Create issue ticket

考えれる6県の原因 脳脊髄液塩化物減少

  • 髄膜腫

    髄膜腫(ずいまくしゅ)または髄膜腫瘍(ずいまくしゅよう)は、脳と脊髄の周りの膜層である髄膜から発生し、非常にゆっくりと進行する腫瘍である。症状は発生箇所とその腫瘍によって圧迫される組織によって異なる。多くの場合、症状がない。時に発作、認知症、言語障害、視覚障害、半身の衰弱、尿失禁になることがある。 髄膜腫の主な要因には、放射線治療などによる電離放射線曝露、家系、神経線維腫症2型、などがあげられる。2014年には髄膜腫と携帯電話使用との関係性はないとされた。髄膜腫はいくつかの異なる種類の細胞から発生するとされ、その中にはクモ膜下細胞も含まれる。診断は一般的に医用画像による。[…][ja.wikipedia.org]

  • 細菌性髄膜炎

    細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん、英: Bacterial meningitis)は、細菌感染によって起こる中枢神経系の感染症。別名として、化膿性髄膜炎(かのうせいずいまくえん、英: Septic meningitis)とも呼ばれる。通常結核性髄膜炎はこの細菌性髄膜炎に含めない。 発熱の原因が中枢神経と疑われるとき、髄液検査を行い細胞数の増加があれば神経感染症と考える。神経感染症では感染部位によって名称、症状が異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 髄膜炎菌性髄膜炎

    2017年12月8日 髄膜炎菌とは 髄膜炎菌は、まわりを莢膜(きょうまく)という厚い膜に覆われた細菌です。人の免疫機能によって排除されにくく、体内で増殖しやすい特徴があります。健康な人の鼻やのどの粘膜に存在しており、人から人へ咳やくしゃみなどを介して、鼻、のど、気管などの粘膜に付着します。体力が低下している時や、免疫系の疾患などがある場合には、その菌が血液や髄液に入り全身に広がると、菌血症や敗血症、髄膜炎になることがあります。 髄膜炎菌には、13以上の異なる種類(血清群)があり、このうち、ほとんどの感染原因はA群、B群、C群、Y群、W群の5種類といわれています。日本で2013年4月[…][chiba-city-med.or.jp]

  • レプトスピラ性髄膜炎

    レプトスピラ症とは (IDWR 2003年第1・2合併号掲載) ワイル病、秋やみなどに代表されるレプトスピラ症(leptospirosis)は、病原性レプトスピラ感染に起因する人獣共通の細菌(スピロ ヘータ)感染症である。病原性レプトスピラは保菌動物(ドブネズミなど)の腎臓に保菌され、尿中に排出される。ヒトは、保菌動物の尿で汚染された水や土壌 から経皮的あるいは経口的に感染する。1999 年4 月に施行された感染症法では、レプトスピラ症は届け出疾患に含まれていない(註:2003年11月施行の感染症法一部改正により、4類感染症となった)。 疫 学 本邦では、1970 年代前半までは年間50[…][niid.go.jp]

  • 野兎病髄膜炎

    更新日:2018年1月1日 感染症の発生届 1類から5類感染症を診断した医師は、こちらの様式で保健所に届出を行ってください。 なお、施行規則の改正により平成30年1月1日より以下のとおり変更となりました。 (1)風しんの発生届を「7日以内に」から「直ちに」提出すること (2)百日咳を「定点把握疾患」から「全数把握疾患(五類)」とし、7日以内に発生届を提出すること 発生届の届出基準と様式について 厚生労働省ホームページ(外部リンク) こちらより様式をダウンロードしてください。 ※「直ちに」届出が必要なものにつきましては、届出の際に感染症対策課までご連絡ください。 届出期限について 感染症類型[…][city.sakai.lg.jp]

  • 黄色ブドウ球菌髄膜炎

    細菌性髄膜炎 (さいきんせいずいまくえん、 英 : Bacterial meningitis )は、 細菌 感染によって起こる 中枢神経系 の感染症。別名として、 化膿性髄膜炎 (かのうせいずいまくえん、 英 : Septic meningitis )とも呼ばれる。通常 結核性髄膜炎 はこの細菌性髄膜炎に含めない。 神経感染症の総論 [ 編集 ] 発熱の原因が中枢神経と疑われるとき、 髄液 検査を行い細胞数の増加があれば神経感染症と考える。神経感染症では感染部位によって名称、症状が異なる。 名称 英語名 症状 脳炎 encephalitis 頭痛、発熱、痙攣、意識障害、神経局所症状 髄膜炎[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状