Create issue ticket

考えれる58県の原因 腋窩汗

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    北海道の覚せい剤事犯検挙状況 平成26年中の北海道内における覚せい剤事犯の検挙人員は、498人で前年より増加し、そのうち暴力団などが310人で全体の約62%を占めています。 検挙人員のうち、年齢別では40代が187人と最も多く全体の約38%、初犯・再犯別では、再犯者が全体の約72%を占めています。 押収量は約26,945グラムと前年より大幅に増加しています。 また、道内における大麻事犯の検挙人員は、176人で前年より64人と大幅に増加しており、そのうち暴力団などが48人で全体の約27%を占めています。[…][city.tomakomai.hokkaido.jp]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 混合性不安抑うつ状態

    2011年02月28日 抑うつ状態 心因反応のまぼろし 抑うつ状態 心因反応のまぼろし 辛くて悩んでいた日々から抜け出そう! 本当に効果があると絶賛されているうつ病マニュアルをランキングでご紹介します。 楽しかったあの頃・・・ 幸せな生活を取り戻そう! 精神科の診断書に基づき支払った協議離婚慰謝料・・・ […]、別居、協議離婚しました。別居後、元夫は精神科に通いまくり、診断書を提示し、結婚生活の苦痛から、抑うつ状態、心因反応、などと書かれてあり、また、離婚調停を申し立...[…] 教えてGooより うつ病には複数の種類がありますが、どう違うのですか? 出来れば各種類のうつ病を...[…][uuuutuuuuutu.seesaa.net]

  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • ヘロイン禁断症状
  • 急性不安

    パニック障害は、100人に1人くらいの割合で起きると言われています。なんの前触れもなく、めまい、動悸、呼吸困難、ふるえなどの自律神経症状にくわえ、激しい不安に襲われる「パニック発作」を繰り返し起こします。さらに「また、あそこに行ったら発作が起きるにでは」などという恐怖心がふくらみ、発作の起こった場所や状況を避けようとして、生活範囲が制限されてしまう状況に至ってしまいます。医療機関で受診しても、身体的な異常はみとめられません。 最近では、抗うつ剤や抗不安剤などが効果的だという報告がされています。薬物治療と同時に認知・行動療法を用いるとさらに効果が高いことも認められています。[e-healthnet.mhlw.go.jp]

  • 剥奪睡眠

    睡眠不足(すいみんぶそく、Sleep deprivation)とは、充分な睡眠をとれていない状態であり、慢性、急性の両者が存在する。慢性的な睡眠不足は、疲労、日中の眠気、作業精度低下、体重減少もしくは増加を引き起こしえる。これは脳や認知機能に影響を起こしえる。しかし睡眠不足は逆説的には、エネルギーを増加させ覚醒を促すため、うつ病の治療法としても用いられる(断眠療法)。[…][ja.wikipedia.org]

  • 皮膚カンジダ症

    ノカルジア症 肺ノカルジア症 皮膚ノカルジア症 ノカルジア症 バルトネラ症 オロヤ熱 ペルー疣贅 バルトネラ症 皮膚糸状菌症 顔面白癬 頭部白癬 白癬性毛瘡 ケルスス禿瘡 禿瘡 ひげ白癬 手指爪白癬 足爪白癬 爪白癬 手汗疱状白癬 手白癬 指間白癬 手掌白癬 趾間疱状白癬 趾部白癬 疱状白癬 足疱状白癬 趾間白癬 足白癬 体部白癬 腋窩浅在性白癬[scuel.me]

さらなる症状