Create issue ticket

考えれる97県の原因 腋窩腫瘤

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 乳房の腺癌
  • 皮膚癌

    内容紹介 皮膚癌のなかで最も頻度の高いものが基底細胞癌と有棘細胞癌であり,欧米では非黒色腫皮膚癌(non-melanoma skin[…][amazon.co.jp]

  • 動脈瘤

    動脈瘤 (どうみゃくりゅう)とは、 動脈 の壁の一部が何らかの要因で薄くなり、その血管が膨らむことで発病する 循環器病 。同様の疾患が 静脈 に生じた場合は 静脈瘤 と呼ばれる。 目次 1 原因 2 病態 3 検査 4 診療科 5 関連項目 原因 [ 編集 ] 動脈硬化 や 外傷 性のものが考えられる。 炎症 や遺伝性のものも考えられる。 病態 [ 編集 ] 動脈瘤自体を圧迫することによって痛みを感じるが、一般的には無症状。しかし、動脈瘤が破裂すると、 意識 が飛ぶほどの激痛に襲われ、死亡するケースも多い。 検査 [ 編集 ] CT 、 MRA などが有効である。 診療科 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • リンパ腫

    頸部(首)、鼠径部(股の付け根)、腋窩などのリンパ節が大する(腫れる)ことが多い。リンパ節が1cmを超え肥大が進行したり、腫の数が短期間で増加する場合は、慢性リンパ節炎、結核性リンパ節炎、亜急性壊死性リンパ節炎などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性黒色腫

    悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ、メラノーマ(malignant melanoma ; MM))とは、皮膚、眼窩内組織、口腔粘膜上皮などに発生するメラノサイト由来の悪性腫瘍である。正確な発生原因は不明であるが、表皮基底層部に存在するメラノサイトの悪性化によって生じる。また、皮膚に発生する悪性黒色腫は紫外線曝露と、足底に発生するものは機械的刺激と関連性が深いと考えられている。[…][ja.wikipedia.org]

  • リンパ節転移

    治療実績 春日居サイバーナイフ・リハビリ病院TOP サイバーナイフ治療 治療実績 治療実績のご紹介 治療開始より2周年を迎え治療実績も300例を超えました。 当センターでは体幹部(首より下)の治療も多くの実績をあげております。 当センター担当医師におけるサイバーナイフ治療の実績を紹介します。 転移性脳腫瘍/原発:肺腺癌/女性 転移性脳腫瘍/原発:直腸癌/男性 転移性脳腫瘍/原発:卵巣癌/女性 下顎悪性黒色腫/女性 転移性肺癌/原発:直腸癌/男性 原発性肺癌/非小細胞癌/男性 鼻腔内血管腫/男性 篩骨洞癌/女性 頸部リンパ節転移/原発:胃がん 頸部リンパ節転移/原発:舌癌 脳動静脈奇形/女性[…][kasugai-reha.com]

  • 脂肪腫

    ここから本文です。 脂肪腫とは 左肩に生じた脂肪腫 脂肪腫は成人の上肢、肩、背部に多い皮下腫瘍で、形成外科で多く手がけている手術のひとつです。発生原因は不明ですが、刺激の受けやすい部位に生じる傾向があります。背部などの目につきにくい場所にできた場合、痛みを伴うことはほとんどないため、大きくなってから受診される方も多くいらっしゃいます。典型的なものであれば触診と視診で診断は可能ですが、部位や深さの違いにより診断しにくい場合もあります。そのため、他の疾患との鑑別のためにMRI検査や超音波検査が有用で、単発の大きなものの場合には術前に画像検査をおこなうのが一般的です。 脂肪腫の治療[…][hospital.japanpost.jp]

さらなる症状