Create issue ticket

考えれる102県の原因 脳脊髄液 正常

  • クロイツフェルト・ヤコブ病

    クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease, CJD)は、全身の不随意運動と急速に進行する認知症を主徴とする中枢神経の変性疾患。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではA810、病名交換用コードはHGP2。根治療法は現在のところ見つかっておらず、発症後の平均余命は約1.2年。なお、日本神経学会では「ヤコブ」ではなく、「ヤコプ」とし、「クロイツフェルト・ヤコプ病」を神経学用語としている。 米国に端を発し、ビー・ブラウン社(ドイツ)製造のヒト乾燥硬膜(ライオデュラ)を移植された多数の患者がこの病気に感染するという事故は日本を含め、世界的な問題となった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 水頭症のない

    交通性(非閉塞性)水頭症―脊髄の吸収が不十分なときに起こります。 正常圧水頭症(NPH)―室内の脳脊髄の量が増えて起こりますが、脳圧はほとんど、またはまったく上昇しません。60歳を超える成人に最も多くみられます。[medtronic.com] 正常圧水頭症について 正常圧水頭症とは 脊髄は脳脊髄という無色透明な水様の液体に浸かっています。この脳脊髄液の循環が悪くなり、溜まってきている状態を水頭症と言います。脳脊髄液の循環が脳出血などによって急激に障害されると圧の上昇を伴う急性水頭症を起こします。[ohkubohospital.jp] が200mmH20以下で、脊髄の性状が正常である 3) 以下のいずれかを認める ①歩行障害があり、高位円蓋部および正中部の溝・くも膜下腔の狭小化が認められる ②タップテスト(脳脊髄液排除試験)で症状の改善を認める ③ドレナージテスト(腰部持続脊髄ドレナージ)で症状の改善を認める Definite iNPH シャント術施工後、客観的[is-brain.com]

  • 外傷性脳損傷

    症状が多種多彩な不定愁訴で、CTやMRIでも映らない病変のため、ほとんどの患者はむち打ち、線維筋痛症や慢性疲労症候群、自律神経失調症、更年期障害、高次機能障害、脊髄減少症、鬱、心身症などと誤診され、さらには軽度の場合は、一見「歩き、喋られ、食べられる」正常人に見えるため、気の病、仮病・詐病、怠け病、無能者扱いさえされ、数十病院をドクターショッピング[amazon.co.jp]

  • 交通性水頭症

    交通性(非閉塞性)水頭症―脊髄の吸収が不十分なときに起こります。 正常圧水頭症(NPH)―室内の脳脊髄の量が増えて起こりますが、脳圧はほとんど、またはまったく上昇しません。60歳を超える成人に最も多くみられます。[medtronic.com] くも膜下腔の幅が部位によって不均等であることは正常圧水頭症の重要な所見です。 髄検査 髄検査では、脊髄の圧や性状を検査します。正常圧水頭症では圧が正常であることが特徴です。また補助的な検査として、腰椎に針を刺して脊髄を30mlほど放出し、その後に症状が改善するかみることがあります。[medicalnote.jp] 診断は、症状に加え、のCTやMRIで室の拡大があり、腰椎からの髄穿刺で測定した脊髄の圧が正常であることや他の痴呆をきたす疾患などを除外することなどによってなされます.このうち症状では、痴呆がやはり1番目立ちますが、発病初期には物忘れ(記銘力障害)は軽度で、自発性や意欲の低下、周囲に対する無関心や日常動作の緩慢などの精神機能障害などが[itsuki-hp.jp]

  • 急性心筋梗塞

    さらに、APP770サンドイッチELISAと通常のAPPサンドイッチELISAを併用することで脊髄正常に保つための脊髄中には主に切断型APP695が含まれる一方で、血液中では主に切断型APP770が含まれることが分かりました。[riken.jp]

  • ハイドログラフィス

    水頭症(すいとうしょう)とは、脊髄の産生・循環・吸収などいずれかの異常により髄が頭蓋腔内に貯まり、室が正常より大きくなる病気である。脊髄による脳の圧迫が、脳機能に影響を与える。おもに乳幼児に多くみられる。 脳水腫について 「水頭症」は以前「脳水腫」と称されることが多かったが、「脳水腫」は別の意味に用いられる場合がある。[ja.wikipedia.org]

  • 閉塞性水頭症

    交通性(非閉塞性)水頭症―脊髄の吸収が不十分なときに起こります。 正常圧水頭症(NPH)―室内の脳脊髄の量が増えて起こりますが、脳圧はほとんど、またはまったく上昇しません。60歳を超える成人に最も多くみられます。[medtronic.com] 水頭症 (すいとうしょう)とは、 脊髄 の産生・循環・吸収などいずれかの異常により髄が頭蓋腔内に貯まり、 室 が正常より大きくなる病気である。脊髄による 脳 の 圧迫 が、脳機能に影響を与える。おもに乳幼児に多くみられる。[ja.wikipedia.org] 診断は、症状に加え、のCTやMRIで室の拡大があり、腰椎からの髄穿刺で測定した脊髄の圧が正常であることや他の痴呆をきたす疾患などを除外することなどによってなされます.このうち症状では、痴呆がやはり1番目立ちますが、発病初期には物忘れ(記銘力障害)は軽度で、自発性や意欲の低下、周囲に対する無関心や日常動作の緩慢などの精神機能障害などが[itsuki-hp.jp]

  • アルコール性認知症

    正常圧水頭症(iNPH) 正常圧水頭症とは、脊髄が異常に頭に溜まり障害を起こし、圧の上がりにくい水頭症です。正常圧水頭症には、クモ膜下出血、頭部外傷や髄膜炎などの原因から生じる続発性正常水頭症と、原因がわかりにくい特発性正常圧水頭症と呼があります。認知症に似た症状が見られますが、歩行障害などに特徴があります。[aburayama-hospital.com]

  • 血液量減少症

    しかし、脊髄の圧を測定してもほとんど正常ということで、1999年にアメリカのメイヨークリニックのMokri先生が提唱していた『cerebrospinal fluid hypovolemia (脊髄減少症)』という病名がこの病気に使われるようになりました。[kishi.or.jp] 症状を引き起こすきっかけは交通事故だけではなく、尻もちをつくなどの非常に軽い外傷のこともあり、この病態が提唱され始めた頃は『外傷性低髄圧症候群』と呼ばれていました。[kishi.or.jp]

  • 足奇形

    脊髄の産生・循環・吸収などいずれかの異常により髄が頭蓋腔内に貯まり、 室が正常より大きくなる病気。 脊髄による脳の圧迫が脳機能に影響を与える。 また、脳圧が上がることによる頭痛や嘔吐、視神経の圧迫による視力低下や視力異常、失明などの症状がある。[matome.naver.jp]

さらなる症状