Create issue ticket

考えれる168県の原因 脳脱髄と炎症

  • ニューロパチー

    Chronic Inflammatory Demyelinating Polyradiculoneuropathy:CIDP 解説:村上 善勇 ( 埼玉県済生会栗橋病院 神経内科副担当部長) 慢性炎症性多発根ニューロパチーはこんな病気 何らかの免疫の異常により、慢性的に末梢神経(や脊髄など中枢神経から枝分かれして身体の各筋肉につながっている[saiseikai.or.jp]

  • 多発性神経炎

    その疾患はおもだったものとして,脳血管障害(脳梗塞),神経感染症(髄膜炎、脳炎),神経変性疾患(パーキンソン病,アルツハイマー病,脊髄小脳変性症,筋萎縮性側索硬化症など),神経免疫疾患(視神経脊髄炎を含む多発性硬化症,重症筋無力症,多発性筋炎,ギラン・バレー症候群,慢性炎症性多発神経炎,多巣性運動ニューロパチーなど)があげられます。[edogawa.or.jp] 脳神経内科の主な疾患と治療方法 片頭痛 梗塞 アルツハイマー病 パーキンソン病 てんかん 重症筋無力症 ギラン・バレー症候群 慢性炎症性多発神経炎(CIDP) 多発性硬化症 脳炎・髄膜炎 睡眠時無呼吸症候群 ナルコレプシー レム睡眠行動異常症 下肢静止不能症候群(レストレスレッグズ症候群、むずむず脚症候群) 片頭痛 解説 頭の片側または[kanden-hsp.jp] 梗塞では,超急性期の加療が近年変わってきました。血栓溶解療法が行われるようになり,最初は、発症時間から3時間以内の施行とされていましたが,のちに、4時間半以内に行うことと改められました。しかし、脳梗塞は,発症時に疼痛を伴わないので、1日あるいは数日間,様子をみてから受診することが珍しくありません。[edogawa.or.jp]

  • 脱髄疾患

    炎症をともなう病巣はや脊髄のあちこちに繰り返し起こります。が多発し、炎症がおさまった後に傷あとが硬くなるので、「多発性硬化症」の名があります。英語のmultiple(多発性) sclerosis(硬化症)の頭文字をとって、MSとも呼びます。[ms-supportnavi.com] 3.液検査 CQ6-3-1 中枢神経系炎症疾患の診療で脊髄液検査をする目的は何か? CQ6-3-2 中枢神経系炎症疾患において特徴的な脊髄液検査所見は何か? 4.神経生理学的検査 CQ6-4-1 中枢神経系炎症疾患の診療に有用な神経生理学的検査は何か?[minds.jcqhc.or.jp] そして末梢血由来の B 細胞、T 細胞およびマクロファージが同時に流入し、中枢神経系におけるミクログリアの活性化および増殖が起こり、炎症状態となります。 疾患におけるこのような炎症は、内皮細胞によって形成され中枢神経系との境界を成す血液関門(blood-brain barrier; BBB)の欠陥または損傷によって悪化します。[abcam.co.jp]

  • 内側性硬化症

    1 髄腔内バクロフェン治療を施行した、弧発性痙性対麻痺 第26回 2008年10月8日 1 呼吸筋麻痺・嚥下障害で初診した、93歳重症筋無力症 2 帯状疱疹性脊髄炎 3 ステロイド・パルス療法が有効であった、血管炎疑い症例 4 M蛋白血症を伴う慢性炎症性多発神経炎 5 両側前頭葉白質 梁病変(Glioma) 第27回 2008年12[numazu-hospital.shizuoka.jp] の割合が高く,また神経ベーチェット病など,ほかに頻度の高い炎症性中枢神経疾患があるために,炎症性疾患の診断が欧米よりも難しい.臨床経過や症状だけでは鑑別できないことが多いため,種々の検査結果を参考にして適切に診断する必要がある.[saishin-igaku.co.jp] アミロイド・アンギオパチー 3 ヘルペス脳炎 4 インフルエンザワクチン接種後の急性散在性脳脊髄炎 第19回 2007年4月25日 1 ANCA関連血管炎に伴う多発性脳梗塞 2 抗リン脂質抗体症候群患者の脳出血 第21回 2007年9月12日 1 上矢状静脈洞血栓症の治療中に、ヘパリン起因性血小板減少症を発症 2 気管切開・人工呼吸器管理となった、慢性炎症性多発神経炎[numazu-hospital.shizuoka.jp]

  • 脊髄の脱髄

    炎症をともなう病巣はや脊髄のあちこちに繰り返し起こります。が多発し、炎症がおさまった後に傷あとが硬くなるので、「多発性硬化症」の名があります。英語のmultiple(多発性) sclerosis(硬化症)の頭文字をとって、MSとも呼びます。[ms-supportnavi.com] 3.液検査 CQ6-3-1 中枢神経系炎症疾患の診療で脊髄液検査をする目的は何か? CQ6-3-2 中枢神経系炎症疾患において特徴的な脊髄液検査所見は何か? 4.神経生理学的検査 CQ6-4-1 中枢神経系炎症疾患の診療に有用な神経生理学的検査は何か?[minds.jcqhc.or.jp] 3.液検査 [CQ6-3-1]中枢神経系炎症疾患の診療で脊髄液検査をする目的は何か? [CQ6-3-2]中枢神経系炎症疾患において特徴的な脊髄液検査所見は何か? 4.神経生理学的検査 [CQ6-4-1]中枢神経系炎症疾患の診療に有用な神経生理学的検査は何か?[igaku-shoin.co.jp]

