Create issue ticket

考えれる2,706県の原因 腎不全

  • 膀胱炎

    膀胱は尿ではちきれそうなのに排尿できない状態になると、急性不全を起こし、尿中の毒素が身体中にまわってしまいます。 「おしっこの出がちょっと悪いのかな」というくらいの気持ちで受診をしたところ、完全に尿道閉塞を起こしていて急性不全のため点滴入院となることは多く、びっくりされる飼い主さまも少なくありません。[axa-direct.co.jp] もっと知りたい 「猫の慢性不全(腎臓病)」について[nestle.jp] 完全な尿路閉塞が生じると、急性不全を起こすため、救急管理が必要となります。 原因はなに? 細菌感染 多くは細菌感染であり、ウイルスや真菌(カビ)などによるものはまれです。通常、雑菌が外部から尿道へ侵入したり増殖しないように防御機能が働いていますが、なんらかの原因で防ぎきれなかったときに起こります。[hoken.kakaku.com]

  • 高血圧症

    さらに,最近は動脈硬化性血管障害の進展に伴い,動脈の伸展性が低下し,頸動脈での圧受容器反射感受性の低下などを介して循環調節不全が生じ,血圧変動が大きくなることが報告されています。 加齢,糖代謝異常,陳旧性脳梗塞,慢性不全で血圧変動異常をきたす一因には,こうした病態が一部関与すると考えられています。[jmedj.co.jp] 高血圧を放置すると脳や心臓、腎臓などの血管を傷付け脳卒中、心筋梗塞、不全などを起こしやすくなります。 高血圧治療の目標値は年齢や合併症によっても異なりますが、まずは外来受診時では収縮期血圧140mmHg未満かつ拡張期血圧90mmHg未満、家庭血圧では収縮期血圧135mmHg未満かつ85mmHg未満を目標としましょう。[nishishinjuku-k-cl.jp] また、高血圧以外に合併症として心血管疾患、心不全、不全、糖尿病、脂質異常症などの有無も考えます。 血圧を上昇させる薬剤を投与していないかも考えます。(経口避妊薬、漢方薬、鎮痛剤など) 二次性高血圧について ①腎血管性高血圧: 腎疾患、糖尿病などの既往があり、尿沈渣の異常、血中クレアチニンなどの上昇を認める。[nakajima-naika.net]

  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org] 低血糖症の原因には糖尿病治療薬に伴う低血糖のほか、インスリノーマ、反応性低血糖、薬剤性低血糖(複数の医療機関からの処方、相互作用、アルコール)、二次性低血糖(副腎不全、肝硬変、不全、先天性酵素異常など)、インスリンに対する抗体によるもの(インスリン自己免疫症候群など)、外因性インスリンによる低血糖(詐病、虚偽性障害を含める)、膵外性腫瘍などがあげられる[ja.wikipedia.org]

  • 胃食道逆流症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 胃食道逆流症 (いしょくどうぎゃくりゅうしょう 、英語:Gastroesophageal Reflux Disease: GERD )とは、胃食道逆流により引きおこされる一連の疾患。以下の3つの病態の総称。 非びらん性胃食道逆流症 (non-erosive reflux disease: NERD ) 食道粘膜に、びらん・粘膜障害がなく症状だけを伴うもの 逆流性食道炎 (reflux esophagitis) 食道粘膜に、びらん・粘膜障害を生じているもの バレット食道 (Barrett's[…][ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    ヘンレの上行脚に十分な尿量が到達しない場合 真っ先に考えられることは急性不全や慢性不全で糸球体濾過量(GFR)が低下し、乏尿となっているのに水負荷をした時である。またGFRが低下していなくとも有効動脈血流量が低下した病態では近位尿細管での尿再吸収が亢進した結果ヘンレの上行脚に充分な尿量が到達しなくなる。[ja.wikipedia.org] 細胞外液不足のため腎臓への血流が極度に低下し、前性不全となる。 水過剰(正常循環血液量性低ナトリウム血症) このカテゴリーで最も多いの高齢者の癌患者などでおこる抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、その他甲状腺機能低下症、副腎皮質刺激ホルモン単独欠損症、多飲症、reset osmostatなどがあげられる。[ja.wikipedia.org] 不全やその他の浮腫性病変として、うっ血性心不全、肝硬変、ネフローゼ症候群などがあげられる。入院患者でよく見られる。 偽性 脂肪などの増加による見かけ上の水過剰。高脂血症や高血糖で起こることがある。これらを鑑別するには身体診察やバイタルサインによることが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性腎症

