Create issue ticket

考えれる682県の原因 腎梗塞

  • 薬物乱用の問題

    薬物乱用は心も体もボロボロにしてしまいます。「いちどだけ」「いつでもやめられる」という考えは間違いです。薬物乱用は乱用者だけの問題ではありません。乱用者の周囲も巻き込み、不幸をもたらします。 乱用される薬物は、まず「心」つまり「精神」に大きな影響を与えます。薬物を乱用すると、一時的な幸福感や爽快感・不安感の除去・幻覚・快感などをもたらしますが、その効果が切れたときに襲ってくる苦痛から逃れるため薬物が欲しくなります。これが依存性(*)の形成です。さらに繰り返し乱用することで、同じ量では効かなくなる耐性が生じます。[…][city.nagoya.jp]

  • 心房性不整脈

    高カリウム血症(不全など)や心筋梗塞の発症直後、僧帽弁狭窄症などでみられます。健常な若者でもみられることがあります。 多源性心室期外収縮 (たげんせいしんしつきがいしゅうしゅく) 心室期外収縮の発生源が複数あるため、異なった波形がみられます。発生源が1か所の単源性心室期外収縮より危険な不整脈です。[ningen-dock.jp]

  • 急性心筋梗塞

    合併症には血栓症(心筋梗塞の悪化、脳梗塞、下肢血栓症など)や、出血、障害、造影剤アレルギー等があり、場合により命に関わる合併症を起こすことがありますが、心筋梗塞でそのまま経過を見た場合に比較して危険性は低いものです。[keijinkai-hp.net]

  • 動脈硬化症

    これが原因になり、狭心症、不安定狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、大動脈瘤、梗塞、手足の壊死などが起こります。 無症状で進行する 「硬化」はどう進むのか、その過程をご説明しましょう。 年齢が高くなるにつれ、内膜の中にたまったコレステロールを中心とした脂肪沈着は、やがて「脂肪斑」と呼ばれる状態になります。[web.archive.org] 動脈硬化の主な合併症 脳梗塞 一過性脳虚血発作 脳血管性認知症 狭心症 心筋梗塞 大動脈瘤 硬化症 閉塞性動脈硬化症 急性動脈閉塞症 脳出血 など 当院では、動脈硬化検査(血管年齢検査)が可能です 血管年齢という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?[kosugi-naika.com] 脳へ血液を届けている頸動脈や脳動脈の動脈硬化により「脳梗塞」が起こります。また、心臓の冠動脈の動脈硬化により「狭心症」や「心筋梗塞」、胸部と腹部をつなぐ大動脈分枝の動脈硬化では「血管性高血圧症」などが起こります。そして、足への動脈に動脈硬化が進んで血流障害を起こす病気が「閉塞性動脈硬化症」なのです。[mt-pharma.co.jp]

  • 心房細動

    どの抗凝固薬を選ぶかは、機能、肝機能、年齢、もともと持っていた心臓病などを考えて決めます。過去に脳梗塞になったことがなければ、抗凝固薬を正しく服用していれば、どんなに長く心房細動が続いていても、たいていの場合、脳梗塞を予防できると考えてよいでしょう。[ncvc.go.jp] 二つの容量の使い分けは、機能がやや低下している人や高齢者では少ない110mgを2回使います。脳梗塞予防効果はワーファリンRよりも優れている(特に150mgを2回)とされ、脳出血などの副作用もワルファリンより少ない(特に110mgを2回)と言われています。[ncvc.go.jp] その作用や効能の詳細は省きますが(「知っておきたい循環器病あれこれ」の99号「 心房細動と付き合うには 」参照)、一般にNOACは、ワルファリンより出血などの副作用が少なく、薬剤や食物との相互作用(薬剤の効果を弱めたり、強めたりする作用)が少ない、さらに、脳梗塞予防効果はワルファリンと同じかそれ以上、と報告されています。[ncvc.go.jp]

