです。 尿比重が低い値の場合、腎臓の尿濃縮力が低下する慢性腎炎や尿崩症が疑われます。[okazakinaika.jp] ただし、腎臓や尿路系にとくに異常がなくても、発熱時や立ちっぱなしでいるとき、運動のあと、精神的ショックや疲れなどで一時的に陽性になることがあります。 再検査をしても異常値が出る場合は、腎炎、ネフローゼ症候群、腎硬化症(じんこうかしょう)、糖尿病、膠原病(こうげんびょう)などが疑われます。[okazakinaika.jp]

  • 急性膀胱炎

    超音波検査(エコー): 必要に応じて腎臓、膀胱に異常がないか確認します。 膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。 治療は? 抗生物質内服3 5日間。注射は必要ありません。 通常1 2日間で症状はよくなり、3 5日間の治療で治癒します。[knuc.jp] 超音波検査(エコー) : 必要に応じて腎臓、膀胱に異常がないか確認します。膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。[sakuraclinic-musako.jp]

  • 慢性腎不全

    腎臓はこの多数のネフロンと血管系とこれらを支える間質で形成されています。 腎臓の何らかの異常が進行していくと、ヒトの体全体、特に体液を一定に保つこと(恒常性)が維持できなくなり、腎不全から尿毒症に進行して透析療法が必要になります。[zenjinkai-group.jp] 慢性糸球体腎炎にも多くの種類があり、多くは免疫の異常で、自分の糸球体の構造が破壊され、それを契機に徐々に腎臓の働きが悪化していく。つまり他の病気が原因で腎臓異常が生ずるのではなく、糸球体にまず異常が発生するのがこの病気の特徴。[rpm.or.jp] これらは腎臓の細い血管に直接損傷を与える病態です。慢性腎不全の原因としては、このほかにも尿路閉塞、腎臓異常(多発性嚢胞腎や糸球体腎炎など)、抗体によって腎臓の微細な血管(糸球体)や細い管(尿細管)に損傷が生じる自己免疫疾患(全身性エリテマトーデスなど)が挙げられます。[shoyohkai.or.jp]

さらなる症状

類似した症状