Create issue ticket

考えれる791県の原因 脳神経麻痺

  • 糖尿病

    [西口修平] 糖尿病(代謝・内分泌疾患に伴う神経障害) (1)糖尿病 概念 糖尿病に由来する神経障害で,左右対称性下肢遠位優位に感覚運動障害を生じる糖尿病性多発神経障害(diabetic polyneuropathy),糖尿病性自律神経障害(diabetic autonomicneuropathy),単発性に末梢神経や脳神経麻痺を生じる糖尿病性単神経障害[kotobank.jp]

  • 頸動脈狭窄症

    動脈解離では解離局所の痛みや解離部位の血管拡張による圧迫が原因で脳神経麻痺が起こることもある。 頸動脈狭窄性病変に特徴的な症候limb shakingとtransient hemichoreaは比較的頸動脈狭窄症に特異的な症状である。limb shakingは狭窄の対側上下肢の繰り返す、不随意的で、不規則な震える動きである。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜転移

    円蓋部髄膜腫 大脳鎌髄膜腫 傍矢状洞髄膜腫 小脳橋角部髄膜腫 蝶形骨縁髄膜腫 側脳室髄膜腫 嗅窩部髄膜腫 7-2.症状 髄膜腫の生じる部位によってもことなりますが、頭蓋内圧亢進症状(腫瘍により脳の圧が上昇して起こる症状:頭痛・嘔吐・意識障害など)、腫瘍圧迫による局所症状(脳神経麻痺、痙攣(てんかん発作)、運動麻痺など)があります。[akita-noken.jp] 静脈洞血栓症 e 脳炎 ② 末梢神経 a 脳神経麻痺 a-1. 顔面神経麻痺 a-2. 舌咽・迷走神経障害 a-3. 聴神経障害 a-4. 視神経障害 a-5. 三叉神経障害 a-6. 嗅神経障害 a-7. その他の脳神経の障害 b 脊髄神経麻痺 b-1. 多発性単神経炎 b-2.[jssog.com] を侵して多発性脳神経麻痺を起こしてくることがあります 髄膜がん腫症では,頭痛や嘔吐などの髄膜刺激症状を認めます 特に歩行時のふらつきや強い頭痛で発症する 小脳転移は脳ヘルニアを生じやすい ので,放射線治療をしないで積極的に開頭手術した方がいいかもしれません 脳転移がなくても脳の症状があるとき がん患者さんで,ゆっくり進行する変わった脳症状が[plaza.umin.ac.jp]

  • ベル麻痺

    それ以外の原因には、顔面神経以外の脳神経麻痺が生じる場合、脳腫瘍、脳梗塞など命に関わる病態もあり、脳神経外科、神経内科が中心に診断、治療を行います。中枢性(核上性)の場合は、額のしわ寄せが可能であり、簡便な鑑別方法となっています。 ここからは、我々耳鼻咽喉科医が扱う顔面神経麻痺を中心に述べます。[asahikawa-med.ac.jp] (顔面神経麻痺の一種)は、第7脳神経(顔面神経)の機能不全を原因とする、顔の片側の筋肉に起こる突然の筋力低下または麻痺のことです。[msdmanuals.com] 脳卒中が原因の顔面神経麻痺は、脳神経外科や救急科での適切な早期治療により回復される場合もありますが、後遺症として顔面神経麻痺が生じてしまう場合があります。形成外科では、この場合、顔の左右バランスを整える顔面神経麻痺静的再建術(図4:眉毛位置を合わせる、口角を挙上させるなど)を行います。[jscmfs.org]

  • 新生児顔面神経麻痺

    2) 先天性外転神経麻痺(通常両側性):共同水平注視麻痺、Duane症候群、内斜視。 3) 他の脳神経麻痺(第3・4・5・9・10・12脳神経):開口障害、小顎、口蓋裂、呼吸障害(喘 鳴、低換気、多呼吸、高炭酸ガス血症など)、哺乳・嚥下障害、舌低形成・線維束性攣縮。 4) 四肢奇形:内反尖足、外反扁平足、減数異常、指低形成、合指趾。[nanbyou.or.jp] Hunt症候群では耳介や口腔咽頭粘膜の帯状疱疹、めまい・難聴などの第8脳神経症状、顔面神経麻痺といった典型的な症状が認められれば診断は容易である。しかし、これらの症状が同時に揃わないことも多くあり、顔面神経麻痺が帯状疱疹より先行してあらわれたHunt症候群がBell麻痺と診断される場合もある。[maruho.co.jp] 加えて周囲の脳神経にも波及し、耳介の発赤・水疱形成( 図1 )や耳痛、難聴、めまいなどを合併する特徴がある。稀に下位脳神経炎や脳炎をきたし、重篤化する 2) 。[niid.go.jp]

