Create issue ticket

考えれる6県の原因 脱色性皮膚パッチ

  • 尋常性白斑

    尋常性白斑 (じんじょうせいはくはん、別名:しろなまず(白癜)、 英 : vitiligo vulgaris )は、 皮膚 色素をつくる部位の損失を不規則に引き起こす、慢性的な皮膚疾患である。後天性疾患であるが、環境的要因で稀に生じる可能性がある。 マイケル・ジャクソン もこの病気を患っており、長らく偏見報道に悩まされていた。皮肉にも彼の病が公的に証明されたのは死後の司法解剖であった [1] 。 概要 [ 編集 ] 原因は不明な部分が多い。研究の結果、 遺伝 、 自己免疫疾患 、環境要因の組み合わせにより引き起こされると示唆されている。皮膚の色を構成する メラニン を生成する メラノサイト[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性強皮症

    本当です。全身性強皮症という同じ病名が付いていますが、全身性強皮症の中には、レイノー症状だけしかなく皮膚硬化が全くない軽症のタイプから、皮膚硬化が胸や腹などに拡大し、内臓病変を伴う典型的なタイプまで様々あります。それらを分類するためには、アメリカの内科医であるルロイとメズガーらによる全身性強皮症の分類が国際的に広く使われています。表2にこの分類の要点をまとめました。この分類では皮膚硬化の範囲のみならず、抗核抗体の種類、内臓病変の種類など様々な因子を加味して分類されているのが特徴です。これによると、全身性強皮症は1)症状が比較的軽い、限局皮膚硬化型全身性強皮症と、2)全身性強皮症として典型[…][dermatol.or.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 &全身性エリテマトーデス(SLE)は男性にはまれな疾患である.今回,われわれは男性SLE 17例を対象に,その臨床像,血清学的および内分泌学的検討を行った.発症年齢,観察期間を一致させた女性SLEと比較して,男性例では日光過敏症が有意に多く(p 0.04),リンパ節腫脹と中枢神経障害がやや多かった.腎障害は同率であったが,ネフローゼ症候群が男性に多かった.白血球減少は女性例に有意に多かった(p 0.07)が,血清学的検査で男女間に有意差は認められなかった.治療内容では,男性例により多くのステロイドホルモンが必要とされた,われわれの男性SLEは女性例に比してやや重症である傾向がみられた.[…][doi.org]

  • 皮膚 T 細胞リンパ腫

    ‐ アドセトリス投与群において、「4ヶ月以上にわたる持続的な客観的奏効率」、 「無増悪生存期間の中央値」、「症状軽減」の評価項目で統計学的に有意な改善を示した 臨床第3相試験ALCANZA試験の結果に基づく見解 ‐ 当社は、このたび、悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス 」(一般名:ブレンツキシマブ ベドチン)について、欧州医薬品庁(EMA)の欧州医薬品評価委員会(CHMP)より、全身療法の前治療歴のある成人のCD30陽性皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell[…][takeda.com]

  • 癜風

    (なまず) 執筆者: Denise M. Aaron, MD, Assistant Professor of Surgery, Dartmouth-Hitchcock Medical Center 癜風とは、表皮(皮膚の最も外側の層)に発生する真菌感染症で、鱗屑(うろこ状のくず)を伴う変色した斑が出現します。 この感染症は真菌によって引き起こされます。 一般的には、皮膚に鱗屑を伴う皮疹が現れます。 診断は病変の外観と皮膚の擦過物の検査結果に基づいて下されます。 再発がよくみられます。 治療には抗真菌薬の皮膚用製剤とシャンプーのほか、ときに経口薬も使用されます。 真菌(酵母)の一種である癜風菌[…][msdmanuals.com]

  • T 細胞リンパ腫

    2017/11/15 14:30 発表日:2017年11月15日 悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス(R)」のCD30陽性皮膚T細胞リンパ腫に対する 欧州医薬品評価委員会(CHMP)からの承認推奨の見解について ‐アドセトリス投与群において、「4ヶ月以上にわたる持続的な客観的奏効率」、 「無増悪生存期間の中央値」、「症状軽減」の評価項目で統計学的に有意な改善を示した 臨床第3相試験ALCANZA試験の結果に基づく見解‐ 当社は、このたび、悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス(R)」(一般名:ブレンツキシマブ[…][nikkei.com]

さらなる症状