Create issue ticket

考えれる83県の原因 脳のリンパ球浸潤

  • 多発性硬化症

    リンパ内に浸潤する際に用いる接着分子であるα4β1 インテグリン に対する モノクローナル抗体製剤 である ナタリズマブ が、MSの再発を顕著に減少する効果がある。[bsd.neuroinf.jp] これは室周囲に放射状に拡がる後毛細血管静脈からリンパ浸潤し、その周囲に脱髄巣をつくりやすいためである。側室周囲の病巣が残存しやすいともいわれている。 多発性硬化症とは 多発性硬化症は、中枢神経系を侵す非化膿性炎症性脱髄性疾患である。中枢神経髄鞘抗原を標的にした自己免疫性疾患であると考えられているが、証明はできていない。[bsd.neuroinf.jp]

  • 内側性硬化症

    リンパ内に浸潤する際に用いる接着分子であるα4β1 インテグリン に対する モノクローナル抗体製剤 である ナタリズマブ が、MSの再発を顕著に減少する効果がある。[bsd.neuroinf.jp] これは室周囲に放射状に拡がる後毛細血管静脈からリンパ浸潤し、その周囲に脱髄巣をつくりやすいためである。側室周囲の病巣が残存しやすいともいわれている。 多発性硬化症とは 多発性硬化症は、中枢神経系を侵す非化膿性炎症性脱髄性疾患である。中枢神経髄鞘抗原を標的にした自己免疫性疾患であると考えられているが、証明はできていない。[bsd.neuroinf.jp]

  • リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸癌)

    小腸などのがん *2 腫瘍浸潤リンパの存在、クローン(Crohn)様リンパ球反応、粘液性/印環がん分化髄様増殖像の所見 MSI検査が実施可能な遺伝性腫瘍の専門外来を開設する施設も増加してきています。[ganjoho.jp] がある大腸がん患者さん 60歳以前に診断され特有の組織所見 *2 を示す大腸がん患者さん 親・きょうだいに50歳未満でリンチ症候群関連がんになった患者さんがいる大腸がん患者さん 親・きょうだい・祖父母、おじ・おば、おい・めいにリンチ症候群関連がんの患者さんが2人以上いる大腸がん患者さん *1 大腸、子宮体部、胃、卵巣、すい臓、尿管、腎盂、[ganjoho.jp]

  • 家族性大腸腺腫症

    小腸などのがん *2 腫瘍浸潤リンパの存在、クローン(Crohn)様リンパ球反応、粘液性/印環がん分化髄様増殖像の所見 MSI検査が実施可能な遺伝性腫瘍の専門外来を開設する施設も増加してきています。[ganjoho.jp] がある大腸がん患者さん 60歳以前に診断され特有の組織所見 *2 を示す大腸がん患者さん 親・きょうだいに50歳未満でリンチ症候群関連がんになった患者さんがいる大腸がん患者さん 親・きょうだい・祖父母、おじ・おば、おい・めいにリンチ症候群関連がんの患者さんが2人以上いる大腸がん患者さん *1 大腸、子宮体部、胃、卵巣、すい臓、尿管、腎盂、[ganjoho.jp]

  • 家族性前立腺癌

    小腸などのがん *2 腫瘍浸潤リンパの存在、クローン(Crohn)様リンパ球反応、粘液性/印環がん分化髄様増殖像の所見 MSI検査が実施可能な遺伝性腫瘍の専門外来を開設する施設も増加してきています。[ganjoho.jp] がある大腸がん患者さん 60歳以前に診断され特有の組織所見 *2 を示す大腸がん患者さん 親・きょうだいに50歳未満でリンチ症候群関連がんになった患者さんがいる大腸がん患者さん 親・きょうだい・祖父母、おじ・おば、おい・めいにリンチ症候群関連がんの患者さんが2人以上いる大腸がん患者さん *1 大腸、子宮体部、胃、卵巣、すい臓、尿管、腎盂、[ganjoho.jp]

  • 直腸癌

    小腸などのがん *2 腫瘍浸潤リンパの存在、クローン(Crohn)様リンパ球反応、粘液性/印環がん分化髄様増殖像の所見 MSI検査が実施可能な遺伝性腫瘍の専門外来を開設する施設も増加してきています。[ganjoho.jp] がある大腸がん患者さん 60歳以前に診断され特有の組織所見 *2 を示す大腸がん患者さん 親・きょうだいに50歳未満でリンチ症候群関連がんになった患者さんがいる大腸がん患者さん 親・きょうだい・祖父母、おじ・おば、おい・めいにリンチ症候群関連がんの患者さんが2人以上いる大腸がん患者さん *1 大腸、子宮体部、胃、卵巣、すい臓、尿管、腎盂、[ganjoho.jp]

  • 上衣腫

    病理学的には二核の異型神経節細胞の出現の他、eosinophilic granular body、Rosenthal fiber、血管周囲リンパ浸潤や石灰化像がみられる。 Synaptophysin、chromogranin Aなどの神経系マーカーによる染色で陽性。[med.fukuoka-u.ac.jp] 私たち血管病理では、頚動脈血栓内膜剥離術の摘出プラークを用いて頚動脈における動脈硬化の進展メカニズムやプラークの性状評価に関する研究を行っています。[med.fukuoka-u.ac.jp]

  • 遺伝性腎細胞癌

    小腸などのがん *2 腫瘍浸潤リンパの存在、クローン(Crohn)様リンパ球反応、粘液性/印環がん分化髄様増殖像の所見 MSI検査が実施可能な遺伝性腫瘍の専門外来を開設する施設も増加してきています。[ganjoho.jp] がある大腸がん患者さん 60歳以前に診断され特有の組織所見 *2 を示す大腸がん患者さん 親・きょうだいに50歳未満でリンチ症候群関連がんになった患者さんがいる大腸がん患者さん 親・きょうだい・祖父母、おじ・おば、おい・めいにリンチ症候群関連がんの患者さんが2人以上いる大腸がん患者さん *1 大腸、子宮体部、胃、卵巣、すい臓、尿管、腎盂、[ganjoho.jp]

  • 星細胞腫

    病理学的には二核の異型神経節細胞の出現の他、eosinophilic granular body、Rosenthal fiber、血管周囲リンパ浸潤や石灰化像がみられる。 Synaptophysin、chromogranin Aなどの神経系マーカーによる染色で陽性。[med.fukuoka-u.ac.jp] 私たち血管病理では、頚動脈血栓内膜剥離術の摘出プラークを用いて頚動脈における動脈硬化の進展メカニズムやプラークの性状評価に関する研究を行っています。[med.fukuoka-u.ac.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    この結節性病変は腎臓、にも 見られることがあります。組織学的には血管中心性、血管破壊性のリンパ浸潤所見 が特徴的です(形質細胞、免疫芽球、組織球を混じます)。EBウイルス陽性細胞は免疫 芽球様、ホジキン細胞様の多形細胞の形態を取ります。免疫染色ではEBウイルス陽性 B細胞はCD20陽性です(CD30が時に陽性、CD15は陰性)。[med.osaka-cu.ac.jp]

さらなる症状