Create issue ticket

考えれる2,643県の原因 腎疾患

  • 尿路疾患

    外来担当医表は こちら 場所 D棟2階 対象疾患 膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、精巣上体炎、腎盂炎、前立腺肥大症、尿道狭窄、尿失禁、神経因性膀胱、過活動膀胱 尿路性器がん(腎・腎盂・尿管・尿路上皮・膀胱・前立腺・腎盂尿管・精巣・陰茎など) 結石、尿管結石、膀胱結石、尿路感染症、尿路性器感染症、後腹膜線維化症、小児泌尿器疾患、EDなど 診療ポイント[ijinkai.or.jp] 内科学 第10版 の解説 閉鎖性・尿路疾患(その他の・尿路疾患) 概念 において生成された尿が尿路を通過し体外に排泄される過程で,尿流を妨げるような閉塞が発生すると,その上流に尿流停滞が起こり,および尿路に形態的,機能的変化が生じる.このような状態を閉塞性・尿路疾患という.尿流停滞は 水症 を引き起こし,尿路感染症,尿路結石形成[kotobank.jp] ・尿路疾患の多くは自覚症状や検査値に異常が現れにくいため,腎臓は“沈黙の臓器”と呼ばれ,疾患の発見が遅れる傾向にある。したがって,・尿路疾患の早期診断と的確な治療の選択が望まれている。[igaku-shoin.co.jp]

  • イレウス

    腹腔内または後腹膜炎症(虫垂炎、憩室炎、穿孔性十二指腸潰瘍など) 後腹膜または腹腔内血腫(例えば腹部大動脈瘤破裂、腰椎圧迫骨折に起因) 代謝障害(低カリウム血症、高カルシウム血症) 薬物性(タクロリムス、オピオイド、抗コリン薬、カルシウム拮抗薬などの副作用) 希に疾患や下位肋骨骨折、下葉肺炎、心筋梗塞など 病院によって以下のように分類される[ja.wikipedia.org]

  • 浮腫

    疾患では静脈圧の上昇が主因となり、間質へ水分が移動する。eg.心不全 肝疾患疾患などによるものの場合には、アルブミンなどの蛋白質を喪失することにより、血液の浸透圧が低下し、間質へ水分が移動することにより浸透圧バランスをとるため、浮腫をきたす。eg.[ja.wikipedia.org] 全身性浮腫には心原性(心不全など)、原性(不全やネフローゼ症候群など)、肝疾患(肝硬変など)、内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)、妊娠中毒症、低栄養(低アルブミン血症やビタミン欠乏症など)、薬物性(非ステロイド性抗炎症薬やステロイド性抗炎症薬)、血管浮腫(局所の場合もある)などが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 糸球体腎炎

    疾患には、腎臓だけ障害される 原発性炎 と、前進疾患の一症状として障害がみられる 続発性炎 に分類されます。原発性疾患の多くは原因がなお不明で、腎臓内で尿を作る糸球体という微小血管に炎症が起きるものです。糸球体の形態を観察し、その病態にあった治療法を検討することが必要になることがあります( 生検 )。[ohta-hp.or.jp] 重篤な糸球体腎炎症候群であり、生命予後、予後ともに不良で維持透析へ移行しない場合も慢性不全としての加療を要することが大半である。疾患の中でも最も予後が悪く、治療にも難渋することが多い。 2.原因 糸球体の特徴的な病理像は、ボウマン腔に形成される半月体(クレッセント)と呼ばれる構造の出現である。[nanbyou.or.jp] 膜性腎症 管内増殖性糸球体腎炎 メサンギウム増殖性糸球体腎炎 膜性増殖性糸球体炎 半月体形成性壊死性糸球体炎 硬化性糸球体炎 原発性 (一次性) 疾患 (IgA症を除く) IgA腎症 ループス腎炎 ANCA関連腎炎 高血圧性腎硬化症 糖尿病性腎症 常染色体優性多発性のう胞腎 腎臓病のひみつ 慢性腎臓病(CKD)ってどんな病気?[lab.toho-u.ac.jp]

  • 慢性腎不全

    平成28年度データ 入院患者数 他疾患の治療のために入院した、血液透析を行なっている慢性不全の患者数が一部含まれています。[ai-hosp.or.jp] 先天性疾患:多発性嚢胞形成不全 尿路閉塞:結石、結核 膠原病:全身性エリテマトーデス 感染:腎盂炎、結核 糸球体疾患:糸球体炎、紫斑性炎 代謝性疾患:糖尿病、痛風 血管性疾患:高血圧、動脈硬化 腫瘍: 尿路系腫瘍 CKDの治療の目的について CKDの治療の目的は、透析が必要な末期不全への進行を遅らせることと、心血管疾患になるのを[nagai-clinic.com] 代謝性疾患: 糖尿病、通風 感染: 腎盂炎、結核 糸球体疾患: 糸球体炎、紫斑性炎 腫瘍: 尿路系腫瘍 先天性疾患: 多発性嚢胞形成不全 尿路閉塞: 結石、結核 血管性疾患: 高血圧、動脈硬化 膠原病: 全身性エリテマトーデス などです。 どのようなことに注意すればよいのでしょうか・・・。[t-pec.co.jp]

