Create issue ticket

考えれる285県の原因 脳脊髄液の異常

  • 脳卒中

    目次 脳卒中とは 脳卒中の症状 脳卒中を疑ったら 病院での検査、治療 脳卒中の予防 1. 脳卒中とは 脳の血管が破れるか詰まるかして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される病気です。より早期(発症して4.5時間以内が目安です)に治療を開始すると後遺症が軽くなることがある、救急疾患です。 原因によって、1)脳梗塞(脳の血管が詰まる)、2)脳出血(血管が破れる)、3)くも膜下出血(動脈瘤が破れる)、4)一過性脳虚血発作(TIA)(脳梗塞の症状が短時間で消失する)の4つに分類されます。 脳梗塞[…][ncvc.go.jp]

  • 脳血栓症

    抄録 Endothelin-1 (ET-1) は血管収縮機構1を介して, 脳血管障害の病態生理に密接に関与している.また, Thrombornodulin (TM) は, 内皮より逸脱した血中微量蛋白質である.慢性期脳血栓症25名を対象として, 選択的cAMP phosphodiesterase阻害剤であるCilostazol 200mgの2週間投与前後における血中ET-1, TM値の変動について検討した.血中ET-1値は, 投与前2.16 0.68ng/m l を示し, 投与後1.75 0.80pg/m l へと有意に減少した (p 糖尿病合併群における血中TM値の基礎値 (3.18 0.70FU/m l )[…][jstage.jst.go.jp]

  • 慢性疲労症候群

    州立ワシントン大学に著作権のある音源と、個人所有の写真を許可なく無断で使用し、 Youtube を使って嫌がらせをしたグループへ告ぐ。 2度までは、個人的な通報で穏便に済ませたが、 3度目は、同大学の法務に連絡をとり、法的アクションを起こすことを理解してほしい(著作権侵害) このサイトは、沢山の”命”のために「真実」を伝える目的、 および、慢性疲労症候群(15歳発症)から他の自己免疫疾患を発症するも治療法がなく (再発性多発性軟骨炎・ベーチェット病、前者は希少疾患) ---生物製剤は1%未満の重篤な副作用で使えず、殆ど全ての免疫抑制剤に深刻な副作用が出るため使用できない---[…][cocurej.web.fc2.com]

  • 髄膜炎

    脊髄の周囲を流れている液体である、脊髄の中に細菌が入り込み炎症をおこす病気です。脊髄液を調べると異常に多くの細菌がみられます。現在、新生児発症が25%、1才未満が60%と4才未満85%と新生児、乳幼児の疾患と考えていいでしょう。[senoopc.jp] 新生児では通常脊髄中グルコース濃度が成人より高いため、この比が0.6 (60%)より小さい場合を異常とする。 脊髄中乳酸が高値を占めす場合、白血球数の高値と同じく細菌性髄膜炎の可能性が高い。乳酸値が35 mg/dlより低く、検査前に抗生物質を投与していない場合、細菌性髄膜炎を除外できる。[ja.wikipedia.org] 死亡リスクは年齢以外にも、病原体が脊髄から取り除かれるまでに要する時間、全身疾患の重症度、意識レベル低下やCSF内白血球数の異常低値など、様々な因子から予測される。インフルエンザ菌および髄膜炎菌による髄膜炎は、B群レンサ球菌や大腸菌群、肺炎レンサ球菌を原因とするものよりも予後が良好である。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜転移

