Create issue ticket

考えれる34県の原因 腎盂腎炎

  • 尿路感染症

    結石性腎盂、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 急性腎盂 急性巣状細菌性腎炎 下部尿路感染症とは、膀胱以下の尿路の感染症である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿路感染症が頻度が高く、重要である。年齢層によって起炎菌となる細菌は異なってくる。[ja.wikipedia.org]

  • 虫垂炎

    消化器系 腸、大腸憩室、便秘、腸閉塞 生殖器系 卵巣、卵管 循環器系 大動脈解離 泌尿器系 腎盂 呼吸器系 肺炎 ほか 子宮内膜症 炎症が軽度であれば絶食・輸液管理を行い、セフェム系抗菌薬投与を行うことで快復することも多い。[ja.wikipedia.org]

  • 水腎症

    泌尿器尿流の停滞に伴い、尿路感染症が生じ腎盂を併発した場合には高熱が生じる。 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(大動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006 水腎症について(東京女子医科大学病院 泌尿器科)[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。 多くは細菌感染症である。原因となる細菌がはっきりしていれば、感受性や薬剤の組織移行性を考え処方を行う。[ja.wikipedia.org]

  • 腎盂腎炎

    よく知られた経験則に「発熱が認められれば、腎盂のような上部尿路疾患であり、認められなければ、膀胱炎のような下部尿路疾患である」というものがある。発熱が認められない場合、基本的には下部尿路疾患を疑うが、感染が上行してきて腎盂になる場合もあるので、注意して経過観察をする必要がある。 腎盂の半数は腰痛、腹痛を伴わない。[ja.wikipedia.org] その尿は杯から腎盂に集められ、尿管、膀胱を経て尿道から体外に排泄されます。 「腎盂」は、腎盂杯、さらに腎臓の髄質が細菌によって炎症を起こしている状態をいいます。 原因はなんでしょうか? 「腎盂」は細菌による感染症ですが、本来、健康な人は膀胱から尿管、腎盂には細菌は存在しません。[med.or.jp] CTなどの画像診断によって水腎症が著明である場合は、緊急処置として瘻造設(経皮的に腎盂を穿刺して排膿)を行う事がある。 慢性腎盂に対してはST合剤などの内服療法がおこなわれるが、再燃・再発を来しやすく、長期的な経過で間質性から不全に至ることがある。 消化器症状が強い場合は内服不可能であるため入院が必要となる。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    尿路感染,嚢胞感染 過去においてはADPKD患者における尿路感染症の頻度は過大評価されていた.これは無菌性膿尿が頻繁に起こるためである.一般人口集団と同様,男性患者に比べて女性患者のほうが尿路感染症の頻度は高く,起菌はたいていの場合大腸菌や他の腸内細菌である.膀胱からの逆行性感染は腎盂や嚢胞感染を引き起こす.[grj.umin.jp]

  • 胆管炎

    胆管腎盂と並んで血液培養で菌が検出されやすい。血液培養や胆汁培養の結果を参考に修正されることが多い。 またESBL産出菌やAmpC過剰産出菌のカバーが必要な場合は などがよく知られて処方例のひとつである。投与期間はドレナージの成功や菌血症の有無によって変わってくる。[ja.wikipedia.org] B.鑑別疾患 1.臨床的な鑑別疾患:多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管性肉芽腫症、形質細胞腫など 2.画像診断上の鑑別疾患:悪性リンパ腫、癌(尿路上皮癌など)、梗塞、腎盂、多発血管炎性肉芽腫症、サルコイドーシス、癌の転移など 診断のカテゴリー (ただしB.鑑別疾患を鑑別する。)[nanbyou.or.jp]

  • カナマイシン

    骨髄、扁桃、急性気管支、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱腎盂、淋菌感染症、子宮付属器炎、中耳炎、百日咳、肺結核およびその他の結核症 カナマイシンは特にグラム陰性菌である大腸菌(E. coli )、プロテウス属、セラチア属、クレブシエラ属の非耐性菌に抗菌活性を有する。[ja.wikipedia.org] カプセル・シロップ・ドライシロップ 菌種:大腸菌、赤痢菌、腸炎ビブリオ 疾患:感染性腸炎 注射液 菌種:ブドウ球菌属、肺炎球菌、淋菌、結核菌、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、インフルエンザ菌、緑膿菌、百日咳菌 疾患:表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、外傷・熱傷および手術創等の二次感染、乳腺[ja.wikipedia.org]

  • 排尿障害

    排尿障害(はいにょうしょうがい)とは、なんらかの原因で排尿に困難を認めるものである。尿意の回数の過多・過少、排尿開始困難を言う。 蓄尿期300 mLから400 mL尿がたまると尿意を感じる。 尿意を生じてからもある程度我慢ができる。排出期排尿を意図すればいつでも排尿することができる。 排尿に際し特別な努力を要さない。 多尿1日尿量2500 mlのことをいう。[…][ja.wikipedia.org]

  • 倦怠感

さらなる症状

類似した症状