Create issue ticket

考えれる142県の原因 腎周囲膿瘍

  • 尿路感染症

    腎臓の超音波所見では腎は腫大しており、皮質・髄質境界部に浮腫・微小膿瘍を示す低エコー域が出現することがあります。腹部造影CT(図4)は、膿瘍周囲膿瘍、気腫性腎盂炎などが評価できます。造影CT所見では、腎の腫大に加え、周囲脂肪組織の濃度上昇、Gerota筋膜の肥厚、の実質内に楔状 斑状の造影不良域などを認めることがあります。[tokushukai.or.jp] 水腎症・膿瘍形成・ガス産生などを伴う重篤で特殊な病態では迅速かつ的確に診断し、必要に応じて泌尿器科的処置(ドレナージなど)を行わなければなりません。 図3 超音波検査機器 図4 CT 抗菌薬治療で改善しないときは入院治療へ 治療は、細菌感染が原因であるため、抗菌薬による薬物療法が中心となります。[tokushukai.or.jp]

  • 急性膀胱炎

    腎臓の超音波所見では腎は腫大しており、皮質・髄質境界部に浮腫・微小膿瘍を示す低エコー域が出現することがあります。腹部造影CT(図4)は、膿瘍周囲膿瘍、気腫性腎盂炎などが評価できます。造影CT所見では、腎の腫大に加え、周囲脂肪組織の濃度上昇、Gerota筋膜の肥厚、の実質内に楔状 斑状の造影不良域などを認めることがあります。[tokushukai.or.jp] 、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂炎、尿道炎、バルトリン腺炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎 用法・用量 通常、成人にはセフポドキシム プロキセチルとして1回100mg(力価)を1日2回食後経口投与する。[gohongi-clinic.com] 水腎症・膿瘍形成・ガス産生などを伴う重篤で特殊な病態では迅速かつ的確に診断し、必要に応じて泌尿器科的処置(ドレナージなど)を行わなければなりません。 図3 超音波検査機器 図4 CT 抗菌薬治療で改善しないときは入院治療へ 治療は、細菌感染が原因であるため、抗菌薬による薬物療法が中心となります。[tokushukai.or.jp]

  • 糖尿病

    -「多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果- 私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防に役立てるための研究を行っています。平成2年(1990年)と平成5年(1993年)に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、東京都葛飾区、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の11保健所(呼称は2009年現在)管内にお住まいだった方々のうち、ベースラインおよび研究開始から5年後に行なった調査時に糖尿病やがん、循環器疾患になっていなかった40[…][epi.ncc.go.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    腎臓の超音波所見ではは腫大し、皮質・髄質境界部に浮腫・微小膿瘍を示す低エコー域が出現することがある。腹部造影CTは、膿瘍周囲膿瘍、気腫性腎盂炎などの評価に役立つ。造影CT所見では、腎の腫大、周囲脂肪組織の濃度上昇、Gerota筋膜の肥厚、腎の実質内に楔状 斑状の造影不良域などが認められることがある。[clinicalsup.jp] また実質膿瘍周囲膿瘍の検索のためCTや超音波検査を行う。点滴ではセフトリアキソン1-2gの使用が多い。治療期間は基本的には2週間であり経口摂取が可能になったら内服薬に切り替える。再発例では4-6週間かかることもある。 関連項目 [ 編集 ] 炎症 脚注 [ 編集 ] Wington RS, et al.[ja.wikipedia.org] / 膀胱尿管逆流 / 水症 / 膿 / (急性・慢性)腎盂炎 / 薬物及び金属による症(ネフロパシー) / 膿瘍周囲膿瘍 / (注:他に分類される疾患における尿細管間質性障害はその疾患の所へ) / 慢性閉塞性腎盂腎炎(注:結石性腎盂腎炎は除く) ※傷病分類は、「第10回修正国際疾病、傷害及び死因分類」によるものです。[hoken.kakaku.com]

