Create issue ticket

考えれる4県の原因 脳脊髄液グルコース増加

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性ケトアシドーシス

    抄録 症例は36歳の男性. 約1カ月前から全身倦怠感が出現, 2週間前から口渇が強く, ペットボトル清涼飲料水を多飲, 次第に動けなくなり, 意識が混濁した. 糖尿病性ケトアシドーシス (DKA) と診断, 大量輸液, インスリン持続投与を開始した. カルシウムは11.8mg/d l, 中性脂肪 (TG) は777mg/d l であった. アシドーシスが改善し, 意識清明となった後も高血糖は持続した. アミラーゼ, エラスターゼ-1, リパーゼの高値およびCT上膵腫大を認め, 急性膵炎の合併が判明したが, 腹痛は認めなかった. 膵炎の治癒に伴い血糖コントロールは改善, 入院時15.1%であったHbA 1c[…][doi.org]

  • 頭蓋内膿瘍

    脳膿瘍 Healthline Image 概要 脳膿瘍は通常、細菌または真菌感染の結果として現れるものです。膿や死んだ細胞が脳内に溜まることで感染が起こり、感染によって脳の腫れが引き起こされます。 頭部への損傷や、体のほかの場所に起きた感染を通して、真菌やウイルス、また細菌が脳に到達すると、脳膿瘍が形成されます。ウィスコンシン子ども病院(CHW)によると、体の他の部位からの感染による脳膿瘍は、脳膿瘍全体の20 50%を占めています 心臓感染と肺感染は、それぞれ脳膿瘍の原因として最も多く見られるものの一つです。また脳の感染は、中耳炎や歯の膿瘍から始まる場合もあります。(CHW)[…][msn.com]

  • 高血糖症

    高血糖症(こうけっとうしょう、英: hyperglycemia)とは血中のグルコース濃度が過剰である状態。高血糖症は通常血糖値が10mmol/L(180mg/dL)以上からとされるが、15-20mmol/L(270-360mg/dL)あるいは15.2-32.6mmol/Lまで顕著な症状を示さないこともある。しかし125mg/dL以上の状態が慢性的に続くと臓器障害を生じうる。 英語の hyperglycemia の語源は、ギリシア語でhyper- 過度に、-glyc- 甘い、-emia 血液の状態、である。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状