Create issue ticket

考えれる116県の原因 脳橋の萎縮

  • 松果体嚢胞

    8.変性疾患 A.脊髄小脳変性症の概説 B.多系統萎縮症 1)オリーブ小脳萎縮症(OPCA) 2)Shy‐Drager症候群 3)線条体黒質変性症(SND) C.小脳皮質萎縮症 D.遺伝性脊髄小脳変性症 1)SCA1 2)SCA3(Machado‐Joseph病) 3)SCA6 4)歯状核赤核淡蒼球Luys体萎縮症(DRPLA) E.Huntington[chugaiigaku.jp] J.血管芽腫 K.小脳星状細胞腫 L.髄芽腫 M.神経膠腫 1)星状細胞腫と膠芽腫 2)乏突起膠腫 N.中枢神経系悪性リンパ腫 O.転移性脳腫瘍 6.神経系感染症 A.脳膿瘍 B.脳炎 1)単純ヘルペス脳炎 2)他のウイルス性脳炎 C.髄膜炎 1)ウイルス性・細菌性髄膜炎 2)結核性髄膜炎 7.脱髄疾患 A.多発性硬化症 B.急性散在性脊髄炎[chugaiigaku.jp]

  • 起立性低血圧

    起立性低血圧を起こす病気として 教科書に載っている病名を列挙すれば、 Shy-Drager症候群、オリーブ小脳萎縮症、 線条体黒質変性症、多発性硬化症、血管障害、 アミロイドーシス、糖尿病性神経障害、 パーキンソン病、鬱病、褐色細胞腫、ポルフィリン症、 ギラン・バレー症候群、不整脈、向精神薬の副作用........[1101.com]

  • 多発性神経炎

    底部:血管障害、外傷、脱髄疾患(多発性硬化症、中心髄鞘崩壊など) 脳幹脳炎、Behcet病、脳腫瘍、変性疾患(オリーブ小脳萎縮症、 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症、Joseph病など) 4. 延髄錐体:血管障害、外傷、脱髄疾患、脳腫瘍、延髄空洞症 5.[ibaraisikai.or.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    基底核 中 延髄 小脳 び漫性レビー小体病 (レビー小体型認知症) 大脳皮質 パーキンソン病 中 延髄 基底核 トリプレットリピート病 Triplet repeat disease 歯状核赤核淡蒼球 ルイ体萎縮症 小脳 基底核 中 延髄 脊髄(腰髄) ハンチントン病 大脳 基底核 脊髄小脳失調症6 (SCA6) 小脳 脊髄小脳失調症[pathologycenter.jp] 画像検査で第4室の拡大、底、小脳の萎縮を認める。 2)皮質性小脳萎縮症(CCA) 中年以降に発病し遺伝性はない。症状は小脳性運動失調が前景に現れるが、パーキンソン症候、自律神経症状が出現することはほとんどない。 CT・MRIで,小脳萎縮を認めるが、脳幹萎縮は認めない。[caeser.or.jp] 筋萎縮性側索硬化症 広汎例 脊髄(頸髄) 筋萎縮性側索硬化症 脊髄(頸髄) タウオパチー Tauopathy 進行性核上性麻痺 大脳 小脳 基底核 皮質基底核変性症 大脳 基底核 中脳黒質 アルツハイマー病 側頭葉 二次性タウオパチー 亜急性硬化性全脳炎 ピック病 海馬 側頭葉 シヌクレイノパチー Synucleinopathy 多系統萎縮[pathologycenter.jp]

