Create issue ticket

考えれる182県の原因 脾臓肥大

  • 門脈性肝硬変

    肝臓は門脈という太い血管により、食道、胃、脾臓、腸につながっています。門脈の圧が上がると(門脈圧亢進と呼ばれる)、食道、胃静脈瘤ができたり、脾臓肥大します。ときには、静脈瘤が破裂して出血することがあります。また、腹水や腹壁静脈の怒張(ふくれあがること)もみられます。[okunoclinic.com]

  • 特発性肝硬変

    肝細胞の線維化が起こると、肝臓の血流が低下して肝臓の上流にある脾臓に血液がたまり、脾臓肥大します。 脾臓では古くなった血液を分解しているので、脾臓に血液がたまることによって壊される血小板数も増え、血液中の血小板の数が減少します。 肝細胞が線維化してくると、肝硬変や肝がんへ進展する確率が高いため、線維化の程度を知ることは非常に重要です。[kanen-net.info]

  • 大結節性肝硬変

    肝臓は門脈という太い血管により、食道、胃、脾臓、腸につながっています。門脈の圧が上がると(門脈圧亢進と呼ばれる)、食道、胃静脈瘤ができたり、脾臓肥大します。ときには、静脈瘤が破裂して出血することがあります。また、腹水や腹壁静脈の怒張(ふくれあがること)もみられます。[okunoclinic.com]

  • ゴーシェ病

    主な症状としては肝臓や脾臓肥大や、血小板減少により貧血症状が起こったり、骨が大変もろくなり、非常に骨折しやすくなったり変形(X脚など)する。また、タイプによっては神経症状が出る患者もいる。[ja.wikipedia.org] II型(乳児型) 乳児期 に発症し、I型の肝臓・脾臓肥大、貧血や血小板の減少、骨症状などと共に重い神経症状が急速に進行する病状を伴う。2型は「急性小児神経障害性ゴーシェ病」と呼ばれており、ゴーシェ病の最も重篤な形態である。[ja.wikipedia.org] II型(乳児型) 乳児期に発症し、I型の肝臓・脾臓肥大、貧血や血小板の減少、骨症状などと共に重い神経症状が急速に進行する病状を伴う。2型は「急性小児神経障害性ゴーシェ病」と呼ばれており、ゴーシェ病の最も重篤な形態である。[ja.wikipedia.org]

  • ムコ多糖症

    また、心臓弁の異常、肝肥大脾臓肥大、気管の狭窄などを来し、予後は良くない。幼児期までに死亡する患者もいる。 ボタン追加 プリントCSS用 Copyright 株式会社ミクス ミクスOnlineのページのコピー(プリント)は著作権法上での例外を除き禁じられています。[mixonline.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    また、肝臓、脾臓、リンパ節等いろいろな臓器に白血病細胞が侵入し、これらが次第に大きくなることで(肥大と呼ばれる)、いろいろな障害を引き起こすことになります。 抗がん剤を組み合わせた治療法やそれに造血幹細胞移植を加えた治療が必要です。[pref.aichi.jp]

  • 脾臓膿瘍

    3.脾腫:脾臓のマクロファージなどが感染赤血球を取り込み、処理するため、脾臓肥大してきます。 4.脳マラリア:熱帯熱マラリア原虫に感染すると、感染赤血球は脳の毛細血管の内皮に粘着するようになります。これは、原虫 が作る蛋白が、感染赤血球の膜に組み込まれ、赤血球膜に瘤状の構造物が形成されます。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • ニーマン・ピック病C型

    肝臓脾臓肥大化。(これは自覚症状は特にないので、CTでみたり、触診でわかる) カタプレキシー。笑ったりのした時に急にガクッと首がうなだれるなる発作。体幹ごと崩れるときもあり、転倒の危険が大きい。発作は大体数秒から数十秒で、発作中返答はないが意識はある。(私の場合だけかもしれないけど) 重積すると1分くらいの時もある。[note.mu] 垂直凝視麻痺(眼を上下に動かせないこと)、 肝臓、脾臓肥大、乳児期の黄疸はNPCの可能性を強く示します。 病気の初期においては、これら特徴のうち一つか二つだけが現れるのが普通です。 ほとんどの場合、 4 10 歳の年齢で神経症状が現れ始めます。一般的に言って、神経症状の発現が遅いほど、その後の病気の進行も遅くなります。[sam.hi-ho.ne.jp]

  • 先天性肝硬変

    腹部超音波検査、CTあるいはMRI検査では肝臓が委縮し、その表面がでこぼこになるなどの肝臓の形の変化、あるいは脾臓肥大、腹水が見られます。 肝硬変では進行の程度によって様々な症状が現れます。[city.fukuyama.hiroshima.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    抄録 症例は80歳,女性.2008年9月に肝障害で当科紹介となり,肝生検を含めた精査にて原発性胆汁性肝硬変(PBC)と診断した.その後,経過観察中の2009年9月まで徐々に汎血球減少が進行し,心嚢水貯留が出現した.抗核抗体が高値で,2本鎖抗DNA抗体が陽性であり,米国リウマチ学会の全身性エリテマトーデス(SLE)診断基準の11項目中4項目に合致し,SLEと診断した.さらに,2009年10月の腹部CTで肝S2に径22 mm大の肝細胞癌(HCC)を認めたため,SLEの加療として経口プレドニン20[…][jstage.jst.go.jp]

さらなる症状