Create issue ticket

考えれる348県の原因 脾機能亢進症

  • 慢性アルコール依存症

    概要 アルコールは古代より親しまれている嗜好品で我々の生活を豊かにしてくれますが、一方で過剰な飲酒を長期に渡って続けると様々な臓器に障害を来たし、その中でも肝障害は高頻度でしばしば重篤となります。世界では過剰な飲酒によってアルコール性肝障害(脂肪肝、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 伝染性単核球症

    症状 EBVの感染したTもしくはNK細胞の臓器浸潤と活性化による高サイトカイン血による症状をきたす。発熱、リンパ節腫脹、肝腫、発疹、貧血、血小板減少、下痢、下血、ぶどう膜炎、冠動脈瘤。 合併症 多臓器不全、機能亢進、血球貪食症候群、悪性リンパ腫、白血病、DIC、消化管潰瘍/穿孔、間質性肺炎、心筋炎、種痘様水疱症、蚊刺過敏症。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 再生不良性貧血

    汎血球減少を来すことの多い他の疾患には、白血病、骨髄異形成症候群、骨髄線維、発作性夜間ヘモグロビン尿、巨赤芽球性貧血、癌の骨髄転移、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、機能亢進(肝硬変、門脈圧亢進症など)、全身性エリテマトーデス、血球貪食症候群、感染症などが含まれる。 4.以下の検査所見が加われば診断の確実性が増す。[nanbyou.or.jp] 汎血球減少をきたすことの多い他の疾患には、白血病、骨髄異形成症候群、骨髄線維、発作性夜間ヘモグロビン尿、巨赤芽球性貧血、癌の骨髄転移、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、機能亢進(肝硬変、門脈圧亢進症など)、全身性エリテマトーデス、血球貪食症候群、感染症などが含まれる。 4. 以下の検査所見が加われば診断の確実性が増す。[jpma-nanbyou.com]

  • サルコイドーシス

    その他の障害 : 神経根障害、馬尾症候群 など 2)肝病変:肝腫、多発性結節 3)病変:腫、機能亢進、多発性結節 4)消化管病変:潰瘍、粘膜肥厚、隆起性病変 5)腎病変:腎腫瘤、 カルシウム代謝異常に伴う腎病変 、尿細管間質性腎炎、肉芽腫性腎炎、 糸球体腎炎 、 腎血管炎 6)胸郭外リンパ節病変:表在性リンパ節腫大、腹腔内リンパ節腫大[jssog.com] 、腎臓腫瘤 l消化管:食欲不振、腹部膨満、消化管ポリープ l肝臓:肝機能障害、肝腫大 l脾臓:機能亢進症状(血球減少)、腫 l膵臓:膵腫瘤 l胆道病変:胆道内腫瘤 l骨髄:血球減少 l乳房:腫瘤形成 l甲状腺:甲状腺機能亢進、甲状腺機能低下、甲状腺腫 l生殖器:不妊症、生殖器腫瘤 B.特徴的検査所見 1.両側肺門縦隔リンパ節腫脹(Bilateral[nanbyou.or.jp] 、結節性紅斑様型、魚鱗癬型、瘢痕浸潤、結節性紅斑) l胸郭外リンパ節:リンパ節腫大 l筋肉:筋力低下、筋痛、筋肉腫瘤 l骨:骨痛、骨折 l上気道:鼻閉、扁桃腫大、咽頭腫瘤、嗄声、上気道狭窄、副鼻腔炎 l外分泌腺:涙腺腫大、唾液腺腫大、ドライアイ、口腔内乾燥 l関節:関節痛、関節変形、関節腫大 l代謝:高カルシウム血症、尿路結石 l腎臓:腎機能障害[nanbyou.or.jp]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • 門脈圧亢進症