  • 血管迷走神経性失神

    10mmHg以上の低下をみる.その成因として心拍出量減少の生ずる状況,つまり循環血漿量の減少(失血,脱水など),静脈内血液貯留(下肢静脈瘤,静脈弁不全,筋萎縮など),心肺疾患(肺高血圧,収縮性心包炎,心房粘液腫,大動脈弁狭窄,肺動脈弁狭窄など)があげられる. 【2】また,神経血管反射障害として,中枢性(Shy-Drager症候群,オリーブ小脳萎縮[nrec.sakura.ne.jp] ,Parkinson病,血管障害,脊髄空洞症),末梢神経性(糖尿病,アルコール中毒,栄養障害,本態性ほか),血管性(動脈硬化症),医原性(薬剤によるもの:中枢作動薬,交感神経遮断薬,亜硝酸薬,三環系抗うつ薬,降圧利尿薬など),その他(アミロイドーシス,褐色細胞腫など)があげられる. 【3】通常は慢性に経過するが,急性に交感神経節後線維を侵[nrec.sakura.ne.jp]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    検査 [ 編集 ] 核磁気共鳴画像法 (MRI) 小脳・中小脚・底部の萎縮、第4室・前橋・小脳角層の拡大、T 2 強調画像での橋底部の信号強度の増加と被殻の低信号化が見られる。 診断 [ 編集 ] 臨床症状から診断する。自律神経症状が強く出ている場合は、MRI所見でシャイ・ドレーガー症候群と鑑別する。[ja.wikipedia.org] (3) Possible MSA-C パーキンソニズム(動作緩慢と筋強剛)、MRIにおける被殻・中小脚・または萎縮、FDG-PETにおける 被殻 の低代謝、 SPECT または PET における 黒質線条体 ドーパミン 作動性ニューロンの節前性脱神経 。[bsd.neuroinf.jp] SPECT:の血流の状態を調べる検査 オリーブ小脳萎縮症の治療 2018年5月現在、病気を根本から治す治療方法はみつかっていません。現状では、以下のように、症状を和らげる治療を行います。 小脳症状を和らげる薬による治療 オリーブ橋小脳萎縮症の治療では、主に小脳症状に対する薬による治療を行います。[medicalnote.jp]

  • 起立性失神

    起立性低血圧を起こす病気として 教科書に載っている病名を列挙すれば、 Shy-Drager症候群、オリーブ小脳萎縮症、 線条体黒質変性症、多発性硬化症、血管障害、 アミロイドーシス、糖尿病性神経障害、 パーキンソン病、鬱病、褐色細胞腫、ポルフィリン症、 ギラン・バレー症候群、不整脈、向精神薬の副作用........[1101.com]

  • 神経因性膀胱

    神経因性過活動膀胱(神経のトラブルが原因) 幹部より上位の中枢の障害 血管障害、パーキンソン病、多系統萎縮症、認知症(痴呆)、脳腫瘍、脳外傷、脳炎、髄膜炎、など 脊髄の障害 脊髄損傷、多発性硬化症、脊髄小脳変性症、脊髄腫瘍、頸椎症、後縦靱帯骨化症、脊柱管狭窄症、脊髄血管障害、脊髄炎、二分脊椎 、など 非神経因性過活動膀胱(神経トラブル[toms.med.hokudai.ac.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    (6)血管障害、炎症、腫瘍、多発性硬化症、薬物中毒、甲状腺機能低下症など二次性の運動失調症を否定できる。 なお、オリーブ小脳萎縮症については、従前の診断基準では脊髄小脳変性症の一病型として取扱うこととしていたが、特定疾患治療研究事業における傷病区分の変更等を踏まえ、多系統萎縮症の一病型として取扱うこととしたため、注意を要する。[hoken.kakaku.com]

  • ラフォラ病

    基底核 中 延髄 小脳 び漫性レビー小体病 (レビー小体型認知症) 大脳皮質 パーキンソン病 中 延髄 基底核 トリプレットリピート病 Triplet repeat disease 歯状核赤核淡蒼球 ルイ体萎縮症 小脳 基底核 中 延髄 脊髄(腰髄) ハンチントン病 大脳 基底核 脊髄小脳失調症6 (SCA6) 小脳 脊髄小脳失調症[neuropathology.jp] 3.頭部MRI:、中、小脳の萎縮と軽度大脳萎縮を認める。[nanbyou.or.jp] 肉眼所見 中被蓋の萎縮、中水道及び第三脳室の拡大。黒質の褪色と萎縮が高度であるが青班核の褪色は軽度。 組織所見 globose型アルツハイマー神経線維変化(NFT)の出現を伴う神経細胞の脱落とグリオーシスを基底核、視床、脳幹部に認め、淡蒼球、視床下核、黒質に最も強い。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状