Create issue ticket

考えれる868県の原因 脾腫

  • 伝染性単核球症

    が強い例では、腹部への衝撃により破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染性単核球症それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org] 一方成人での発症だと、 発熱 、全身倦怠感や 咽頭痛 、 頭頸部 リン パ節の 脹 、発 疹 、肝、異形 リン パ球の出現などの症状が出る。 30 50 日の潜伏期間の後全身倦怠感から始まり、2 3週間発熱が続くほか咽頭炎やアデノイドの腫 脹 を起こす。 感染経路 感染経路は口経由であり、飲み物の回し飲みだけでも伝染する。[dic.nicovideo.jp] しかし、早期の受診と適切な治療が行われないと(上記したように)症状が進行し、肝や肺炎などを併発するおそれがあります。感染防御する生体免疫系が侵され、多臓器不全や悪性腫瘍などを引き起こし、数年内に死亡することもあります。[pro.saraya.com]

  • 溶血性貧血

    貧血症状、 黄疸 、 発熱 、赤褐色尿 など 貧血、黄疸、 など 網赤血球増加を伴う貧血。血清ハプトグロビンの低下。血清ビリルビン、特に間接ビリルビン値およびLDHの増加など。鑑別診断のためにより詳しい検査が必要。[haart-support.jp] 貧血, 黄疸 , を伴うことが症状の特徴である。[kotobank.jp] 臨床徴候としては、貧血の一般的な症状に加えて、発熱、血尿(血色素尿)や黄疸、、肝腫が見られる場合があります。 赤血球に自己凝集(赤血球同士が結合する反応)が認められることや赤血球表面に抗体が付着していることを証明する検査(直接クームス試験)、赤血球の形態すなわち球状赤血球の出現などから確定診断がおこなわれます。[sanyo-amc.jp]

  • 肝硬変

    それから、肝硬変に伴って門脈から肝臓への血流が入りにくくなった結果、門脈圧が上昇したことによって、しばしばを生ずる。に伴って、しばしば脾臓の機能は亢進し、結果として、必要以上に血球が破壊され、すなわち、赤血球、血小板などが総じて減少傾向となる汎血球減少症が見られる場合もある。[ja.wikipedia.org] (ひしゅ)による血小板の減少 脾臓(ひぞう:血小板を壊すはたらきのある臓器)が大きくなることをという。が起こると血小板が減って、血が止まりにくくなる。 ・肝性脳症 肝機能低下により血液中の老廃物を処理しきれなくなり、脳のはたらきが低下してしまう。悪化すると昏睡(こんすい)状態に陥ることもある。[opendoctors.jp] (ひしゅ) が高度となると機能亢進症となり、血小板数、ついで白血球数、さらに肝硬変が進行すると赤血球数が低下してくる。内視鏡検査で食道・胃静脈瘤 (りゅう) が、超音波検査やCT(コンピュータ断層撮影)で肝の形状異常、肝細胞癌の合併やが観察される。 診断は、進行した肝硬変では一般肝機能検査や腹部超音波検査やCTで容易にできる。[kotobank.jp]

  • 門脈性肝硬変

    症状 門脈圧亢進症では、食道胃静脈瘤、腹水・胸水貯留、肝性脳症、機能亢進症などさまざまな症状が出現します。胃食道静脈瘤を発症すると、静脈瘤破裂から出血をきたすことになり、吐血や下血などの症状を呈します。[medicalnote.jp] 超音波検査 : 大、静脈径の増大を認め、肝実質エコーに異常なく肝表面は平滑で、しばしば副血行路の発達を認める。超音波ドプラ法では門脈本幹径の増大、血流量の増加傾向がみられる。 5. 腹部 CT・肝シンチグラム: 肝の萎縮は目立たないことが多い。あり。骨髄の描写はまれ。 6. 肝静脈カテーテル法 : 肝静脈閉塞なし。[kanazawa-med.ac.jp] それから、肝硬変に伴って門脈から肝臓への血流が入りにくくなった結果、門脈圧が上昇したことによって、しばしば を生ずる。に伴って、しばしば脾臓の機能は亢進し、結果として、必要以上に血球が破壊され、すなわち、赤血球、血小板などが総じて減少傾向となる 汎血球減少症 が見られる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 心不全