    症の発生から不全に至るまでには通常10年以上を要する。[msdmanuals.com] 概要 [ 編集 ] 糖尿病で血糖の高い状態が10年以上も続くと、全身の 動脈硬化 が進行し始め、腎臓に障害が及ぶと 蛋白尿 、 ネフローゼ症候群 等を経て 慢性不全 に至る [1] 。[ja.wikipedia.org] 腎臓に病気が及ぶと 蛋白尿 が出始め、ネフロ-ゼ症候群を呈する場合もあれば、慢性不全に至る患者さんも出てきます。慢性不全の項で説明したように最近では 透析 を始める患者の第一位で、5人に2人は糖尿病性症の患者であることから、大きな問題となっています。 原因ははっきりしています。[plaza.umin.ac.jp]

  • 尿路疾患

    もっと知りたい 「猫の慢性不全(腎臓病)」について[nestle.jp] さらに,一般臨床医は・尿路疾患や不全治療のどこまで関与し,どのような状態になったら腎臓専門医・透析専門医に紹介すべきかを理解していただきたい。 以上のことから,本号は主な腎・尿路疾患における一般臨床医と腎臓専門医の病診連携に生かすことができる内容になっていると思われる。[igaku-shoin.co.jp] 尿道に尿石が詰まって尿が出なくなる尿道閉塞になると、急性不全から尿毒症を起こして短時間で命を落とすこともあるので、日頃から注意が必要な病気です。[nisshin-pet.co.jp]

  • 閉塞性黄疸

    のなかで超音波検査が有用な疾患として,急性肝炎,劇症肝炎,肝硬変などがある.肝後性黄疸では超音波検査で肝内ないし肝外胆管の拡張が認められるため,診断に有用である.また肝後性黄疸の原因となる総胆管結石,胆管癌,膵頭部癌などの鑑別にも腹部超音波検査は有用である.黄 疸5図26 急性肝炎 (p.56参照)図27 肝硬変 (p.58参照)図28 急性不全[shindan.co.jp] 悪性リンパ腫、白血病の浸潤、サルコイドーシス、粟粒結核、骨疾患(副甲状腺機能亢進症、くる病、骨肉腫など)、潰瘍性大腸炎、慢性不全 などの可能性もあります。 600以上 (高度の上昇) 顔が黄色くなるような明らかな 黄疸 がみられます。[newton-doctor.com]

  • 腎盂腎炎

    帝京大学名誉教授 清水 直容 本日は添付文書の中に記載のある副作用(30)ですが、腎盂炎と急性不全についてであります。 ただ、この二つの有害事象名が両方とも記載されている例も少なくありませんので、腎盂炎を中心に、効能・効果については、薬効分類の数字のみでお話しさせていただきます。[medical.radionikkei.jp] その機能が何らかの原因によって低下し、腎臓の働きが不十分になった状態が「不全」です。急性不全の場合とは異なり、しだいに悪くなってしまった腎臓は再び同じ状態には戻りません。 慢性不全を引き起こす原因には、どのようなものがあるのでしょうか。 ほとんどすべての疾患は慢性不全に移行する可能性があります。[t-pec.co.jp] 慢性腎盂腎炎に対してはST合剤などの内服療法がおこなわれるが、再燃・再発を来しやすく、長期的な経過で間質性炎から不全に至ることがある。 消化器症状が強い場合は内服不可能であるため入院が必要となる。腎盂炎は顕微鏡学的には小膿瘍の集合体とされており3日程解熱しないことが多い。培養を繰り返し行い、抗菌薬の使用が適正であるかを確認する。[ja.wikipedia.org]

  • 肝硬変

    胃潰瘍・急性胃粘膜病変、糖尿病、特発性細菌性腹膜炎 (SBP)、DIC、不全(肝腎症候群) 肝腎症候群: 肝腎症候群の診断基準 1. 重症肝疾患を有し,毒性物質の使用もなく,数日ないし数週間のうちに進行する不全である.(血清クレアチニン 1.5mg/dl以上) 2.[kanazawa-med.ac.jp] 利尿剤のマイナス点というのは、当然医師も知っていることなのですが、 だんだん腎臓の機能が低下し、不全にまでなり得ます。 血管の中が脱水状態になり、尿酸値も上がり、上部消化管出血の 可能性が高くなるなどです。 このことは、特に泌尿器科医や腎臓に詳しい医師は敏感なんですよ。[seihouen.ne.jp] 重症型アルコール性肝炎(SAH) SAHはアルコール性肝炎のなかで、肝性脳症、肺炎、急性不全、消化管出血やエンドトキシン血症を伴う重症の肝炎で、禁酒しても効果は現われず、1ヶ月以内に死の転帰をとる場合があります。[minophagen.co.jp]

さらなる症状

類似した症状