Create issue ticket

考えれる11県の原因 脾臓の病気

  • 遺伝性球状赤血球症

    副作用は、脾臓が免疫を担っていることから病気にかかりやすくなる。病気にかかりやすくなる事を易感染性と言う。 貧血が高度な場合は 輸血 を行う。輸血された赤血球が脾臓で異常に破壊されることはない。 予後 [ 編集 ] 基本的には慢性の経過であり、予後は良い。[ja.wikipedia.org]

  • 脾臓の病気
  • 全身性肥満細胞症
  • 小球性貧血

    症状 肝臓と脾臓が大きくなる。肝臓が大きくなることを肝腫大と言い、脾臓が大きくなることを脾腫大と言う。肝腫大と脾腫大を併せて肝脾腫と言う。合併症 白血病への移行や脾臓破裂等を合併する危険がある。 病態 骨髄が線維組織に置き変わってしまう(別の組織が線維組織に置き変わってしまうことを線維化と言う)。[ja.wikipedia.org] ) 慢性骨髄性白血病 (CML) リンパ系増殖性疾患 急性リンパ性白血病 (ALL) 慢性リンパ性白血病 (CLL) 骨髄異形成症候群 環状鉄芽球を伴わない不応性貧血 環状鉄芽球を伴う不応性貧血 多系統異形成を伴う不応性汎血球減少症 芽球増加を伴う不応性貧血 5q-症候群 骨髄線維症 (MF) 骨髄線維症は、骨髄が線維組織で埋まってしまう病気[ja.wikipedia.org]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    この病気の原因はわかっているのですか 血小板に対する「 自己抗体 」ができ、この自己抗体により脾臓で血小板が破壊されるために、血小板の数が減ってしまうと推定されています。しかしながら、なぜ「自己抗体」ができるのかについては、未だはっきりとしたことはわかっていないのが現状です。 5.[nanbyou.or.jp]

  • 原発性骨髄線維症

    症状 肝臓と脾臓が大きくなる。肝臓が大きくなることを肝腫大と言い、脾臓が大きくなることを脾腫大と言う。肝腫大と脾腫大を併せて肝脾腫と言う。合併症 白血病への移行や脾臓破裂等を合併する危険がある。 病態 骨髄が線維組織に置き変わってしまう(別の組織が線維組織に置き変わってしまうことを線維化と言う)。[ja.wikipedia.org] ) 慢性骨髄性白血病 (CML) リンパ系増殖性疾患 急性リンパ性白血病 (ALL) 慢性リンパ性白血病 (CLL) 骨髄異形成症候群 環状鉄芽球を伴わない不応性貧血 環状鉄芽球を伴う不応性貧血 多系統異形成を伴う不応性汎血球減少症 芽球増加を伴う不応性貧血 5q-症候群 骨髄線維症 (MF) 骨髄線維症は、骨髄が線維組織で埋まってしまう病気[ja.wikipedia.org]

  • 若年性骨髄単球性白血病

    病気の勢いが強い場合には、造血幹細胞移植前に肝臓や脾臓にたくさんある悪い細胞をできるだけ減らしておくために、6-メルカプトプリン(6-MP)や、シタラビン(Ara-C)といった薬剤を使って病気の勢いをコントロールします。[blogs.yahoo.co.jp]

  • グランツマン血小板無力症

    症状 肝臓と脾臓が大きくなる。肝臓が大きくなることを肝腫大と言い、脾臓が大きくなることを脾腫大と言う。肝腫大と脾腫大を併せて肝脾腫と言う。合併症 白血病への移行や脾臓破裂等を合併する危険がある。 病態 骨髄が線維組織に置き変わってしまう(別の組織が線維組織に置き変わってしまうことを線維化と言う)。[ja.wikipedia.org] ) 慢性骨髄性白血病 (CML) リンパ系増殖性疾患 急性リンパ性白血病 (ALL) 慢性リンパ性白血病 (CLL) 骨髄異形成症候群 環状鉄芽球を伴わない不応性貧血 環状鉄芽球を伴う不応性貧血 多系統異形成を伴う不応性汎血球減少症 芽球増加を伴う不応性貧血 5q-症候群 骨髄線維症 (MF) 骨髄線維症は、骨髄が線維組織で埋まってしまう病気[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄線維症

    症状 肝臓と脾臓が大きくなる。肝臓が大きくなることを肝腫大と言い、脾臓が大きくなることを脾腫大と言う。肝腫大と脾腫大を併せて肝脾腫と言う。合併症 白血病への移行や脾臓破裂等を合併する危険がある。 病態 骨髄が線維組織に置き変わってしまう(別の組織が線維組織に置き変わってしまうことを線維化と言う)。[ja.wikipedia.org] ) 慢性骨髄性白血病 (CML) リンパ系増殖性疾患 急性リンパ性白血病 (ALL) 慢性リンパ性白血病 (CLL) 骨髄異形成症候群 環状鉄芽球を伴わない不応性貧血 環状鉄芽球を伴う不応性貧血 多系統異形成を伴う不応性汎血球減少症 芽球増加を伴う不応性貧血 5q-症候群 骨髄線維症 (MF) 骨髄線維症は、骨髄が線維組織で埋まってしまう病気[ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    用語解説 ※1 伝染性単核球症 ヘルペスウイルスの仲間であるEBウイルスの感染で起こる病気。唾液により感染し、発熱、のどの痛みおよびリンパ節、脾臓、肝臓の腫れを発症する。 ※2 自己免疫疾患 細菌やウイルスなどの感染や異物の侵入時にこれらを排除する作用がある免疫系は、自己には作用しないような仕組みを持っている。[resou.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状