Create issue ticket

考えれる115県の原因 脳神経の関与

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 外耳炎

    耳の病気 外耳炎 外耳道は耳の穴から鼓膜までのことです。外耳炎は耳掻きなどで外耳道の皮膚を傷つけてしまい、そこからカビや細菌が感染し、炎症を起こすことです。汚水や整髪剤などが耳に入ると外耳炎にかかりやすくなります。 症状は耳を引っ張ったり押すと患部が痛み、ご飯を噛んだり、飲み込むときにもあごを動かすと痛みが生じるため食事も困難になります。腫れてくると、外耳道を防いで耳鳴りが起こったり、耳の周囲のリンパ腺が腫れてきます。 また、外耳炎が慢性化すると激しい耳の痛みや耳漏を伴う悪性外耳炎を起こし、皮膚だけでなく骨にまで進行して他の病気を併発させ、生命に関わることもあります。 治療法[…][kenko-s-net.com]

  • 帯状疱疹

    抄録 症例は66歳男性. 32歳から2型糖尿病, 52歳時に慢性C型肝炎による膜性増殖性糸球体腎炎からの末期腎不全で血液透析導入となった. X年2月, 腰痛の出現後から左下肢の筋力低下と両下肢痛が出現し歩行困難となったため入院となった. MRIにて胸椎2-3レベルの脊髄の腫大を認め, 左側よりにT1, T2強調画像で淡いhigh intensity areaを認めた. 髄液検査にて水痘帯状疱疹ウイルスを認めたが, 皮疹を認めないことから無疹性帯状疱疹に伴う脊髄炎と診断した. 免疫能が低下していると皮疹が現れにくいといわれており, そのため診断に苦慮することが多い. 本例は糖尿病, 肝硬変,[…][doi.org]

  • ベル麻痺

    最近では口唇にできる水疱の原因となる1型単純ヘルペスウィルスの関与が指摘されています。顔面の筋肉、正確には表情筋ですが(咬んだり顎を動かす筋肉は三叉神経という他の脳神経関与します)半分麻痺し顔が非対称になるため、顔が曲がったという訴えで受診する人が多く、水が片方の口の脇からこぼれる、洗顔時片方のまぶたがめくれる等と訴える人もいます。[aomorih.johas.go.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    遺伝性運動失調症は、歩行運動失調、眼球運動の不調和、発話、および手の運動を表現型として特徴付け、通常小脳の萎縮を伴う、非常に異質な疾患群です。. 脊髄小脳失調症と呼ばれることがよくあり、典型的には成人発症の35以上の常染色体優性型がある. 最も一般的なサブタイプは脊髄小脳性運動失調症1、2、3、6、および7であり、それらはすべてヌクレオチド反復拡大障害です。. 常染色体劣性運動失調症は通常小児期に発症します。最も一般的なサブタイプは、フリードライヒ、血管拡張性失調症、眼球運動失調症1型の運動失調症、および眼球運動失行症2型の運動失調症である.[…][laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 脳幹梗塞

    こんな症状のあなたは 脳幹梗塞の可能性があります めまい 意識障害 瞳孔異常 (明るい場所で瞳孔が開いたり、暗い場所で瞳孔が収縮する、光を当てても瞳孔が反応しないなど) 顔面の運動・感覚の異常 手足の運動・感覚障害 脳幹梗塞とは 脳幹梗塞は「脳幹」という部位の血管に血栓や狭窄が起きて詰ることで脳に障害がおきる病気です。大脳、小脳、脊髄からの信号を中継する脳幹には、12種類ある脳神経のうち10種類が通っていて、「呼吸」などの生命維持に重要な機能も含まれます。この部分が梗塞を起こした場合は、死に至る可能性が高く大変危険です。 脳幹梗塞の原因 生活習慣病が原因の一つだといわれています。[…][noukousoku119.com]

  • 髄膜腫

    多くの脳神経が近接しており、顔面の動きをつかさどる顔面神経、聴覚の聴神経や、飲み込み(嚥下)やのどの動きに関与する舌咽神経、迷走神経、顔面の感覚を支配する三叉神経などです。腫瘍が大きくなると、小脳や脳幹の圧迫によるふらつきや歩行障害が出現し、また顔面の感覚など、脳神経の症状を伴うようになります。[lab.toho-u.ac.jp]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 耳性帯状疱疹

    院長の耳鼻咽喉科ノート ハント症候群(耳性帯状疱疹)の症状と特徴 ハント症候群(耳性帯状疱疹)の症状と特徴 2014.4.19 ハント症候群(耳性帯状疱疹)の症状と特徴 ウイルスの再活性による感染が起こると、顔面神経麻痺とその神経の範囲(頭・耳)にとても強い痛みが起こります。疱疹ヘルペスは耳と外耳道(鼓膜より外側の耳の中)に出来ることが多いですが、はっきりした水疱ができずに耳や鼓膜が赤くなったり、腫れたりするだけのもの、痛みと麻痺の症状のみのもの、舌や口の粘膜に水疱やかさぶたができるものまで様々です。[…][kikumorijibika.com]

さらなる症状