    胃静脈瘤に対しては液体塞栓物質を用いて門脈圧亢進の側副血行路(わき道としての静脈瘤)をふさぐ逆行性経静脈的硬化療法(BRTO)がおこなわれます。 機能亢進では貧血を起こすので、摘出術をおこないます。[medical.jiji.com] 治 療:食道・胃静脈瘤に関してはスリム化し,異所性静脈瘤,腹水,肝性脳症,機能亢進,門脈血栓などの項を追加した。 病 理:新たに写真を追加し,疾患概念の整理を行った。また脾臓の病理を追加,大幅に改訂した。 ※巻末には門脈血行異常症の新しい診断の手引と治療指針を附記した。[kinokuniya.co.jp] 肝実質病変を伴わず肝外門脈の血流障害をきたす原因不明の疾患で,門脈圧亢進(門亢)に伴う食道胃静脈瘤,機能亢進腫や汎血球減少症)に加え,時に成長障害や肝肺症候群,門脈肺高血圧症を発症します。[jmedj.co.jp]

  • 腹膜炎

    腹膜炎(ふくまくえん、英: Peritonitis)は、腹膜の炎症を指す。 急性のものは、胃・腸・虫垂・胆嚢・膵炎などの炎症・穿孔などにより、腹膜が細菌に感染する。 慢性のものは、結核が原因のことが多い。 急性腹部の疼痛。時間の経過と共にだんだんと痛む部分が広がっていく。 ブルンベルグ徴候(腹部を圧迫した手を急に離すことで周囲に痛みが響く)のような現象を生じる。 筋性防御(腹筋部分が板のように硬くなる)という現象が生じる。 発熱・悪寒・嘔吐・頻脈などが起こる。 症状が重くなると意識を失い死亡する事もある。慢性症状は緩やかに経過するが、放置すると蛙の腹のようにふくれ、癌になることがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • リンパ腫

    悪性リンパ腫(あくせいリンパしゅ、ML: Malignant Lymphoma)は、血液のがんで、リンパ系組織から発生する悪性腫瘍である。 リンパ系組織は全身を巡っているため、肉腫及び癌腫の癌とは異なり、外科手術による切除は行わず(但し、腫大による圧迫などを緩和するため姑息手術を行うことはある)、主に放射線療法および化学療法を適応する。リンパ腫には「良性」はない為、必ず「悪性」ということになるが、日本語の病名としては明示的に「悪性リンパ腫」と呼び習わしている。診療科目は血液内科や耳鼻咽喉科などである。 悪性リンパ腫は、単一ではなく、多様な病型のリンパ系組織のがんの総称である[…][ja.wikipedia.org]

  • 梅毒

    The topic of This Month Vol.36 No.2(No.420) 梅毒 2008 2014年 (IASR Vol. 36 p. 17-19: 2015年 2月号 ) 梅毒は細菌感染症であり、梅毒トレポネーマ( Treponema pallidum 、以下 T. pallidum )が病原体である。 T. pallidum は直径0.1 0.2μm、長さ6 20μmのらせん状である。活発な運動性を有し、染色法や暗視野顕微鏡で肉眼的に観察できる。試験管内培養ができないため、病原性の機構はほとんど解明されていない。[…][nih.go.jp]

  • ゴーシェ病

    酵素補充治療はGDの自然経過を変え,機能亢進患者の摘を不要としたが,酵素補充治療を受けていない患者や他の患者は以下の対症療法を受ける必要がある.[grj.umin.jp] 腫 脾臓が腫大し(平均成人の容量50 200ccに対し1500 3000cc),汎血球減少(貧血・白血球減少・血小板減少)を伴う機能亢進が生じる.梗塞は急性の腹痛をきたす.稀に脾破裂により緊急手術が必要となる場合がある. 肝腫大はよく見られるが,肝硬変や肝不全は稀である.[grj.umin.jp] 血小板減少機能亢進,脾臓への血小板集積,骨髄の浸潤や梗塞によって生じる.自己免疫性血小板減少症も報告されているが,GD特異的治療にもかかわらず持続性血小板減少症が見られる患者とは区別するべきである.血小板減少症は,特に外傷,手術,出産時の内出血傾向もしくは出血過多の原因となる.出血リスクは凝固能異常がある場合に高くなる.[grj.umin.jp]

さらなる症状