Create issue ticket

考えれる2,049県の原因 腎機能障害

  • 腎機能障害

    ( 2011年3月 ) 機能障害 (じんきのうしょうがい)とは、 腎臓 に疾病・外傷等で何らかの異常が生じ、腎臓としての機能障害が出た状態を言う。[ja.wikipedia.org] 左側が肥満の増加を表し、右側は耐糖能障害(糖尿病のいわゆる前段階)の増加をあらわしています。 次に、ここでの機能障害の人の頻度(下のグラフ左側)を見てみると、この 30 年あまりで急激に機能障害の人が増えていることがわかります。 この間、この集団での血圧は低下(下のグラフ右側)していることから、いかに肥満の影響が大きいかわかります。[e-toseki.com] -自覚症状から探る薬の副作用- 高橋隆一著(第一メディカル)より引用 障害 機能異常 腎臓は、体内に生じた各種代謝産物などの排泄、各種毒性物質やそれら解毒産物の排泄、水および電解質の調節による体内環境の恒常性維持などの重要な機能を営んでいる。これらの機能障害された状態をいう。 軽度の場合には、無症状。[haart-support.jp]

  • ファブリー病

    蓄積したGL-3がある一定量を超えると、疼痛を含む神経症状、被角血管腫(ひかくけっかんしゅ)、角膜混濁(かくまくこんだく)の他、心機能障害機能障害など、様々な症状が出現します。[kanja.ds-pharma.jp] このまま放置しておくと、20歳代より機能障害されて尿蛋白が認められたり、視力は保たれるものの角膜の混濁が認められたりします。 30 40歳代では、機能障害がすすんで不全に至る場合や、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、心肥大や不整脈などの心機能障害が出現することがあります。[medicalnote.jp] 蓄積したGL-3がある一定量を超えると、疼痛を含む神経症状、被角血管腫(ひかくけっかんしゅ)、角膜混濁(かくまくこんだく)などのほか、心機能障害機能障害など、さまざまな症状が出現します。 ライソゾーム病とは?[fabrynet.jp]

  • 慢性腎不全

    機能障害に関連する尿毒症、高カリウム血症、アシドーシス、カルシウムリン酸バランス障害などが心房、心室性不整脈の発生と関連があります。CKDで左室肥大、左室拡大、心不全、そして弁疾患が併存すると、徐脈性不整脈、房室ブロックを含む全ての不整脈が高率に発生します。慢性機能障害では多くの抗不整脈薬に対して容量調節が必要となります。[jhf.or.jp] そして機能障害が進行するとG3からG5に悪化していくことになります。ほとんどの透析患者さんはG5(末期不全)の段階に入ります。機能障害で通院していて、不幸にもG5まで進行した場合はそろそろ透析療法の適応を考えなくてはなりません。 次回 「CKD 慢性腎不全  透析療法(2)」 は、腎不全から透析療法の基本的なお話をしたいと思います。[zenjinkai-group.jp] 著者は十数年前に増え続ける透析患者の対策に,保存期慢性不全治療の画期的テキストとして第1版を刊行したが,今回の改訂版では,機能障害と診断される時期から慢性不全が進展する病期までを的確にとらえて,慢性腎臓病の原因や重症度,悪化要因などをわかりやすく説明し,検査方法や治療目標などを明確に示している。[igaku-shoin.co.jp]

  • 全身性強皮症

    皮膚の症状ばかりでなく、関節炎、筋炎、肺線維症、肺高血圧症、消化管障害、心筋障害機能障害などへの進展がみられることもあります。 診断のポイントは、手指から広がる皮膚の硬化所見です。手指から手背を超えて腕の方まで皮膚の硬化を感じたら 全身性強皮症 を疑います。[twmu.ac.jp] 罹病期間の短い症例、すなわち発症早期に、急激な血圧上昇を伴う機能障害を突然発症し、「クリーゼ」と呼ばれています。症状として頭痛や吐き気を伴ったり、尿が出にくくなることがあります。 診断 以下は2003年の厚生労働省研究班の診断基準を改変したものです。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 腎病変 強皮症腎(腎クリーゼ) 小弓状動脈、小葉間動脈内膜下や糸球体の内膜の増殖と肥厚により内腔の狭窄と閉塞が発生し、血流量が低下することから、血清レニン活性上昇と著しい高血圧、機能障害があらわれることがある。2-4週間で不全に進行する急速な機能障害の経過をとる。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 糸球体腎炎

    機能障害の進行 機能障害が進行しやすく、ネフローゼ症候群がある場合、診断後10年で約60%の患者さんが末期不全に至るとされています (*6) 。 治療 原因となっている疾患(特にC型肝炎)の確認と、その治療を優先して行います。 原因疾患が見つからない場合は、副腎皮質ステロイドや免疫抑制薬、抗血小板薬などの薬剤を服用します。[jinentai.com] これらの検査にあわせて、 高血圧 がみられれば、ほぼ溶連菌感染後急性糸球体炎と診断されます。その他、血液検査で機能障害の指標となる尿素窒素やクレアチニン値の上昇がみられることがあります。[qlife.jp] 感染の軽快とともに尿所見、機能も回復することが多く、比較的予後はよい疾患ですが、時に尿所見異常が遷延し、機能障害が残ることもあります。 感染後の炎なので、感染の治療が中心になります。 尿量減少、むくみ(浮腫)、高血圧を認める場合には、安静、塩分・水分制限、利尿薬・降圧薬の投与を行うため、入院治療が必要です。[twmu.ac.jp]

