Create issue ticket

考えれる12県の原因 腎細胞癌

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    細胞 一般人口集団と比較して,ADPKD患者における細胞の頻度は特に高くはない.しかしADPKD患者に細胞を生じた場合には,若年で発症する,頻繁な全身症状を示す,肉腫様腫瘍,両側性腫瘍,多発性腫瘍,転移性腫瘍が多いといった特徴がみられる.男性ADPKD患者は女性患者に比べて細胞を生じにくい.[grj.umin.jp] 結節性硬化症 結節性硬化症は常染色体優性遺伝性疾患で,しばしばの血管筋脂肪腫,嚢胞,さらに低頻度ではあるが細胞を伴う.嚢胞と腎血管筋脂肪腫の両者の存在は結節性硬化症の診断根拠となる.しかしながら,特に出生1年以内では,腎嚢胞は血管筋細胞腫を伴わずに発症することもある.こうした例では画像所見はADPKDに類似する.[grj.umin.jp] フォンヒッペル・リンドウ病 フォンヒッペル・リンドウ病は常染色体優性遺伝性疾患で,網膜や中枢神経の血管芽腫,嚢胞,細胞,膵嚢胞,褐色細胞腫,精巣上体の乳頭嚢胞腺腫を生じる.嚢胞は通常多発性,両側性でしばしば多発性の充実性腫瘍を合併する.充実性腫瘍を伴わない場合は本症の腎臓はADPKDのそれに似ている.[grj.umin.jp]

  • 尿道狭窄症

    前立腺、膀胱細胞、前立腺肥大症、尿路結石症、間質性膀胱炎、腹圧性尿失禁、骨盤臓器脱、男子性機能障害が泌尿器科の主要な疾患として挙げられる。心因性尿閉やParuresisなど原因が解明されていない泌尿器の障害もある。[ja.wikipedia.org] 腫瘍性疾患 細胞 腎盂癌 血管筋脂肪腫 腎嚢胞 その他の疾患 腎盂腎炎 腎盂尿管移行部狭窄症 水腎症 尿管腫瘍 尿管狭窄 膀胱尿管逆流症 膀胱炎 急性膀胱炎 慢性膀胱炎 非細菌性慢性膀胱炎 間質性膀胱炎 増殖性膀胱炎 膀胱癌 非浸潤性尿路上皮癌 浸潤性尿路上皮癌 尿膜管癌 良性膀胱腫瘍 内反性乳頭腫 前立腺肥大症 前立腺癌 前立腺炎[ja.wikipedia.org]

  • 腎細胞癌

    広義には、これらに加えて集合管 (collecting duct carcinoma) 集合管上皮細胞ががん化したものを含む。 細胞は男性5.6/100,000人、女性4.1/100,000人の確率で見られる。20歳までに見られることは稀で、小児科腫瘍では2%を占めるのみである。40歳以降、特に60代から70代にかけて好発する。[ja.wikipedia.org] 好酸性顆粒状細胞(ミトコンドリアの多い細胞)から成る。染色体・遺伝子異常の現れ方は淡明細胞型と変わりがない。UICCワークショップ細胞分類においては、両者を区別する必要がないとして「顆粒細胞型」という分類の廃止を勧告している。 色素嫌性型 (chromophobe) 嚢胞随伴性予後は良好。[ja.wikipedia.org] 細胞(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 血管芽腫

    […] type2A:褐色細胞腫と血管芽腫を生じるが、細胞を伴わないもの。 type2B:褐色細胞腫、細胞、血管芽腫のいずれも伴うもの。 type2C:褐色細胞腫のみ。[ja.wikipedia.org] 脳腫瘍のうちの発生頻度は1.7%で珍しい腫瘍です 発生部位は小脳が主で,たまに延髄や脊髄にもできます 発症年齢は10 50歳代ですが,成人に多い腫瘍です たいていは1つだけ小脳にできます 小脳や脊髄,脳幹部の血管芽腫に,網膜の血管芽腫,嚢腫や細胞,膵嚢腫,副睾丸嚢腫などのいくつかが合併すればフォン・ヒッペル・リンドウ病と呼ばれる遺伝性疾患[plaza.umin.ac.jp] フォン・ヒッペル・リンドウ病は中枢神経系や網膜の血管芽腫のほか、細胞(主として明細胞)、褐色細胞腫、精巣上体嚢胞、多発性嚢胞、膵嚢胞、膵内分泌腫瘍、内耳内リンパ嚢胞腺腫等を生じうる。 この疾患の責任遺伝子は第3染色体の3p35-26領域にあるVHL遺伝子である。[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄増殖性疾患

