Create issue ticket

考えれる60県の原因 脳神経麻痺

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 頸動脈狭窄症

    動脈解離では解離局所の痛みや解離部位の血管拡張による圧迫が原因で脳神経麻痺が起こることもある。 頸動脈狭窄性病変に特徴的な症候limb shakingとtransient hemichoreaは比較的頸動脈狭窄症に特異的な症状である。limb shakingは狭窄の対側上下肢の繰り返す、不随意的で、不規則な震える動きである。[ja.wikipedia.org]

  • ベル麻痺

    顔面神経麻痺があっても、その原因と考えられる疾患がある場合には、ベル麻痺とは呼ばない。例えば腫瘍、髄膜炎、脳卒中、糖尿病、頭部外傷、他の脳神経の炎症を起こす疾患(サルコイドーシスやブルセラ症など)などである。しかしこういった疾患では、神経症学的所見が顔面神経に限定されることはまれである。[ja.wikipedia.org]

  • 細菌性髄膜炎

    脳神経麻痺聾、盲、眼球運動障害などの脳神経麻痺は、髄膜の炎症反応や線維化が脳神経根にそって進展することや神経栄養動脈の血栓かでおこると考えられている。急性細菌性髄膜炎の経過中に発生した脳神経障害は通常は第Ⅲ、Ⅵ、Ⅶ、Ⅷ脳神経をおかし、多くは第Ⅷ脳神経性聴覚障害の例外を除き髄膜炎が治癒すると軽快傾向となる。[ja.wikipedia.org] 脳神経麻痺や神経局所症状最も多い神経局所徴候は片麻痺や注視障害、脳神経障害である。片麻痺は脳梗塞、脳浮腫、硬膜下膿瘍、部分痙攣後のトッド麻痺のいずれかのためである。 意識、精神状態興奮、せん妄などの意識障害から昏睡に至るまで様々な程度の意識障害がみられる。脳浮腫や頭蓋内圧亢進が意識障害の主原因である。 痙攣約20〜40%で認められる。[ja.wikipedia.org] 身体所見では項部硬直に加えて脳神経麻痺(Ⅲ、Ⅳ、Ⅵ、Ⅷが多い)、神経局在徴候を認める頻度が多い。髄液はリンパ球優位の細胞増加、蛋白増加、糖の低下が認められる。Kumarらの小児例で他の髄膜炎から結核性髄膜炎を識別する検討をした。[ja.wikipedia.org]

  • 頭蓋骨骨折

    骨折の部位に応じて鼻出血、耳出血、髄液鼻漏、髄液耳漏、脳神経麻痺、頭蓋内気腫などの病態を生じることがあるが、頭蓋内気腫については多くの場合、髄液漏に伴って起こるものである。 前頭蓋底骨折を示唆する局所所見としては、出血が皮下組織の比較的粗い眼瞼周辺に集まり、眼瞼が腫脹、変色する black eye がある。[ja.wikipedia.org]

  • 良性発作性頭位めまい症

    これらの区別に役立つ所見は回転性、浮遊性といった症状や耳鳴、難聴といった随伴症状、小腦異常、運動神経麻痺脳神経麻痺といった神経所見、症状の持続性などである。 多くの医学的な分類がそうであるように上記の表は概念を説明するものであり、個々の疾患を説明するものではない。表を参考に中枢か末梢かを考えていく。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜転移
  • 新生児顔面神経麻痺
  • ライム病

    ライム病(Lyme disease、ライムボレリア症〈Lyme borreliosis〉)は、ノネズミやシカ、野鳥などを保菌動物とし、マダニ科マダニ属 Ixodes ricinus 群のマダニに媒介されるスピロヘータの一種、ボレリア Borrelia の感染によって引き起こされる人獣共通感染症の1つ。感染症法における四類感染症である。野生動物では感染しても発症しないが、人、犬、馬、牛では臨床症状を示す。名前の由来は、アメリカコネチカット州のライム及びオールドライムで1975年に最初に確認(記載は1977年)されたことにちなむ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    多巣性運動ニューロパチー(multifocal motor neuropathy、MMN)は感覚障害を伴わない左右非対称の上肢遠位優位筋力低下と筋萎縮を主徴とする後天性の慢性脱髄性末梢神経疾患である。萎縮筋に線維束攣縮やミオキミア、筋痙攣がしばしばみられるため筋萎縮性側索硬化症(ALS)との鑑別が重要となる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状