Create issue ticket

考えれる1,436県の原因 腎機能不全

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 良性前立腺肥大症

    著者の結論: 症候性BPHの男性を対象としたナフトピジルの有効性に関するプラセボ対照試験からのデータはない。限定的な情報から、尿路症状の尺度スコア(総IPSS/AUA)、QoL(生活の質)スコア、およびベースラインからの尿路症状におけるナフトピジル治療による短期的改善は低用量タムスロシンに匹敵することが示唆されている。ナフトピジルによる有害作用は少なく、通常、軽度であった。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

  • 熱傷

    皮膚の創傷  低温熱傷(上) 2018.12.4 痛み伴わず進行 重症化するケースも 【相談者】 Aさん 82歳男性。腰にカイロを貼り、電気敷布の上で寝ていました。翌朝、家族がカイロを剥がしたところ、皮膚が赤くなり、水ぶくれができていました。[…][saiseikai-toyama.jp]

  • 腎結石症

    栄養・生化学辞典 の解説 出典 朝倉書店 栄養・生化学辞典について 情報 百科事典マイペディア の解説 腎結石症【じんけっせきしょう】 腎盂(じんう)や腎杯( 腎臓 )に 結石 が生ずる疾患。結石の大きさ,数は種々であるが,最大のものは腎盂,腎杯を満たしている。尿酸塩結石,シュウ酸塩結石,リン酸塩結石等がある。成人男子に多い。腹痛発作, 血尿 等の症状を呈するものや全く無症状のものがある。X線検査で診断は確定する。 腎盂炎[…][kotobank.jp]

  • 慢性腎不全

    慢性不全の概念 慢性不全(CRF)とは、進行性の機能障害により、数ヶ月ないし数年以上にわたって持続的に腎予備能力が低下し、回復の可能性がない不可逆的な機能の低下のため、体液の恒常性が保てなくなり、多彩な症状を呈する症候群である。[ohpade.gozaru.jp] 出典 内科学 第10版 内科学 第10版について 情報 世界大百科事典 内の 慢性不全 の言及 【不全】より …腎臓の機能のうち,糸球体のろ(濾)過機能の低下によって,生体内のホメオスタシスが維持できなくなった状態をいう。不全は,急速に発症し,回復の可能性のある急性腎不全と,非可逆的に進行する慢性腎不全に分けられる。[kotobank.jp] 慢性不全は、数ヶ月以上続く腎臓の機能低下により、体液のバランスが維持できなくなった状態のことです。腎臓の機能が正常の50%以下に低下した状態のことをいいますが、慢性不全は無症状で進行していくことが多く、自覚症状を感じるようになる頃には、腎臓の機能はもとの20%くらいに低下しています。[ai-hosp.or.jp]

  • 腎機能障害

    5 慢性不全 透析とは。 機能が高度に障害され、腎臓の機能低下により生じた症状(下記)が、透析を行わなければ代償できない状態です。 不全の症状は様々です。 水分貯留にともなう症状 塩分や水分の排泄ができないため体内に水分、塩分が貯留します。 腎臓で排出できる量が低下し、食事制限しても、塩分や水分を排出できない状態。 [e-toseki.com] 「糖尿病が腎症の原疾患であることは長い間認知されているが、今回の研究では、疾患が尿素レベルを高め、2型糖尿病のリスクを上昇させることが示された。機能不全のために血中に尿素が堆積すると、インスリン抵抗性とインスリン分泌不全がしばしば引き起こされる」と、セントルイス・ワシントン大学薬学部准教授のZiyad Al-Aly氏は言う。[dm-rg.net] 慢性不全の概念 慢性不全(CRF)とは、進行性の機能障害により、数ヶ月ないし数年以上にわたって持続的に腎予備能力が低下し、回復の可能性がない不可逆的な機能の低下のため、体液の恒常性が保てなくなり、多彩な症状を呈する症候群である。[ohpade.gozaru.jp]

  • 急性腎不全

    可逆性かどうか   急性不全の場合は機能の回復が期待できる可逆性なのに対し、慢性不全は非可逆性です 治療目標の違い   急性不全機能の回復を目標としますが、慢性不全の場合は機能のそれ以上の悪化を防ぐことが目標です。 上記のポイントにより、慢性不全との鑑別診断が非常に重要になります。[kango-oshigoto.jp] 急性不全・慢性不全 急性不全 突然機能が低下 、あるいは 失われる状態 を、 急性不全 あるいは急性腎障害といいます。急性腎不全の患者さんの多くは尿量が減少します。[ishizuka-cl.com] 急 性 不 全 急性不全とはどういう状態か 急性不全とは機能の急激な低下、喪失によって生体の内部環境の恒常性が保たれなくなった状態という事が出来ます。[rpm.or.jp]

  • 腎糸球体疾患

    腎生検(腎臓の組織検査)の所見で糸球体の増殖性変化と尿細管間質障害の程度が強い場合、たんぱく尿が多くでている場合、尿の中にいろいろな円柱が見られる場合、血圧のコントロール悪い場合などでは、時間とともに次第に機能が低下して、不全の症状が出る可能性が高くなります。 慢性糸球体腎炎の場合、透析は必ず必要になるのですか。[kidneydirections.ne.jp] 多発性嚢胞腎 PKD遺伝子の変異により、尿細管由来の嚢胞が両に多発し増大することで、進行性に機能が低下し60歳代までに約半数が末期不全に至る疾患で、常染色体優性遺伝の形式をとります。最近トルバプタン(サムスカ)が保険適応となり、積極的な治療が始まりました。[ncvc.go.jp] このために発見が遅れ不全状態になってから初めて診断されることがよくあります。 元来、腎臓は障害に強い臓器なので、なかなか機能低下の症状は現れません。腎機能は一分間にどれくらいの量の血液を濾過できるかにより評価され(GFR評価)、3歳以上の子どもの正常値は約120ml/min/1・73 です。[glico.co.jp]

  • ウォルフラム症候群

    眼科臨床としては、 ウォルフラム症候群は10歳で起きるインスリン依存性の糖尿病で起こり、これに続く視神経萎縮による視力障害を見たらこれを疑う、ぞして内分泌代謝系、精神神経系障害、尿崩症、難聴、尿路異常などをチェックする。遺伝は常染色体劣性遺伝性疾患と記憶しておき、WFS1蛋白を規定する原因遺伝子WFS1の欠損を調べる。 ーーーーーーー Wolfram症候群 (ウォルフラム症候群)、DIDMOAD (Diabetes Insipidus, Diabetes Mellitus, Optic Atrophy, and Deafness), 1. 概要[…][kiyosawa.or.jp]

  • ポルフィリン症

    骨髄性プロトポルフィリン症 ( Erythopoietic protoporphyria, EPP )の診断と治療 近畿大学医学部皮膚科 川原 繁 EPP は常染色体優性遺伝を示し,原因はプロトポルフィリンからヘムへの合成酵素であるフェロケラターゼ( ferrochelatase )の活性低下である。 (1)臨床症状 ① 皮膚症状 EPP[…][med.kindai.ac.jp]

さらなる症状