  • 心筋疾患

    心筋症 心筋疾患は、主に原疾患を背景とした二次性の心筋症と、原因が今のところ不明である特発性心筋症とに分類できる。 二次性心筋症 二次性の心筋症の原疾患としては以下の表に上げるものが考えられる。その中でも特に臨床的に頻度が多く感じられるものは、糖尿病性や甲状腺機能異常(機能亢進、または機能低下)に伴う心筋症などいわゆる代謝性の疾患を背景としている心筋症や、アルコール多飲歴を有するアルコール性心筋症などがあげられる。 表1 二次性心筋症の主な原因 1.感染症に伴うもの エンテロウイルス、コクサッキーウイルスなどウイルス性または細菌性感染症、原虫、寄生虫など 2.炎症に伴うもの[…][osaka.hosp.go.jp]

  • 糸球体腎炎

    CKDは機能の程度によりグレード分類(CKD1 5)されています。CKDの進行は、心・血管病(狭心症や心筋梗塞、脳卒中など)の重要な発症リスクの因子となることが分かってきました。CKDの患者数は増加しています。CKDは早期発見と、腎臓専門医による治療が大切です。[asahikasei-pharma.co.jp] 最近、慢性腎臓病(CKD)や急性障害(AKI)という言葉が広く用いられています。これは国際的に提唱された新しい概念です。CKDが心臓疾患や脳梗塞の発症と関係するということがわかり、腎臓病を早期に発見し治療しようという考えです。CKDについては、 「生活習慣と慢性腎臓病」 で説明いたします。[asahikasei-pharma.co.jp]

  • 感染性心内膜炎

    病状の進行に伴い、①感染症状:発熱、脾腫、貧血、②心症状:高度の弁膜変形、中毒性心筋障害に伴ううっ血性心不全、③血管塞栓症状:梗塞、脳梗塞、脾梗塞、Osler結節(指趾先端の有痛性紅斑)、Roth斑(眼底の綿花状白斑)、Janeway斑(手掌、足底の無痛性紅斑)を認める。[med.toaeiyo.co.jp] 1 感染症状: 発熱 、全身倦怠感、食欲不振など 2 心症状:心臓の構造破壊による心雑音、呼吸困難・浮腫(ふしゅ/むくみのこと)などの心不全症状、 不整脈 など 3 塞栓症状: 脳梗塞梗塞(じんこうそく/血尿が出るなど)、オスラー結節(手足の指の先に痛みを伴う赤い斑点ができること)、爪下線状出血(そうかせんじょうしゅっけつ/爪の下が線上[saiseikai.or.jp]

  • 腹部動脈瘤大動脈

    “ こぶ ” の圧迫によって大動脈から枝分かれした動脈に血流障害が起こると、心筋梗塞、意識消失、手足のまひ、腸管懐死(血行が悪くなり腐ってしまう)、不全、下肢虚血、脈拍の減弱などが起こることがあり、すぐに専門医の診察を受けることが必要です。[jll.co.jp]

  • 感染性心内膜炎

    病状の進行に伴い、①感染症状:発熱、脾腫、貧血、②心症状:高度の弁膜変形、中毒性心筋障害に伴ううっ血性心不全、③血管塞栓症状:梗塞、脳梗塞、脾梗塞、Osler結節(指趾先端の有痛性紅斑)、Roth斑(眼底の綿花状白斑)、Janeway斑(手掌、足底の無痛性紅斑)を認める。[med.toaeiyo.co.jp] 1 感染症状: 発熱 、全身倦怠感、食欲不振など 2 心症状:心臓の構造破壊による心雑音、呼吸困難・浮腫(ふしゅ/むくみのこと)などの心不全症状、 不整脈 など 3 塞栓症状: 脳梗塞梗塞(じんこうそく/血尿が出るなど)、オスラー結節(手足の指の先に痛みを伴う赤い斑点ができること)、爪下線状出血(そうかせんじょうしゅっけつ/爪の下が線上[saiseikai.or.jp]

さらなる症状