Create issue ticket

考えれる8県の原因 脾臓膿瘍

  • シュードモナス属
  • クローン病

    クローン病(クローンびょう、英: Crohn's disease、略: CD)は、主として口腔から肛門までの全消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患で、厚生労働省より特定疾患に指定されている。 潰瘍性大腸炎とともに炎症性腸疾患(IBD:Inflammatory bowel disease)に分類される。 1932年にニューヨーク大学のマウントサイナイ病院の内科医ブリル・バーナード・クローンらによって限局性回腸炎として報告される。後に病名は改められたが回腸、特に回腸末端から盲腸にかけての回盲部に好発する点は確かである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脾臓転移
  • 腸炎エルシニア感染症
  • リステリア症

    リステリア 症 とはリステリア・モノサイトゲネス Listeria monocytogenes の感染を原因とする疾病の総称。多くの動物にも感染する人獣共通感染症の一種。学名はげっ歯類での感染実験で 単球 増加が観察されたことにちなむ。 1911年 には動物に感染することが知られていた。 本稿では主にヒトのリステリア疾病症状についてを解説する。日本では1958年の報告に始まり1970年代前半まで年間数例の散発例がみられていたが、本症に対する関心が高まるにつれ報告数も徐々に増加している。ヒトでは 髄膜炎 が最も多く、 敗血症[…][ja.wikipedia.org]

  • ブルセラ症

    ブルセラ症(ブルセラしょう、brucellosis、あるいはブルセラ病)とは、ブルセラ属(Brucella) の細菌に感染して起こる人獣共通感染症。日本においては家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病、感染症法における四類感染症に指定されている。診断した医師は直ちに最寄りの保健所に届け出る。また、Brucella abortus、B. melitensis、B. suis、B.[…][ja.wikipedia.org]

  • 小児慢性肉芽腫症
  • 鼻疽

    4.病理学的変化 鼻腔、気管、肺、リンパ節、肝臓、脾臓などに結核結節に似た乾酪化結節や膿瘍を形成する。また、慢性例では潰瘍が治癒して瘢痕が形成される。組織学的には、肉芽腫炎を呈する。[naro.affrc.go.jp] 重症化することも多く、皮膚などの局所感染巣から菌血症を生じ、血行性に肺炎や肝臓、脾臓、腎臓、前立腺などの全身臓器に膿瘍を形成、骨髄炎や関節炎を生じる症例もある。敗血症性ショックを伴う場合には致死率も高い。[idsc.nih.go.jp]

さらなる症状