  • ライム病

    (発病後数週 数ヶ月) 中枢神経症状(脳神経麻痺、意識障がい等)、心疾患、眼症状、関節炎、筋肉炎など多彩な症状が報告されています。 (発病後数ヶ月 数年) 慢性関節炎、末梢神経障がい、重度の皮膚症状等を示すといわれています。 国内では、慢性期に移行したとみられる症例は現在のところ報告されていません。[city.sapporo.jp]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    4 肥厚性硬膜炎 4 その他 2 神経筋接合部疾患 (名) 重症筋無力症 5 Eaton-Lambert症候群 1 末梢神経疾患 (名) 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎 29 多巣性運動ニューロパチー 2 Guillain-Barre症候群 1 Fisher症候群 1 多発ニューロパチー 8 Charcot-Marie-Tooth病 5 脳神経麻痺[hosp.tohoku.ac.jp] なお稀ですが脳神経の障害も知られており、しゃべりにくい、表情筋の麻痺などが報告されています。ただし呼吸がしにくいなどの症状はごく稀ですので、その際には他の疾患でないか考慮する必要があります。 7.[nanbyou.or.jp] また、顔面神経麻痺や眼球運動障害などの脳神経障害や、不整脈や腸閉塞などの自律神経障害を合併する場合もあり、重症例ほど頻度が高くなります。4週を過ぎると徐々に改善しますが、後遺症が残る場合もあります。2 5%で再発がみられ、その場合には後述する慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP)との鑑別が必要になります。[utanohosp.jp]

  • 脊髄硬膜炎

    硬膜の肥厚部位に応じて頭痛、うっ血乳頭、脳神経麻痺、小脳失調、対麻痺などの神経症状を呈する。 2. 疫学 罹病率、患者数、男女比など疫学上の詳細はいまだ不明である。 3.[nanbyou.or.jp] 概要 肥厚性硬膜炎は、脳、脊髄硬膜の部分的またはびまん性の肥厚により、硬膜の肥厚部位に応じて頭痛、うっ血乳頭、脳神経麻痺、小脳失調、対麻痺などの神経症状を呈する。診断にはMRIが非常に有用であり、肥厚硬膜を認めることで診断可能となる場合が多い。再発寛解を繰り返す場合があり、その経過を年単位で長期的に観察する必要がある。 2.[nanbyou.or.jp] 予防の基礎知識 細菌性髄膜炎は現代でも発症すれば致死率が高く、また救命できても脳神経麻痺や知的障害など、重い後遺症を残すことがあります。[saiseikai.or.jp]

  • ポルフィリン症

    運動神経障害は脳神経も含み、球麻痺をおこすことがある。 まだらな感覚神経障害も起こすことがある[Wikberg et al 2000]。 精神変化 精神的変化は症状を有する患者の最大30%まで存在するが、この疾患の非常に稀ではあるが、強い症状である[Hift & Meissner 2005, Puy et al 2010]。[grj.umin.jp]

  • 細菌性髄膜炎

    脳神経麻痺聾、盲、眼球運動障害などの脳神経麻痺は、髄膜の炎症反応や線維化が脳神経根にそって進展することや神経栄養動脈の血栓かでおこると考えられている。急性細菌性髄膜炎の経過中に発生した脳神経障害は通常は第Ⅲ、Ⅵ、Ⅶ、Ⅷ脳神経をおかし、多くは第Ⅷ脳神経性聴覚障害の例外を除き髄膜炎が治癒すると軽快傾向となる。[ja.wikipedia.org] 予防の基礎知識 細菌性髄膜炎は現代でも発症すれば致死率が高く、また救命できても脳神経麻痺や知的障害など、重い後遺症を残すことがあります。[saiseikai.or.jp] 合併症の頻度は高く以下のものがみられることがある: 水頭症(一部の患者) 脳の浅部およびときに深部の動静脈の炎症および血栓症に起因する動脈または静脈梗塞 第6脳神経の炎症による外転麻痺 第8脳神経または中耳構造物の炎症による難聴 硬膜下膿瘍 脳浮腫による頭蓋内圧亢進(IC P) 脳ヘルニア(急性期で最も頻度が高い死因) 全身性合併症(ときに[msdmanuals.com]

さらなる症状