  • 急性腎不全

    (尿毒症性網膜症、糖尿病性網膜症) 機能障害 血清クレアチニン値(S-Cr)8mg/dl以上が持続する、またはクレアチニン・クリアランスが10ml/min.以下である 日常生活能の障害 透析導入により活動力の回復が期待できる[sudaclinic.jp] 抄録 敗血症や出術後患者等のcritical careの現場において,軽微な機能の異常が生命予後不良と関連することが判明し,急性障害(Acute kidney injury:AKI)の概念が生まれた.AKIにおける機能障害は一過性であり,完全に正常値に復するものと考えられてきた.しかしながら,AKIの機能予後は必ずしも良好ではなく,[doi.org] など)が閉塞し、腎臓に尿が溜まって機能が低下している状態 症例 尿路結石 、腫瘍、 前立腺肥大症 などによる通過障害で、腎臓が拡張した水症 神経因性膀胱 による排尿障害 急性不全の治療法 適切な治療を行って腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、回復する可能性があります。[saiseikai.or.jp]

  • 結節性硬化症

    命にかかわる症状は、小児期では新生児期の心臓横紋筋腫による心不全、知的障害やてんかんが関係する事故死、脳腫瘍などがあげられます。成人期では、腎臓の血管平滑筋脂肪腫の出血や、病変による機能障害が命にかかわることがあります。成人女性の患者さんでは、肺のLAMが、生命に関わることがあります。 9.[nanbyou.or.jp] 水口教授は「胎児期や新生児期は心横紋筋腫、小児期にはてんかんや発達障害、脳腫瘍が起こる頻度が高い。小児期から皮膚腫瘍、青年期以降は腎臓や肺に腫瘍ができることが多い。それにより、機能障害や出血、不整脈、心不全、けいれん発作などの合併症が表れます。そのため複数の診療科が連携して検査、治療する必要があります」と話す。[medical.jiji.com] 嚢腫は大きくなると、機能障害や高血圧の原因になることがあります。血管筋脂肪腫では腫瘍が大きくなっても機能が保たれていることが多いのです。ただし、時にこれが腹腔内で出血をおこす事があります。 肺にはMMPHやLAMと呼ばれる病気が出現することがあります。[dermatol.or.jp]

  • 尿路疾患

    検査成績 1)血液検査: 血液生化学上,一側の上部尿路閉塞では機能障害は軽度もしくは正常なことが多い.両側の水症がみられる場合にはさまざまな程度の機能障害濃縮力障害がみられ,いわゆる腎後性腎不全の状態で,緊急に尿路閉塞の解除が必要となる場合もある. 2)画像検査: a)超音波検査:上部尿路閉塞では拡張した腎盂腎杯を中心部エコーの解離[kotobank.jp] 正常な尿流が妨げられる病態であり,ときに機能障害(閉塞性症)につながることもある。[msdmanuals.com] また、先天的な尿管狭窄や尿管結石などにより、腎臓から膀胱に至る尿路に通過障害が起これば、腎臓が腫れ、水症となって痛みを引き起こします。 腎臓そのものの機能が失われる不全では、タンパク尿や尿所見の異常をきたします。機能が高度に障害されると、尿毒症となり、全身の浮腫が見られるようになります。[allabout.co.jp]

  • 高尿酸血症

    高尿酸血症の話 天童市民病院 中嶋凱夫 内科医長 美食家に多い病気「高尿酸血症」は、痛風や結石症の原因としてよく知られていますが、脳や心臓の血管障害、動脈硬化、機能障害を引き起こす生活習慣病の一つとして近年注目されています。元来、欧米人に比べ日本人には少なく、男性に多かった病気です。[tendo-city-hospital.jp] 高尿酸血症の原因としては、体内における尿酸産生の亢進、あるいは腎臓からの排泄障害が考えられます。 高尿酸血症の人がかかりやすい病気 痛風 ※ 機能障害 -- 尿毒症 動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞 ※痛風 痛風とは、尿酸が関節に沈着して炎症をおこす病気です。[osaka-ganjun.jp] 機能障害- 尿酸が沈着することで動脈硬化も加わって機能障害され、不全になる場合もある。 -動脈硬化症- 尿酸の直接的関与は証明されていないが、動脈硬化を合併することが多く、心筋梗塞や脳梗塞が起きやすくなる。[azumanaika.com]

  • CINCA症候群

    2012年07月12日 PM05:00 免疫疾患の病状をiPS細胞で再現 京都大学iPS細胞研究所の中畑龍俊教授らの研究グループが、希少病である慢性乳児神経皮膚関節(CINCA)症候群の患者からiPS細胞を作り出すことで病状を再現することに成功し、遺伝子変異をもった細胞によって疾患が発症するのメカニズムを解析した。 CINCA症候群は免疫細胞の遺伝子変異が原因で、炎症に関与する特定のタンパク質が過剰に作られることで、皮疹、中枢神経病変、関節症状などを引き起こす。[…][qlifepro.com]

さらなる症状