Create issue ticket

考えれる58県の原因 腎梗塞, 自己抗核抗体陽性

  • 糸球体腎炎

    自己抗体(ANCA 好中球細胞質抗体、抗糸球体基底膜抗体、抗抗体)が陽性な症例や免疫複合体が沈着する病型が多く、免疫学的機序を介しておこるものと考えられている。 3.症状 自覚症状としては、全身倦怠感、微熱などの不特定な症状。検査所見としては、血尿 たんぱく尿、腎機能の急速な低下(血清クレアチニンの急速な上昇)、貧血、などである。[nanbyou.or.jp]

  • 薬物乱用の問題
    不足: 自己抗核抗体陽性
  • 動脈硬化症

    これが原因になり、狭心症、不安定狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、大動脈瘤、梗塞、手足の壊死などが起こります。 無症状で進行する 「硬化」はどう進むのか、その過程をご説明しましょう。 年齢が高くなるにつれ、内膜の中にたまったコレステロールを中心とした脂肪沈着は、やがて「脂肪斑」と呼ばれる状態になります。[web.archive.org]

    不足: 自己抗核抗体陽性
  • 心筋疾患

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 特発性拡張型心筋症(指定難病57) とくはつせいかくちょうがたしんきんしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.「特発性拡張型心筋症」とはどのような病気ですか 心臓は収縮・拡張を交互に繰り返すことで全身に血液を送り届けるポンプとしての役割を果たしていますが,特発性拡張型心筋症 (以下,拡張型心筋症) は,心臓 (特に左心室) の筋肉の収縮する能力が低下し、左心室が拡張してしまう病気です (図1)。心臓の病気の中には,高血圧,弁膜症,心筋 梗塞 などが原因で,見た目は拡張型心筋症と同じような心臓の異常を起こしてしまうケース[…][nanbyou.or.jp]

    不足: 自己抗核抗体陽性
  • 心房性不整脈
    不足: 自己抗核抗体陽性
  • 急性心筋梗塞
    不足: 自己抗核抗体陽性
  • 心房細動

    第Ⅲ相国際共同試験(RE-LY 試験※)において、プラザキサ 150mg 2回/日は、ワルファリンと比べて有意な脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制、110mg 2回/日は、ワルファリンと同程度の脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制が認められました 第Ⅲ相国際共同試験(RE-LY 試験※)で、臨床上特に深刻となる頭蓋内出血については、プラザキサ 150mg 2回/日、110mg 2回/日の2用量とも、ワルファリンと比べて有意に発現を抑制しました 本邦で承認された用法・用量は、通常用量150mg(プラザキサ カプセル75mg 2カプセル) 2回/日、必要に応じ110mg(プラザキサ カプセル110mg[…][prtimes.jp]

    不足: 自己抗核抗体陽性
  • 胆管炎

    B.鑑別疾患 1.臨床的な鑑別疾患:多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、形質細胞腫など 2.画像診断上の鑑別疾患:悪性リンパ腫、癌(尿路上皮癌など)、梗塞、腎盂炎、多発血管炎性肉芽腫症、サルコイドーシス、癌の転移など 診断のカテゴリー (ただしB.鑑別疾患を鑑別する。)[nanbyou.or.jp]

    不足: 自己抗核抗体陽性
  • 腹部動脈瘤大動脈
    不足: 自己抗核抗体陽性
  • 僧帽弁閉鎖不全症
    不足: 自己抗核抗体陽性

さらなる症状