  • 尿毒症性肺炎

    HTLV-I関連脊髄症(HAM) 末梢神経系疾患 Guillain-Barre症候群 Miller-Fisher症候群 慢性炎症性脱髄性ポリニューロパチー(CIDP) 多発神経炎 Crow-Fukase症候群 異常タンパク血症による多発神経炎 クリオグロブリン血症性多発神経炎 神経筋接合部疾患 重症筋無力症 Lambert-Eaton[apheresis-jp.org] 自己免疫性水疱症 尋常性天疱瘡 落葉状天疱瘡 水疱性類天疱瘡 後天性表皮水疱症 中毒性表皮壊死症 自己免疫性蕁麻疹 掌蹠膿疱症 乾癬 血液疾患 過粘稠度症候群 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP) 血液型不適合妊娠 神経疾患 中枢神経系脱髄性疾患 多発性硬化症 Balo同心円硬化症 Bickerstaff型脳幹脳炎 Rasmussen脳症 急性散在性脊髄炎[apheresis-jp.org]

  • 自律神経性ニューロパチー

    脊髄液減少症) 19 末梢神経障害 ギラン・バレー症候群/フィッシャー症候群/ 慢性炎症性多発ニューロパチー/多巣性運動性ニューロパチー/ シャルコー・マリー・トゥース病/家族性アミロイドポリニューロパチー/ AL型アミロイドーシスによるポリニューロパチー/ POEMS症候群(クロゥ・深瀬症候群)/膠原病に伴うニューロパチー/ ハンセン[igaku-shoin.co.jp] ニューロパチー/反射性交感神経性ジストロフィー/レイノー病 18 脊髄・脊椎の疾患 脊髄血管障害/脊髄炎,アトピー性脊髄炎/脊髄空洞症/ 脊髄動静脈瘻・動静脈奇形/脊髄硬膜外腫瘍-脊椎腫瘍を中心に/ 脊髄硬膜内髄外腫瘍/脊髄髄内腫瘍/頸椎椎間板ヘルニア/平山病/ 腰椎椎間板ヘルニア/後縦靭帯骨化症/黄色靭帯骨化症/脊髄硬膜外膿瘍/ 脊椎炎/低液圧症候群[igaku-shoin.co.jp]

  • 深在性嚢胞性大腸炎

    梗塞、多発性硬化症(MS)、視神経脊髄炎(NMO)、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性多発神経炎、多発性筋炎、筋硬直性ジストロフィー、ミトコンドリア筋症、髄膜炎、脳炎、片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛、てんかん、眼瞼痙攣、顔面痙攣、頚性斜頸 脳神経センター (脳神経外科) 良性脳腫瘍、悪性脳腫瘍、脳動脈瘤、頚動脈狭窄・[lab.toho-u.ac.jp] 、球脊髄性筋萎縮症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症(MS)、視神経脊髄炎(NMO)、重症筋無力症(MG)、慢性炎症性多発神経炎(CIDP)、多巣性運動ニューロパチー(MMN)、クロウ・フカセ症候群(POEMS 症候群)、表層ジデローシス、多系統萎縮症(MSA)、もやもや病、神経線維腫症、間脳下垂体腫瘍、難治性てんかん、頚椎後縦靱帯骨化症[tmd-ac.jp] 腎炎 ネフローゼ症候群 腹膜透析 移植腎内科)、低たんぱく食事療法、腎不全血管外科(シャントトラブル)、蛋白尿・血尿症候群、慢性腎臓病、腎代替療法、保存期腎不全、血液透析、小児泌尿器科、小児腎臓病 脳神経センター (神経内科) パーキンソン病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、アルツハイマー病、多系統萎縮症、進行性核上性麻痺、皮質基底核変性症、出血[lab.toho-u.ac.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    初期研修医が経験した症例の一覧 脳血管障害: ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、一過性虚血発作、出血、クモ膜下出血 炎症性・感染性疾患: ウイルス性膜炎、細菌性髄膜炎、ヘルペス脳炎、ハント症候群、破傷風 中枢性髄疾患: 多発性硬化症 免疫性末梢神経障害: ギラン-バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、多巣性運動[asahikawa.hosp.go.jp]

  • 頸性脊椎炎

    非圧迫性ミエロパチー [ 編集 ] 非圧迫性の急性横断性ミエロパチーで最も頻度の高い原因は 脊髄梗塞 、全身性エリテマトーデス、 サルコイドーシス などの全身性炎症性疾患、 多発性硬化症 や 視神経脊髄炎 、 アトピー性脊髄炎 など 疾患 、 急性散在性脊髄炎 に関連する免疫機序が予想される感染後脊髄炎または本態性横断性脊髄炎、感染性[ja.wikipedia.org]

さらなる症状