    心不全(しんふぜん、英: heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。[…][ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性球状赤血球症

    遺伝性球状赤血球症の検査 正球性正色素性貧血、赤血球の形態観察で球状赤血球、網状赤血球の増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、、赤血球の浸透圧抵抗の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。[byoutaieiyou.e840.net] 症状 ・(左上腹部の痛み、高熱、黄疸) ・胆石症 ・頭蓋等の変形(合併症による) 治療 脾臓の摘出手術をして、赤血球破壊を防ぐ。 検査 血液検査 血清生化学検査 ハプトグロビンが低下します。 末梢血塗沫染色標本検査 真ん中が薄くなっていない赤血球を認めます。真ん中が薄くなっていない赤血球を球状赤血球と言う。[b-net.tv] 血管外溶血によって軽度から中等度の が起きる。 血中の 間接ビリルビン が増加して、家族性に小児期から 黄疸 や 胆石 を認める場合がある。 合併症 [ 編集 ] 胆石 を合併することが多く、 胆石 手術 の際に初めて診断されることもある。 高度の 貧血 が 成長期 に持続していると、 発育 が遅れて小柄となる傾向がある。[ja.wikipedia.org]

  • アルコール性肝疾患

    門脈圧亢進症は脾臓の大につながり、その結果、血小板の数がさらに減少します。 : 門脈圧亢進症により脾臓が腫大します。腫大した脾臓は、普段より多くの白血球と血小板を取り込んで破壊します。その結果、感染および出血のリスクが増大します。[msdmanuals.com] 画像検査による肝の形態(肝表面の凹凸や肝萎縮),腹水,の存在などを組み合わせて診断を確定します。 残り997文字あります もっと見る 会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する 掲載号を購入する この記事をスクラップする 関連書籍 関連物件情報[jmedj.co.jp] 門脈圧亢進症は、腹水、消化管の出血、脾臓の大()のほか、ときに肝性脳症の原因または一因になります。 消化管の出血 : 門脈圧亢進症のため、食道や胃の静脈が蛇行して拡張し、そこから出血が起きることがあります。患者は血を吐いたり(吐血)、血の混じった便や黒いタール状の便がみられたり(血便)することがあります。[msdmanuals.com]

  • ヘモクロマトーシス

    概要・症状 ヘモクロマトーシスは、循環器内科の病気ではありませんが、体内における組織損傷を引き起こす過度の鉄の蓄積が特徴です。特に肝臓、膵臓、皮膚、心臓、関節、甲状腺、下垂体、精巣などの諸臓器に過剰に沈着し、症状を引き起こす病気です。肝硬変、糖尿病、皮膚色素沈着の3主徴、さらに心不全を加えた4主徴のほかに、種々の内分泌障害(甲状腺・副甲状腺・下垂体の機能低下、性機能低下など)から性欲減退、陰毛や体毛の脱落、無月経、睾丸萎縮、また関節の腫脹や疼痛なども高頻度にみられるのが特徴で、原発性と続発性に分類されます。[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 感染性心内膜炎

    感染症状発熱 頭痛 全身倦怠感 など心症状心雑音: 疣贅や弁穿孔などによるもの 心不全 不整脈: 刺激伝導系の特殊心筋に炎症が及ぶことによるもの塞栓症状血尿 爪下線状出血 眼底のロート斑(Roth spots): 出血性梗塞により、中心部が白く見える ジェーンウェイ斑: 手掌や足底に見られる無痛性紅斑。 [ja.wikipedia.org] 病状の進行に伴い、①感染症状:発熱、、貧血、②心症状:高度の弁膜変形、中毒性心筋障害に伴ううっ血性心不全、③血管塞栓症状:腎梗塞、脳梗塞、梗塞、Osler結節(指趾先端の有痛性紅斑)、Roth斑(眼底の綿花状白斑)、Janeway斑(手掌、足底の無痛性紅斑)を認める。[med.toaeiyo.co.jp] その他、血尿(25%)、(11%)などの非特異的な所見も見られることがあります。 全身における種々の塞栓症を見た時も、塞栓源として一度は感染性心内膜炎を疑ってください。[jhf.or.jp]

さらなる症状

類似した症状