Create issue ticket

考えれる121県の原因 脳の進行性白質障害

  • 性腺機能低下症

    ) がん 闘病記(完治) がん 闘病記(永眠) がん(放置・共存) がん 緩和ケア がん情報(患者以外) 医療用ウィッグ 起立調節障害 室周囲軟化症 腹壁破裂 コルネリア・デ・ランゲ症候群 1型糖尿病(小児糖尿病) 小児期崩壊性障害 運動発達遅滞 発達遅延 乳幼児突然死症候群 子供・赤ちゃんの病気 男性の病気 月経前症候群・不機嫌性障害[sick.blogmura.com] 網膜芽細胞腫 耳下腺腫瘍 嗅神経芽腫 葉状腫瘍 悪性褐色細胞腫 後腹膜腫瘍 ウィルムス腫瘍 卵巣境界悪性腫瘍 卵黄のう腫瘍 内軟骨腫 胚細胞腫瘍 腫瘍 ダブルキャンサー がん がん 手術(外科治療) がん 薬物療法(抗がん剤治療) がん 薬物療法(ホルモン剤治療) がん 放射線治療 がん 初回治療〜経過観察 がん 脱抗がん剤治療 がん 闘病記(現在進行[sick.blogmura.com]

  • 多発性神経炎

    大脳中心前回・半卵円中心および内包、大脳脚: 血管障害、脱髄疾患(多発硬化症、急性散在性脊髄炎、代謝 ジストロフィー、進行多巣性ジストロフィーなど)、脳腫瘍、膿瘍 Creutzfeldt-Jakob病、亜急性硬化性全脳炎(内包、大脳脚を除く) 3.[ibaraisikai.or.jp] 橋底部:脳血管障害、外傷、脱髄疾患(多発性硬化症、橋中心髄鞘崩壊など) 脳幹脳炎、Behcet病、脳腫瘍、変性疾患(オリーブ橋小脳萎縮症、 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症、Joseph病など) 4. 延髄錐体:脳血管障害、外傷、脱髄疾患、脳腫瘍、延髄空洞症 5.[ibaraisikai.or.jp]

  • 血管運動の不安定性

    多くの場合、深部白質や 脳梁 を中心とした損傷を生じ、損傷後数年の間に、 萎縮 が進行する。灰の萎縮も、主に中心構造に生じるようである。これら外傷精神障害の二型は、いずれのタイプも特徴的な損傷部位を有しており、その意味で、結果として生じる精神障害も症候群としての特徴を有するものであることが想定されている。[bsd.neuroinf.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    眼瞼下垂 松尾 清 前庭障害 北原 糺 発汗障害 中里良彦 連 載 神経解剖学の見方,考え方 大脳半球脳表,第三脳室周辺の観察(1) 寺田純雄,小林 靖 神経生理学への招待 大脳基底核(7)パーキンソン病とハンチントン病の病態生理 和田 真,北澤 茂 分子から迫る神経薬理学 ヒスタミンの生理的および薬理的作用 福井裕行 臨床医のための神経病理 進行多巣性脳症[chugaiigaku.jp] ―JCウイルス封入体を有する乏突起膠細胞腫大核の特徴 宍戸 原 由紀子 高次機能障害の理解と診察 観念運動性失行 平山和美 他 神経疾患治療ノート 筋ジストロフィー〔Duchenne/Becker(ジストロフィノパチー)〕 谷田部可奈 他 検査からみる神経疾患 長期心拍変動からみる自律神経障害 清野 健 他 ニューロサイエンスの最新情報[chugaiigaku.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    脱髄疾患には多発性硬化症や副腎白質ジストロフィー、感染症では各種髄膜炎、 神経梅毒 、亜急性硬化全脳炎、進行多巣性脳症、HAM、HIV-1感染症などで知られている。また血管障害やSLE、脳膿瘍などでも認められる。[ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病 3型

    続いて、当院に通院患者数が多い神経難病であるパーキンソン病、重症筋無力症、多発性硬化症、慢性炎症多発根神経炎、進行多巣性脳症について簡単にご説明いたします。 2.パーキンソン病とは 中にある黒質の神経細胞が障害されて,手の震え、動作や歩行の困難など、運動障害を呈する病気です。[cick.jp]

  • クロンカイト・カナダ症候群

    ) がん 闘病記(完治) がん 闘病記(永眠) がん(放置・共存) がん 緩和ケア がん情報(患者以外) 医療用ウィッグ 起立調節障害 室周囲軟化症 腹壁破裂 コルネリア・デ・ランゲ症候群 1型糖尿病(小児糖尿病) 小児期崩壊性障害 運動発達遅滞 発達遅延 乳幼児突然死症候群 子供・赤ちゃんの病気 男性の病気 月経前症候群・不機嫌性障害[sick.blogmura.com] 網膜芽細胞腫 耳下腺腫瘍 嗅神経芽腫 葉状腫瘍 悪性褐色細胞腫 後腹膜腫瘍 ウィルムス腫瘍 卵巣境界悪性腫瘍 卵黄のう腫瘍 内軟骨腫 胚細胞腫瘍 腫瘍 ダブルキャンサー がん がん 手術(外科治療) がん 薬物療法(抗がん剤治療) がん 薬物療法(ホルモン剤治療) がん 放射線治療 がん 初回治療〜経過観察 がん 脱抗がん剤治療 がん 闘病記(現在進行[sick.blogmura.com]

  • 多発梗塞性認知症

    進行多巣性脳炎、エイズなど 中毒性疾患 アルコール中毒、バルビタール中毒、重金属による中毒など 代謝性疾患 肝臓障害(肝性脳症)、ウィルソン病、ポルフィリン症、尿毒症、高Ca血症、低血糖症、癌の遠隔効果など 内分泌疾患 甲状腺機能低下・亢進症、アジソン病、クッシング症候群、脳下垂体機能低下症、副甲状腺機能低下・亢進症、低血糖症など[kbn.ne.jp] 原因疾患別認知症の割合 表2 認知症を示す疾患 1 変性疾患、アルツハイマー型、ピック病、ハンチントン舞踏病、正常圧水頭症、多発硬化症、パーキンソン病、進行核上麻痺、多巣性脳症 2 血管障害 血管性痴呆(多発梗塞性痴呆、ビンスワンガー病)、もやもや病、脳動静脈奇形 3 頭蓋内占拠性 脳腫瘍、硬膜下血腫 4 外傷 外傷性痴呆 5 感染症[irie.or.jp] 、認知症に進行する認知機能障害、前兆のある片頭痛、気分障害、アパシーのほか、神経画像検査により検出されるびまん大脳病変および皮質下梗塞がある。[grj.umin.jp]

  • 外因性甲状腺中毒

    多くの場合、深部白質や 脳梁 を中心とした損傷を生じ、損傷後数年の間に、 萎縮 が進行する。灰の萎縮も、主に中心構造に生じるようである。これら外傷精神障害の二型は、いずれのタイプも特徴的な損傷部位を有しており、その意味で、結果として生じる精神障害も症候群としての特徴を有するものであることが想定されている。[bsd.neuroinf.jp]

  • 亜急性脊髄視神経症(スモン)

    続いて、当院に通院患者数が多い神経難病であるパーキンソン病、重症筋無力症、多発性硬化症、慢性炎症多発根神経炎、進行多巣性脳症について簡単にご説明いたします。 2.パーキンソン病とは 中にある黒質の神経細胞が障害されて,手の震え、動作や歩行の困難など、運動障害を呈する病気です。[cick.jp]

さらなる症状