  • 腎機能障害

    「糖尿病が症の原疾患であることは長い間認知されているが、今回の研究では、疾患が尿素レベルを高め、2型糖尿病のリスクを上昇させることが示された。機能不全のために血中に尿素が堆積すると、インスリン抵抗性とインスリン分泌不全がしばしば引き起こされる」と、セントルイス・ワシントン大学薬学部准教授のZiyad Al-Aly氏は言う。[dm-rg.net] 慢性疾患(CKD)は、性別、年齢、血清クレアチニン値で計算される推算糸球体濾過量(eGFR) (mL/min/1.73mm2)が60未満または障害の存在があることと定義されます。[jhf.or.jp] 目次 1 主な疾患 1.1 糸球体炎 1.2 腎盂炎 1.3 硬化症 1.4 その他 主な疾患 [ 編集 ] 糸球体炎 [ 編集 ] 急性糸球体腎炎 慢性糸球体腎炎 腎盂炎 [ 編集 ] 急性腎盂腎炎 慢性腎盂腎炎 腎硬化症 [ 編集 ] 良性腎硬化症 悪性腎硬化症 その他 [ 編集 ] ネフローゼ症候群 この項目は、 医学 に関連[ja.wikipedia.org]

  • 腎糸球体疾患

    しかし、年余をかけて炎が進行すると高度蛋白尿、高血圧が認められ最終的には不全になることも多い疾患です(図4)。慢性炎は組織病型により幾つもの種類に分かれ、病型により予後も異なります。特に、IgA症は頻度が高く学校検尿で最もよく発見される慢性炎の代表的疾患です。[glico.co.jp] 妊娠が慢性腎炎に与える影響として,Davisonらは機能を軽度障害群〔血清クレアチニン(Cr) 2.8mg/dl)に分けたところ,中等度以上の機能障害を認める疾患患者では妊娠中に問題が生じ,分娩後も機能の悪化を認めている。[minds.jcqhc.or.jp] 代表的な疾患にIgA症、膜性腎症、膜性増殖性糸球体炎、溶連菌感染後性糸球体炎、微小変化型ネフローゼ症候群、巣状糸球体硬化症などの疾患があります。これらの疾患は病理組織学的な変化により診断されるため、生検が必要です。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 遺伝性腎細胞癌

    太田西ノ内病院 腎臓内科 嚢胞性疾患(cystic renal disease)とは、腎臓に嚢胞ができた状態をいい、生まれつきのもの(先天性)と生後のもの(後天性)に分類されます。一部には、先天性か、後天性か不明のものもあります。嚢胞性疾患は以下の様に分類されます。[ohta-hp.or.jp] ソース: Eur Urol カテゴリ: ・泌尿器疾患 ・ その他 ・ 癌 末期疾患患者の運動、期待する便益と障壁に年齢差 2019/2/25 カナダで血液透析または腹膜透析を受けている末期疾患(ESKD)患者423例を対象に、運動による便益...[m3.com] の関連………加藤 香廉 7-5透析患者の眼検診の検討………米田 龍生 ニュースレター 2005年度日本泌尿器疾患予防医学研究会世話人会議事録 2004年度会計報告 2005年度予算案 会員の現況(2004年12月31日現在) 第15回日本泌尿器疾患予防医学研究会開催のご案内 第15回日本泌尿器疾患予防医学研究会演題募集要項 第14回日本[kuba.co.jp]

  • 粘液水腫

    疾患では静脈圧の上昇が主因となり、間質へ水分が移動する。eg.心不全 肝疾患疾患などによるものの場合には、アルブミンなどの蛋白質を喪失することにより、血液の浸透圧が低下し、間質へ水分が移動することにより浸透圧バランスをとるため、浮腫をきたす。eg.[ja.wikipedia.org] 全身性浮腫には心原性(心不全など)、原性(不全やネフローゼ症候群など)、肝疾患(肝硬変など)、内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)、妊娠中毒症、低栄養(低アルブミン血症やビタミン欠乏症など)、薬物性(非ステロイド性抗炎症薬やステロイド性抗炎症薬)、血管浮腫(局所の場合もある)などが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性腎炎

    移植 適応,術前検査/組織適合検査とその意義/予後 G 疾患の早期発見と対応――尿異常を呈する患児にはどう対処するか 1. 胎児閉塞性疾患の診断と対応 胎児の尿路はいつから評価できるか/胎児閉塞性疾患/胎児閉塞性疾患の治療 2. 乳幼児検診 3. 学校検尿 検尿システム/尿異常の頻度 4. [shindan.co.jp] 形成異常を伴う異形成腎,腎の無形成といった腎臓そのものに異常に加え,尿道の通過障害を来す後部尿道弁や様々な尿路の障害による閉塞性の尿路疾患などを含む尿路の構造異常を指す概念です.特に低形成腎,異形成は小児期の慢性腎臓病(小児CKDと言います),あるいは透析や移植が必要となる末期不全(ESKD)の最大の原因疾患でその早期診断と適切な管理[jsn.or.jp] 小児の遺伝性または家族性疾患 ブックマーク: 1) アルポート症候群 2) 良性家族性血尿 アルポート症候群 遺伝性進行性炎で、頻度は約5,000人に一人です。一般に男性に多く、 小児期から青年期に発症 します。最近原因が解明されつつありますが、 神経性難聴 や 眼症状 などを伴うことが多く、早期にはわからないことがあります。[plaza.umin.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状