    6月 ストーリー / 2019年 6月 13日 先駆的なビジネスアプローチで、インドの村の医療を拡充 ヘルシーファミリープログラムで、健康に関する教育と、医師や医薬品へのアクセス改善を同時に実現する さらに詳しく 報道関係者向けお知らせ / 2019年 6月 11日 ノバルティスが新規吸入配合剤治療(QVM149)における第II相臨床試験結果から、標準治療の吸入療法に対し有意に改善した結果を発表 さらに詳しく 報道関係者向けお知らせ / 2019年 6月 10日 ノバルティス、重症スギ花粉症患者におけるオマリズマブの効果と安全性、QOLおよび労働生産性についての結果を発表 さらに詳しく 5月[…][novartis.co.jp]

  • 悪性血管内皮腫

    篩骨洞 蝶型骨洞 甲状腺 腎臓がん 肺癌 骨肉腫 - 骨など ユーイング肉腫 軟骨肉腫 前立腺 精巣腫瘍(睾丸がん) 細胞 - 腎臓 膀胱癌 横紋筋肉腫 - 筋肉(骨格筋) 皮膚癌(「ほくろ」と形成異常母斑を含む) 肛門癌 「がん」は幼い子供にも発生し、場合によっては新生児にも発生する。[ja.wikipedia.org] 子宮体がん - 子宮 子宮頚がん 卵巣がん 食道癌 胃癌 虫垂癌 大腸癌 - 大腸、直腸、肛門およびその付随組織 肝癌 肝細胞癌 - 肝臓 胆嚢癌 胆管癌 膵臓がん(膵がん) 副腎癌 消化管間質腫瘍(GIST) 中皮腫 - 胸膜、腹膜、心膜など 頭頚部癌 喉頭癌 口腔癌 口腔底癌 歯肉癌 舌癌 頬粘膜癌 唾液腺癌 副鼻腔癌 上顎洞癌 前頭洞[ja.wikipedia.org]

  • 間質性膀胱炎

    前立腺、膀胱細胞、前立腺肥大症、尿路結石症、間質性膀胱炎、腹圧性尿失禁、骨盤臓器脱、男子性機能障害が泌尿器科の主要な疾患として挙げられる。心因性尿閉やParuresisなど原因が解明されていない泌尿器の障害もある。[ja.wikipedia.org] 腫瘍性疾患 細胞 腎盂癌 血管筋脂肪腫 腎嚢胞 その他の疾患 腎盂腎炎 腎盂尿管移行部狭窄症 水腎症 尿管腫瘍 尿管狭窄 膀胱尿管逆流症 膀胱炎 急性膀胱炎 慢性膀胱炎 非細菌性慢性膀胱炎 間質性膀胱炎 増殖性膀胱炎 膀胱癌 非浸潤性尿路上皮癌 浸潤性尿路上皮癌 尿膜管癌 良性膀胱腫瘍 内反性乳頭腫 前立腺肥大症 前立腺癌 前立腺炎[ja.wikipedia.org]

  • 真性多血症

    真性多血症(しんせいたけつしょう:英名 Polycythemia vera)とは骨髄増殖性腫瘍(MPN)のひとつで、造血幹細胞の後天的な遺伝子異常がもたらす増殖によって血液中の赤血球数および循環血液量の絶対的増加をきたす疾患であり、また白血球や血小板も増加し全血球が増加していることが多い。PVと略称され、「赤血病」とも通称される。 vera はラテン語 verus trueの女性/単数/主格。[…][ja.wikipedia.org]

  • 排尿障害

    内因的な原因として、椎間板ヘルニアやの骨転移で起こることもある。骨転移しやすいは左右対称性の臓器であることが多く、甲状腺、乳癌、肺癌、細胞、前立腺癌で多い。但し前立腺がんは骨硬化性の転移をすることが多く脊髄損傷の頻度は高くない。これらはCTなど画像診断で診断される。[ja.wikipedia.org]

  • 多血症

    、肝癌ではエリスロポエチン産出細胞の腫瘍的増加がみられることがある。また、子宮筋腫でも多血症が見られることがあるが、子宮の腫瘍化した平滑筋組織はエリスロポエチンもしくはそれに類似した物質を産出している可能性が指摘されている。[ja.wikipedia.org] 非酸素欠乏性の多血症 [ 編集 ] 前項で上げた低酸素症による赤血球増加は、エリスロポエチン産出細胞・腎組織そのものは正常であり、低酸素状態に対してエリスロポエチン産出細胞が正常に反応してエリスロポエチン産出を増加されることが原因であるが、エリスロポエチン産出細胞あるいは組織に異常があって(低酸素状態でもないのに)エリスロポエチン産出が亢進[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状