Create issue ticket

考えれる1,748県の原因 腎機能低下

  • 腎機能障害

    月21日 機能低下患者での感染症治療への関わり 第14号 2012年10月20日 新規機能マーカーのシスタチンCを応用した硫酸アルベカシンのTherapeutic drug monitoringに関する臨床薬学的研究 第13号 2012年9月20日 テラプレビル投与中の腎機能障害に関連する危険因子 第12号(2012年9月更新) 【腎臓病治療[jsnp.org] 機能低下の進行を抑えるには、普段から腎臓に無理がかかる生活を送っていないかどうかを考えることが大事です。腎臓への思いやりを持って、身体に負担をかけない生活を送ることが大切です。 2016年11月作成 SS1611683[adpkd.jp] 機能低下とともに、この物質も低下し貧血が生じます。 貧血は、機能をさらに低下させ、心臓にも悪影響 をもたらします。 カルシウム、リン 腎臓には ビタミン D を活性化 させる作用があります。 機能低下で、ビタミン D の作用が低下し、その結果カルシウムが減ります。 [e-toseki.com]

  • 慢性腎不全

    を特徴としており、機能だけでなく機能低下に伴い発症頻度が増加する動脈硬化を主とした血管系の病気に関しても早期発見・早期治療ができるように、検査させていただきます。実際、入院していただいた患者さんの中には機能低下速度が緩和したり浮腫が消失した方もおられます。[kitano-hp.or.jp] * 血清クレアチニンの性別年齢別基準値(中央値)と機能低下基準値(中央値 1.5)(mg/dl) (別表)年齢・性別ごとの血清Cr中央値および機能低下基準値 年齢 中央値 機能低下 基準値 3-5ヶ月 0.20 0.30 6-8ヶ月 0.22 0.33 9-11ヶ月 0.22 0.33 1歳 0.23 0.35 2歳 0.24 0.36[fgs.or.jp] が保持されており,カリウムを十分摂取できていない患者や機能低下のためカリウム制限を行っている患者は含まれていない点を考慮する必要がある.[minds.jcqhc.or.jp]

  • 急性腎不全

    […] β2-ミクログロブリン β2-ミクログロブリンは腎臓で濾過されるので、不全では蓄積して上昇する。 超音波検査 血流の低下に伴い、エコーレベルは上昇する。 機能低下の症状が発現してからでは無く、機能低下が予見される様な強い障害が腎臓に加わった場合には、初期から対応を行う。 対症療法透析、輸血、輸液、食事療法、薬物療法。[ja.wikipedia.org] 高窒素血症から来る嘔気嘔吐、食欲不振、下痢などの消化器症状や意欲低下、全身倦怠感、意識障害、出血傾向など 水分やNaの蓄積による心不全や高血圧 高K血症とそれによる不整脈 代謝性アシドーシス 慢性不全との違い 機能低下の速度   急性不全は急激に低下するのに対し、慢性不全の場合は慢性的な機能低下がみられます。[kango-oshigoto.jp] 急性不全と診断するうえでの「機能低下の程度や低下速度に関する診断基準」として明文化されたものはないが,血清Cr値が2.0 2.5mg/dl以上へ急速に上昇したもの(基礎に機能低下がある場合には血清Cr値が前値50%以上上昇したもの),または血清Cr値が0.5mg/dl/日以上,BUNが10mg/dl/日以上の速度で上昇するもの,を一般的[minds.jcqhc.or.jp]

  • 慢性腎臓病

    喫煙 喫煙喫煙本数が増えるほど、機能低下のリスクが高まり、透析導入のリスクが高まる。 塩分 塩分摂取量が少ないと尿たんぱくも出なくなる、または少なくなる。 血圧 高血圧管理を徹底すれば、機能低下を抑えられる。130/85mmHg未満に抑えれば機能低下が1/3に抑えられる、さらに128/78mmHg以下ではさらに低下を抑えられる。[city.aizuwakamatsu.fukushima.jp] 不全」とは、何らかの原因で腎臓の機能が著しく低下した状態をいい、短時間で急激に機能低下する「急性不全」と、長い時間をかけて徐々に機能低下してくる「慢性不全」があります。 慢性不全は、機能がもとに戻る急性不全と違い、もとの状態に回復することはありません。[kyoukaikenpo.or.jp] 原因としては脱水や出血により腎臓への血流が低下すること(前性)、腎臓の炎症や尿細管細胞の障害などにより機能低下すること(性)、尿路系の閉塞によるものがあります(腎後性)。対策としては、早急に原因を突き止め、その治療を行うとともに、透析治療などで体のバランスを整える必要があります。救急医療を必要とする重篤な場合もあります。[jsn.or.jp]

  • 糖尿病性腎症

    この病期以降の機能低下速度も個人差が大きいのですが、典型的な経過としては、 ネフローゼ と呼ばれる大量の蛋白尿を伴う病態を呈しながら、機能低下していきます。 治療は、血糖や血圧を適切にコントロールし、症の進展速度を最大限抑制することが非常に重要です。[todai-jinnai.com] […] diabetic nephropathy 糖尿病 の長期高 血糖 状態により、腎臓糸球体の毛細血管障害によりおこる機能低下。初期の微量アルブミン尿に始まりネフローゼ症候群に至るタンパク尿、機能障害、高 血圧 、 浮腫 などから腎不全に至る。 糖尿病性神経障害 、 糖尿病性網膜症 とともに 糖尿病 の3大合併症のひとつである。[pharm.or.jp] 初期の段階では、通常の試験紙による尿検査では検出できない程度のごくわずかな蛋白尿(微量アルブミン尿)しかみられませんが、さらに悪化すると明らかな蛋白尿・機能低下が認められるようになり最終的に末期不全に至ります。 早期発見のためには、糖尿病診断後は定期的な尿アルブミンの測定・尿検査が重要となります。[amc1nai.net]