    3)髄検査 典型的な脊髄所見を以下に示す。(2)と(3)の組み合わせは、他に異常がない場合でもしばしばみられる。 (1)初圧の上昇 16cmH2O (2)タンパク濃度の上昇 38mg/dL 約80%にみられ、主に血液脳関門の破壊による影響と考えられる。[medical.nikkeibp.co.jp] 新生児では通常脊髄中グルコース濃度が成人より高いため、この比が0.6 (60%)より小さい場合を異常とする [3] 。 脊髄中 乳酸 が高値を占めす場合、白血球数の高値と同じく細菌性髄膜炎の可能性が高い [27] 。乳酸値が35 mg/dlより低く、検査前に抗生物質を投与していない場合、細菌性髄膜炎を除外できる [31] 。[ja.wikipedia.org] 死亡リスクは年齢以外にも、病原体が脊髄から取り除かれるまでに要する時間 [1] 、全身疾患の重症度、意識レベル低下やCSF内白血球数の異常低値など、様々な因子から予測される [4] 。インフルエンザ菌および髄膜炎菌による髄膜炎は、B群レンサ球菌や大腸菌群、肺炎レンサ球菌を原因とするものよりも予後が良好である [1] 。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    遺伝性運動失調症は、歩行運動失調、眼球運動の不調和、発話、および手の運動を表現型として特徴付け、通常小脳の萎縮を伴う、非常に異質な疾患群です。. 脊髄小脳失調症と呼ばれることがよくあり、典型的には成人発症の35以上の常染色体優性型がある. 最も一般的なサブタイプは脊髄小脳性運動失調症1、2、3、6、および7であり、それらはすべてヌクレオチド反復拡大障害です。. 常染色体劣性運動失調症は通常小児期に発症します。最も一般的なサブタイプは、フリードライヒ、血管拡張性失調症、眼球運動失調症1型の運動失調症、および眼球運動失行症2型の運動失調症である.[…][laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 脳溢血

    知人の夫が脳溢血で倒れました。その夫は自営業をしていて、妻の知らない借金が500万円ほどあるそうです。夫は生命保険等に加入していなかったため、妻は返済の目途が立たず、途方にくれています。また、子供に障害があるため、妻はパートに出ることもできず、夫の収入がなくなれば生活保護を受けるしかない状況です。このような状況で2点お答えください。 ①夫の借金について、妻が債務整理の申し立てをできるのでしょうか? ②持家があるのですが、自己破産をした場合、持ち家も没収されると聞いています。持家を残しながら債務整理をする方法はないでしょうか。妻は今後生活保護を受けなくては生活できない状況です。[…][bengo4.com]

  • ライム髄膜脳炎

    目次に戻る 第3章 神経感染症各論 慢性髄膜炎と髄膜脳炎 河内 泉 新潟大学脳研究所臨床神経学部門神経内科学分野 病院講師 西澤 正豊 新潟大学研究所臨床神経学部門神経内科学分野 教授 要旨 慢性髄膜炎は,脊髄異常を伴う神経症状が4週間以上持続することを特徴とする髄膜の慢性炎症病態である.①感染性,②腫瘍関連性,③非感染性,④化学性,[saishin-igaku.co.jp] 新生児では通常脊髄中グルコース濃度が成人より高いため、この比が0.6 (60%)より小さい場合を異常とする [3] 。 脊髄中 乳酸 が高値を占めす場合、白血球数の高値と同じく細菌性髄膜炎の可能性が高い [27] 。乳酸値が35 mg/dlより低く、検査前に抗生物質を投与していない場合、細菌性髄膜炎を除外できる [31] 。[ja.wikipedia.org] 死亡リスクは年齢以外にも、病原体が脊髄から取り除かれるまでに要する時間 [1] 、全身疾患の重症度、意識レベル低下やCSF内白血球数の異常低値など、様々な因子から予測される [4] 。インフルエンザ菌および髄膜炎菌による髄膜炎は、B群レンサ球菌や大腸菌群、肺炎レンサ球菌を原因とするものよりも予後が良好である [1] 。[ja.wikipedia.org]

  • 硬膜下血腫

    薬剤 ベバシズマブ 腫瘍用薬 副作用 急性硬膜下血腫 概要 46歳、女性。卵巣癌ⅢC期に対して根治術を施行。進行卵巣癌のため術後補助化学療法として、Paclitaxel・Carboplatin Bevacizumab療法(TC Bev療法)を施行した。6サイクル施行後(Bevacizumabは初回を除く5サイクル)、Bevacizumab単剤継続投与2サイクルを施行したところ、2日目に突然の頭痛が出現し、急性硬膜下血腫と診断された。入院を要したが頭痛以外の症状はないため、経過観察のみで1ヵ月後の頭部CT検査では急性硬膜下血腫は改善傾向にあり、頭痛等の症状は消失した。[…][imic.or.jp]

  • クモ膜下出血

    クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、英: Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。脳血管障害の8%を占め、突然死の6.6%がこれに該当するといわれる。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる。 多くは脳動脈瘤の破裂(約80%)によるもので、その他に脳動静脈奇形、もやもや病、頭部外傷、脳腫瘍や脳動脈解離の破裂によるものなどがある。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状