Create issue ticket

考えれる61県の原因 脳脊髄液タンパク質の増加

  • 末梢神経障害

    この記事で示されている出典について、該当する記述が 具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、 特定が求められています 。ご存知の方は 加筆 をお願いします。 ( 2014年6月 ) ニューロパチー ( ニューロパシー [1] 、Neuropathy)は、 末梢神経 の正常な伝導が障害される病態。障害される神経の種類は 運動神経 、 感覚神経 、 自律神経 に及び、ミクロ的な障害部位は 軸索 であったり 髄鞘 ( シュワン細胞 )であったりする。マクロ的にどこが障害されるかによって、 単神経炎 ・ 多発性単神経炎 ・ 多発神経炎 に区別される。 主な疾患は、 ギラン・バレー症候群[…][ja.wikipedia.org]

  • トキソプラズマ感染症

    トキソプラズマToxoplasma gondiiは、単細胞の原虫です。世界中でみられます。人に寄生して、トキソプラズマ症という感染症を起こします。アメリカ合衆国では、6000万人以上が感染していますが、ごくわずかの人でしか症状は見られません。それは、免疫の働きが、通常、病気を起こさないように、トキソプラズマを抑え込んでいるからです。[…][city.yokohama.lg.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 帯状疱疹

    腎臓への負担が少なく高齢者にも使いやすいと目される帯状疱疹治療薬が今秋にも登場しそうだ。増加する高齢者の帯状疱疹は、強い痛みがQOLを大幅に低下させる恐れがあるため、抗ウイルス薬治療と合わせ、早期から「攻め」の痛み治療を開始したい。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳血栓症
  • 原発性進行性多発性硬化症
  • 脳溢血

    脳内出血(のうないしゅっけつ)とは、脳内に出血する疾患である。大きくは高血圧性脳内出血と、非高血圧性脳内出血に分類される。 寒冷暴露などの自然環境のほか、労働条件やストレスなどの社会的、精神的要因がある。また、喫煙、塩分摂取、アルコールなどの嗜好、肥満、高血圧、運動不足など多岐にわたる。 高血圧性脳内出血は、高血圧症および動脈硬化が起こる50〜70歳代に多いとされるが、近年高血圧症の早期治療の普及により減少傾向にある。他の危険因子として喫煙、糖尿病、動脈硬化症、種々の出血性疾患がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 髄膜炎

    髄膜炎(ずいまくえん)とは、髄膜(脳および脊髄を覆う保護膜)に炎症が生じた状態である。脳膜炎、脳脊髄膜炎ともいう。炎症はウイルスや細菌をはじめとする微生物感染に起因し、薬品が原因となることもある。髄膜炎は炎症部位と脳や脊髄との近接度合いによっては生命の危険があるため、救急疾患に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 硬膜下血腫

さらなる症状