  • 慢性腎盂腎炎

    / 膀胱尿管逆流 / 水症 / 膿 / (急性・慢性)腎盂炎 / 薬物及び金属による症(ネフロパシー) / 膿瘍周囲膿瘍 / (注:他に分類される疾患における尿細管間質性障害はその疾患の所へ) / 慢性閉塞性腎盂腎炎(注:結石性腎盂腎炎は除く) ※傷病分類は、「第10回修正国際疾病、傷害及び死因分類」によるものです。[hoken.kakaku.com] また実質膿瘍周囲膿瘍の検索のためCTや超音波検査を行う。点滴ではセフトリアキソン1-2gの使用が多い。治療期間は基本的には2週間であり経口摂取が可能になったら内服薬に切り替える。再発例では4-6週間かかることもある。 関連項目 [ 編集 ] 炎症 脚注 [ 編集 ] Wington RS, et al.[ja.wikipedia.org] 腎臓の超音波所見では腎は腫大しており、皮質・髄質境界部に浮腫・微小膿瘍を示す低エコー域が出現することがあります。腹部造影CT(図4)は、膿瘍周囲膿瘍、気腫性腎盂炎などが評価できます。造影CT所見では、腎の腫大に加え、周囲脂肪組織の濃度上昇、Gerota筋膜の肥厚、の実質内に楔状 斑状の造影不良域などを認めることがあります。[tokushukai.or.jp]

  • 虫垂炎

    虫垂炎(ちゅうすいえん、英: appendicitis)は、虫垂に炎症が起きている状態である。虫垂とは右下腹部にある盲腸から出ている細長い器官である。 虫垂炎は旧来盲腸炎(もうちょうえん)と呼ばれていた時期があり、これは昔、診断の遅れから、開腹手術をした時には既に虫垂が化膿や壊死を起こして盲腸に張り付き、あたかも盲腸の疾患のように見えることがあったためである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 水腎症

    腎臓の超音波所見では腎は腫大しており、皮質・髄質境界部に浮腫・微小膿瘍を示す低エコー域が出現することがあります。腹部造影CT(図4)は、膿瘍周囲膿瘍、気腫性腎盂炎などが評価できます。造影CT所見では、腎の腫大に加え、周囲脂肪組織の濃度上昇、Gerota筋膜の肥厚、の実質内に楔状 斑状の造影不良域などを認めることがあります。[tokushukai.or.jp] 水腎症・膿瘍形成・ガス産生などを伴う重篤で特殊な病態では迅速かつ的確に診断し、必要に応じて泌尿器科的処置(ドレナージなど)を行わなければなりません。 図3 超音波検査機器 図4 CT 抗菌薬治療で改善しないときは入院治療へ 治療は、細菌感染が原因であるため、抗菌薬による薬物療法が中心となります。[tokushukai.or.jp]

  • 腎盂結石

    尿路結石とは 尿路結石とは、尿路に結石が形成される病気で、結石のある部位によって、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と言います。小さい結石であれば、尿といっしょに排泄されることがありますが、そうでない場合には手術などによって治療する必要があります。結石の原因としては、体質、代謝異常、内分泌疾患や、その他にも食生活などの生活習慣や肥満などがあげられます。 尿路結石の分類 結石の成分によって分類され、成分の違いにより原因、治療法や予防法が異なります。最も頻度が高いものはシュウ酸カルシウム結石です。 症状[…][med.nagoya-u.ac.jp]

  • 大腸の腺癌

    大腸癌の腺癌で中分化型は増加傾向にあり、その背景には喫煙などの酸化ストレスによる環境因子を原因としたKRAS遺伝子変異が関わっている可能性が、ゲノム解析で明らかになった。7月16日から18日に大阪市で開催された第64回日本消化器外科学会総会のワークショップ「大腸中分化型腺癌への対応」で、九州大学大学院消化器・総合外科の掛地吉弘氏らが発表した。 大腸癌の大半を占める腺癌は組織学的に高分化型、中分化型、低分化型に分けられ、高分化型に比べて中分化型は予後が悪いとする報告もある。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 虫垂膿瘍

    虫垂は右下腹部にある臓器であり、糞石等により炎症を伴うと虫垂炎を発症します。 症状は発熱、右下腹部痛等がありますが、大腸憩室炎・腸間膜リンパ節炎・急性腸炎なども同じ症状を呈するため、診断が難しい場合もあります。 また、虫垂炎は炎症の程度によって、 カタル性(炎症が粘膜に留まるもの) 蜂窩織炎性(炎症が壁の全層に広がるもの) 壊疽性(虫垂の壁が壊死に至るもの) の3段階の程度に分類されます。 壊疽性虫垂炎は悪化すると、虫垂が穿孔して腹膜炎に至る可能性もあります。 虫垂炎の治療は、抗菌剤による治療と手術があります。[…][dojinkai.com]

さらなる症状