  • 非乏尿性腎不全

    高窒素血症から来る嘔気嘔吐、食欲不振、下痢などの消化器症状や意欲低下、全身倦怠感、意識障害、出血傾向など 水分やNaの蓄積による心不全や高血圧 高K血症とそれによる不整脈 代謝性アシドーシス 慢性不全との違い 機能低下の速度   急性不全は急激に低下するのに対し、慢性不全の場合は慢性的な機能低下がみられます。[kango-oshigoto.jp] 加齢に伴い機能(GFR)が低下し、GFR50mL/min/1.73 未満では、GFR60以上70mL/min/1.73 未満に比べて2倍以上のスピードで機能低下し、末期腎臓病(慢性不全)に陥る危険性が高まります。 70歳以上では特にGFR40未満から機能低下のリスクが高まります。[matsuyama-iin.com] また、間質プロスタグランジン(PG)の産生を抑制するため、血流量を低下させるといわれています。機能低下した患者さんには消炎鎮痛薬はなるべく使用を控え、使用する際は間質PGの産生をそれほど抑制しないといわれるクリノリルを注意して使用します。 また最近、シクロオキシゲナーゼ(COX)2選択的阻害薬の研究が進んでいます。[jlogos.com]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    症状(機能低下、血尿、蛋白尿など、急速進行性糸球体炎(RPGN)は重症) 肺症状(肺出血または間質性肺炎など) その他の臓器の症状(発熱、倦怠感、体重減少、筋痛、関節痛、口内炎、出血、多発性単神経炎など) MPO-ANCA陽性 CRP陽性、蛋白尿、血尿、BUN・血清クレアチニンの上昇、WBC上昇 胸部X線写真所見で肺胞出血、間質性肺炎[ja.wikipedia.org] 腎臓の障害により血尿、尿検査異常(尿潜血反応陽性、蛋白尿、赤血球円柱など)、機能低下がおこり、肺の障害により肺胞出血や間質性肺炎(胸部レントゲン検査やCT検査でみつかります)がおこり、喀血、血痰、空咳、息切れの症状がみられます。[nanbyou.or.jp] 症状の現れ方 cPN・MPAともに高熱(38 以上)、体重の減少、関節痛、紫斑(しはん)、皮膚の潰瘍、貧血、胸痛、腹痛、血痰(けったん)、 高血圧 、 脳出血 ・ 脳梗塞 (のうこうそく)、機能低下、血尿・蛋白陽性・潜血(せんけつ)反応陽性などが認められます。 重い症状として、MPAでは機能低下、腸出血、肺出血があります。[health.goo.ne.jp]

  • 尿路疾患

    人工呼吸器が必要となる症例において多くの場合、機能低下を認めることが多く、機能低下の程度によっては生後早期に腹膜透析が必要となる場合がある。このような症例は最終的には移植が必要となってくる。[jaog.or.jp] におけるナトリウム再吸収の低下により,利尿を生じるため脱水に注意し,適切な輸液を行う.急性閉塞の場合,機能障害が残らずに回復する場合も多い. [kotobank.jp] そうした尿所見の異常やむくみ,高血圧,乏尿といった症候,さらには機能低下がみられた場合には,まず腎臓を専門としない学校医や産業医を含む一般臨床医を受診したり,研修医が診療を担当することが多い。[igaku-shoin.co.jp]

  • 腎不全

    それでも機能低下が進行する場合、あるいは機能障害発見時に既に不可逆的状態に陥っていた場合、尿毒症の症状が顕在化してくると対症療法として人工透析治療が必要となる。[ja.wikipedia.org] 末梢血液(性貧血および鉄欠乏性貧血の有無を確認) クレアチニン、尿素窒素(機能をみる) 尿酸(機能低下で増加する。[ohishi-naika-clinic.jp] 慢性不全 慢性腎臓病(CKD)とは 3ヶ月以上持続 する尿異常(尿蛋白・血尿)、形態異常または、機能が約60%未満まで低下した状態を言います。機能が正常の60%未満に落ちると、下表のような症状が出始め、進行性の機能低下があると考えられます。[ishizuka-cl.com]

  • 乏尿性急性腎不全

    急性障害(AKI)とは―かつての「急性不全」を含めた軽症 重症障害の総称 急性障害とは、急激に機能低下した状態を指します。かつて、機能が特に著しく低下した状態は「急性不全(ARF)」と呼ばれていましたが、現在ではこの状態に加え、不全に至らないより早期・軽度の機能低下を含めた概念を「急性障害」として定義しています。[medicalnote.jp] […] β 2 -ミクログロブリン β 2 -ミクログロブリンは腎臓で濾過されるので、不全では蓄積して上昇する。 超音波検査 血流の低下に伴い、エコーレベルは上昇する。 治療 [ 編集 ] 機能低下の症状が発現してからでは無く、機能低下が予見される様な強い障害が腎臓に加わった場合には、初期から対応を行う [6] 。[ja.wikipedia.org] 高窒素血症から来る嘔気嘔吐、食欲不振、下痢などの消化器症状や意欲低下、全身倦怠感、意識障害、出血傾向など 水分やNaの蓄積による心不全や高血圧 高K血症とそれによる不整脈 代謝性アシドーシス 慢性不全との違い 機能低下の速度   急性不全は急激に低下するのに対し、慢性不全の場合は慢性的な機能低下がみられます。[kango-oshigoto.jp]

さらなる症状