Create issue ticket

考えれる149県の原因 腋窩リンパ節腫脹

  • 慢性疲労症候群

    微熱(腋窩温37.2 38.3度)ないし悪寒 咽頭痛 頚部あるいは腋窩リンパ腫脹 原因不明な筋力低下 筋肉痛ないし不快感 軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感 頭痛 腫脹や発赤を伴わない移動性関節痛 精神神経症状)(いずれかひとつ)一過性暗点・健忘・興奮・混迷・思考力低下・集中力低下・うつ状態 睡眠異常(過眠、不眠) 発症時、主たる症状[matsudo-yaku.or.jp] 小クライテリア(小基準) (ア) 症状クライテリア(症状基準) (以下の症状が6ヶ月以上にわたり持続または繰り返し生ずること) 1)微熱(腋窩温37.2 38.3 )ないし悪寒 2)咽頭痛 3)頚部あるいは腋窩リンパ腫脹 4)原因不明の筋力低下 5)筋肉痛ないし不快感 6)軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感 7)頭痛 8)腫脹や発赤[og-centralcl.com] 頚部あるいは腋窩リンパの腫張 4. 原因不明の筋力低下 5. 筋肉痛ないし不快感 6. 軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感 7. 頭痛 8. 腫脹や発赤を伴わない移動性関節痛 9. 精神神経症状(いずれか1つ以上) 羞明、一過性暗点、物忘れ、易刺激性、錯乱、思考力低下、集中力低下、抑うつ 10. 睡眠障害(過眠、不眠) 11.[fuksi-kagk-u.ac.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    以下の症状がひとつでもみられた際には医師の診察を勧めます: 頸部、腋窩、鼠径部、または胃のリンパにおける無痛性の腫脹。 原因不明の発熱。 びっしょりになるほどの寝汗。 極度の疲労感。 原因不明の体重減少。 皮疹または皮膚のそう痒感。 胸部、腹部、または骨における原因不明の疼痛。[imic.or.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 皮膚癌

    肛囲、腋窩にも生じ、時に所属リンパ腫脹や転移を伴います。 治療は切除手術が基本になります。[hosp-urayasu.juntendo.ac.jp]

  • 乳房の腺癌
  • 小児急性リンパ芽球性白血病

    多くの症例は無痛性の表在リンパ腫脹を契機に診断されます。75%の症例で頸部 リンパ腫脹が初発症状であり、同時に腋窩リンパ腫脹を有する例が約25%、鼠径 部リンパ節腫脹を有する症例が約10%です。NSCHLの約60%に縦隔病変が認められま す。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 蜂窩織炎

    (Vol.28 p 16-18:2007年1月号) 近年、 Helicobacter pylori はヒトの消化性潰瘍の主な原因菌として注目され、細菌学的および遺伝子学的研究や病原性の研究が急速に進んだ。その過程で、 H. pylori 以外にも多くの菌種がヒトや動物から検出され、現在 Helicobacter 属には23菌種以上が含まれる。しかし、分離・同定の困難さゆえ、それらの菌による感染症の病態については不明なことが多い。我々は、蜂窩織炎を伴う敗血症患者の血液から検出された Campylobacter 様細菌を Helicobacter cinaedi[…][idsc.nih.go.jp]

  • リンパ腫

    以下の症状がひとつでもみられた際には医師の診察を勧めます: 頸部、腋窩、鼠径部、または胃のリンパにおける無痛性の腫脹。 原因不明の発熱。 びっしょりになるほどの寝汗。 極度の疲労感。 原因不明の体重減少。 皮疹または皮膚のそう痒感。 胸部、腹部、または骨における原因不明の疼痛。[imic.or.jp]

  • 悪性黒色腫

    基礎知識 検査 治療 療養 更新・確認日:2017年07月24日 [ 履歴 ] 履歴 2017年07月24日 「5.統計」を更新しました。4タブ形式に変更しました。 2016年03月24日 タブ形式への移行と、「皮膚悪性腫瘍取扱い規約 第2版(2010年)」「科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン 第2版(2015年)」より、内容の更新をしました。 2006年10月01日 内容を更新しました。 1996年04月02日 掲載しました。 診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報については「 治療にあたって 」をご参照ください。 1.皮膚について[…][ganjoho.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    以下の症状がひとつでもみられた際には医師の診察を勧めます: 頸部、腋窩、胃、鼠径部リンパの無痛性腫脹。 極度の疲労感。 肋骨より下の疼痛または膨満感。 発熱と感染。 原因不明の体重減少。 慢性リンパ性白血病を発見し診断するために、血液、骨髄とリンパ節を調べるための検査が行われます。[imic.or.jp]

さらなる症状